153件中 91 - 100件表示
  • ステレンボッシュ大学

    ステレンボッシュ大学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    この決断は、電波望遠鏡「スクエア・キロメートル・アレイ」を呼び込もうとする南アフリカ共和国政府の考えに関係している。2009年9月、アフリカ連合の科学理事であるジャン=ピエール・エザンはパンアフリカン大学のステレンボッシュ大学支部が2010年2月に開局するよう求められていると語った。しかし、ユニバーシティーワールドニュース誌によると、パンアフリカン大学の計画は他の地域では進んでいるが、南部アフリカにおいては後れを取っている。ステレンボッシュ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 天体物理学

    天体物理学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波天文学はミリ波やそれよりも長い波長の放射を研究対象とする。電波は普通、星間ガスや分子雲など低温の天体から放射される。宇宙マイクロ波背景放射はビッグバンの光が赤方偏移を起こしたものである。パルサーは最初マイクロ波で検出された。これらの電波を研究するためには非常に大きな電波望遠鏡が必要となる。天体物理学 フレッシュアイペディアより)

  • 観測天文学

    観測天文学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波天文学は、mmから10mの波長の放射を検出する。受信機はラジオ放送に用いられるものと似ているが、遙かに感度が良い。電波望遠鏡も参照。観測天文学 フレッシュアイペディアより)

  • PSR B1257+12

    PSR B1257+12から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    PSR B1257+12は1990年にポーランドの天文学者アレクサンデル・ヴォルシュチャンがアレシボ天文台の電波望遠鏡を用いて発見した。中性子星の一種であるミリ秒パルサーで、6.22ミリ秒に一度自転している。後に不規則なパルスの原因についての調査が行われるきっかけとなった振幅期間の異常も発見された。PSR B1257+12 フレッシュアイペディアより)

  • KDDI茨城衛星通信センター

    KDDI茨城衛星通信センターから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    茨城衛星通信センター施設跡地は高萩市および日立市に無償譲渡された。現在は2基の32mパラボラアンテナとともに、国立天文台茨城観測局、茨城大学宇宙科学教育研究センター(2009年4月開設)となって電波望遠鏡として再活用されている。KDDI茨城衛星通信センター フレッシュアイペディアより)

  • 川本えこ

    川本えこから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    天文学者の福井康雄に同行し、チリ北部のアタカマ高地にある名古屋大学の電波望遠鏡「なんてん2」を訪れた経験がある。川本えこ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・テイラー

    ジョゼフ・テイラーから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ジョゼフ・テイラーはアマチュア無線の微弱信号通信の分野でよく知られており、2010年4月にはアレシボ天文台の電波望遠鏡を用いて世界中のアマチュア無線局と、音声、モールス通信、デジタル通信による月面反射通信の運用を行ったことが特筆される。ジョゼフ・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • アレシボ天文台

    アレシボ天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アレシボ天文台(アレシボてんもんだい、Arecibo Observatory)はプエルトリコのアレシボにある電波天文台。米国科学財団(NSF)との協力協定のもと、国立天文学電離層センターの一部として、SRIインターナショナル、宇宙研究大学連合、プエルトリコ・メトロポリタン大学により運営されている。1963年に建設され、単体では世界最大の電波望遠鏡として知られていたが、2016年に中国の500メートル球面電波望遠鏡(FAST)が完成したことにより、世界最大の地位からは降りることとなった。アレシボ天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川哲夫 (天文学者)

    長谷川哲夫 (天文学者)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    従来の100倍以上の範囲を観測できる超広角望遠鏡を開発、その超広角望遠鏡を用いて星が誕生する場所と考えられているガス雲を観測した。1992年銀河系の温度と密度が銀河系の中心から離れるほど低くなっていることを発見した。長谷川哲夫 (天文学者) フレッシュアイペディアより)

  • カレリア地峡

    カレリア地峡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    カレリア地峡のソヴェトロイェには32mの電波望遠鏡が1998年に完成した。カレリア地峡 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード