122件中 11 - 20件表示
  • 望遠鏡

    望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    望遠鏡(ぼうえんきょう)とは、遠くにある物体を可視光線・赤外線・X線・電波などの電磁波を捕えて観測する装置である。古くは「遠眼鏡(とおめがね)」とも呼ばれた。観測に用いられる電磁波の波長により、光学望遠鏡と電波望遠鏡に大別される。また、電磁波を捕える方式による分類では、反射式望遠鏡と屈折式望遠鏡がある。望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波天文学

    電波天文学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    天体からの電波は微弱であるため、観測は電波望遠鏡によって行われる。電波は波長が長いために星間物質による散乱を受けにくく、可視光では観測できない暗黒星雲の背後などを観測することが可能である。電波天文学 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア国立望遠鏡機構

    オーストラリア国立望遠鏡機構から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    オーストラリア国立望遠鏡機構(Australia Telescope National Facility, ATNF)はオーストラリアにおける電波望遠鏡の管理運営組織である。オーストラリア連邦科学産業研究機構の電波物理学研究部門として設立されたのち、1989年に現在の形になった。以下に示す電波望遠鏡のうちASKAP以外については年に2回の観測提案募集を行っており、オーストラリア国内および国外の天文学者が利用している。オーストラリア国立望遠鏡機構 フレッシュアイペディアより)

  • 星間分子

    星間分子から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    星間分子(せいかんぶんし、interstellar molecule)は恒星間の希薄空間(星間空間)の中でも、一部にある高密度な分子雲中に存在する分子の総称。1930年代に光学望遠鏡によって観測された、希薄な分子雲中を通った紫外線の吸収が、分子雲の中に存在するCH、CNによるもであると1940年に確認され、初めて星間空間に分子が存在することが示された。その後、1960年代以降、電波望遠鏡が発展するに伴い、OHの発見を皮切りに多数の分子が発見され2000年までには100種類以上の分子が発見されている。(星間分子の一覧)星間分子 フレッシュアイペディアより)

  • アークミニット・マイクロケルビン・イメージャー

    アークミニット・マイクロケルビン・イメージャーから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アークミニット・マイクロケルビン・イメージャー (英: Arcminute Microkelvin Imager ; AMI) は、電波望遠鏡(電波干渉計)であり、宇宙マイクロ波背景放射 (cosmic microwave background ; CMB) の異方性を Very Small Array よりも高い分解能で画像化することを主目的として設計されている。これは、Small Array と Large Array という、どちらも 12-18 GHz で運用する干渉計アレイで構成されており、英国ケンブリッジのマラード電波天文台に設置されている。短い基線の Small Array は、10基の 3.7 m パラボラアンテナで構成され、一方、長い基線の Large Array は、8基の 13 m アンテナで構成されている。2基のアレイは、基本的には、同一性能の受信機と、バックエンドの(最終処理用の)電子機器を持つ。アークミニット・マイクロケルビン・イメージャー フレッシュアイペディアより)

  • ゴロム定規

    ゴロム定規から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    最短ゴロム定規は、フェーズドアレイレーダーの設計、電波望遠鏡の配置などに応用されている。ゴロム定規 フレッシュアイペディアより)

  • CARMA

    CARMAから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    CARMA (カルマ、) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある電波望遠鏡である。23台のパラボラアンテナを電波干渉計として機能させる。CARMA フレッシュアイペディアより)

  • 音響光学型スペクトル分析器

    音響光学型スペクトル分析器から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    音響光学型スペクトル分析器(おんきょうこうがくがたスペクトルぶんせきき)とは、電波望遠鏡の受信機からの電波を音響光学偏向素子に送り、レーザー光の回折効果を利用して周波数解析を行う装置のこと。音響光学型スペクトル分析器 フレッシュアイペディアより)

  • 5大学電波天文台

    5大学電波天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    FCRAO電波天文台は銀河系内のパルサーの探索のために14mのミリ波電波望遠鏡を備えている。FACROで開発された電波天文学の設備技術はジョゼフ・テイラーとラッセル・ハルスのノーベル賞受賞につながった連星パルサー PSR1913+16の発見に貢献した。5大学電波天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山頂サブミリ波望遠鏡

    富士山頂サブミリ波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1998年夏に運用を開始、2005年夏に運用を終了。小さいながらも、サブミリ波帯域での観測成果を上げた。また開発・運用を行った学生から7名の博士号授与者が生まれた。ASTE望遠鏡やALMA観測計画への道しるべともなった望遠鏡でもある。同じような、小型で多くの成果を挙げた電波望遠鏡としては、名古屋大学の「なんてん」が挙げられる。富士山頂サブミリ波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

122件中 11 - 20件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード