122件中 91 - 100件表示
  • プルコヴォ天文台

    プルコヴォ天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    その後も観測設備の増強が行われ、ロシア天文学の中心的な施設となった。ロシア革命、1930年代の大粛清による天文学者の亡命などを経て、第2次大戦によるドイツ軍の空襲によって施設は破壊されたが、1946年から再建が始められ、電波望遠鏡など新しい設備を備えて、1954年に開所された。プルコヴォ天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 1998 KY26

    1998 KY26から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    発見はジェット推進研究所の天文学者スティーヴン・オストロ (Steven J. Ostro) を中心とした国際研究チームによって行われた。チームは、カリフォルニア州にある電波望遠鏡とチェコ、ハワイ州、アリゾナ州およびカリフォルニア州の光学望遠鏡を使用した。1998 KY26 フレッシュアイペディアより)

  • 受信ブースター

    受信ブースターから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波望遠鏡では宇宙から到来する極微弱な電波を受信するために、プリアンプ(受信ブースター)を絶対零度近くまで冷却することにより雑音を低減している。受信ブースター フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ (小惑星)

    クレオパトラ (小惑星)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2000年5月、スティーヴン・オストロ (Steven J. Ostro) 率いるNASAの観測チームがプエルトリコにあるアレシボ天文台の電波望遠鏡からクレオパトラに向けてレーダー信号を発射、はね返ってきた信号を受信し、コンピュータで解析して画像を合成した。その結果、クレオパトラはダンベルもしくは犬の骨のように2つの塊が合体したような形をしていることがわかった。それまでにも、地球近傍小惑星をレーダー観測した例はあったが、小惑星帯の小惑星をレーダー観測したのはこれが初めてであった。クレオパトラ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • SKIPシティ

    SKIPシティから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    D街区には株式会社放送衛星システム(日本放送協会、民放各社の出資による放送衛星運用会社)の地上運用局が設置されている。なお、このパラボラアンテナは、電波望遠鏡ではなく、静止軌道上にある放送衛星の地上管制を行う施設である。SKIPシティ フレッシュアイペディアより)

  • イトカワ (小惑星)

    イトカワ (小惑星)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2004年、イトカワは再び地球に接近し、プエルトリコのアレシボ天文台の電波望遠鏡によってレーダー観測が行われ、ジャガイモ状をした大まかな形状が明らかとなった。イトカワ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • M13

    M13から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    SETIのはしりとして、1974年にプエルトリコのアレシボ天文台にある電波望遠鏡を使って、M13に向けて電波のメッセージが送信された。このメッセージはアレシボ・メッセージと呼ばれている。M13 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立科学財団

    アメリカ国立科学財団から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    また、例えば電波望遠鏡、南極の観測サイト、超高速ネットワーク環境、海洋観測船、重力波観測設備といった大型の研究設備に関する支援や、義務教育以前(pre-K)から、大学院教育以降までにわたる、科学と工学に関する教育が挙げられる。NSFが資金援助する研究は教育と統合されたものであることが要求されており、この研究成果によって、新しい科学技術分野に従事する熟練労働者や、次世代を教育するために有能な教師の育成につながることが期待されている。アメリカ国立科学財団 フレッシュアイペディアより)

  • 川本えこ

    川本えこから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    天文学者である福井康雄氏に同行し、チリ北部のアタカマ高地にある名古屋大学の電波望遠鏡「なんてん2」を訪れた経験がある。川本えこ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルメス (小惑星)

    ヘルメス (小惑星)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ヘルメスはアレシボ天文台の電波望遠鏡によるレーダー観測により、直径約300 - 450 mの二つの天体が約1km離れて14時間弱の周期で互いに回りあっている二重小惑星であることが分かった。衛星(連小惑星)の仮符号は S/2003 (69230) 1 である。ヘルメス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

122件中 91 - 100件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード