153件中 21 - 30件表示
  • 超長基線アレイ

    超長基線アレイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    超長基線アレイ(Very Long Baseline Array, VLBA)は、アメリカ国立電波天文台が運用する電波望遠鏡である。VLBAはアメリカ国土全体に配置された10台のパラボラアンテナからなり、ニューメキシコ州ソコロのアレイ・オペレーションセンターから遠隔操作される。VLBAは超長基線電波干渉法(VLBI)の技術を用いて複数のパラボラアンテナを結合し、ひとつの巨大な電波望遠鏡として運用される。同種のVLBI専用システムとしては世界最大である。建設は1986年2月に開始され、1993年5月に完成した。10台のパラボラアンテナを結合させた観測は1993年5月29日に始まった。建設にかかった費用は8500万ドルである。超長基線アレイ フレッシュアイペディアより)

  • ゴレブカ (小惑星)

    ゴレブカ (小惑星)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1995年6月に当時まだ正式な名前がなかったこの小惑星が地球へ接近した時、アメリカ合衆国のゴールドストーン(ゴールドストーン天文台)、ウクライナのエウパトリア、そして日本の鹿島(鹿島宇宙通信センター)にある電波望遠鏡が共同でレーダー観測を行った。これはゴールドストーンから小惑星に向けて電波を発信し、反射波を他の二ヶ所で受信するものだった。ゴレブカ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 開口合成

    開口合成から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    一般のアンテナ(電波受信機)の分解能限界は口径に比例し、観測波長に反比例する。しかし、電波の波長は可視光線の波長の一万倍以上長いものであるため、単体での分解能は光学系に比べて必然的に悪いものとなる。この問題を解消すべく、1946年、ケンブリッジ大学の天文学者マーティン・ライルらが、電波望遠鏡の分解能を向上させる方法として考案した、複数の電波望遠鏡を干渉計として使用する仕組みが開口合成である。ライルはこの業績によりノーベル物理学賞を受賞している。開口合成 フレッシュアイペディアより)

  • 5大学電波天文台

    5大学電波天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    FCRAO電波天文台は銀河系内のパルサーの探索のために14mのミリ波電波望遠鏡を備えている。FACROで開発された電波天文学の設備技術はジョゼフ・テイラーとラッセル・ハルスのノーベル賞受賞につながった連星パルサー PSR1913+16の発見に貢献した。5大学電波天文台 フレッシュアイペディアより)

  • サブミリ波干渉計

    サブミリ波干渉計から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センター(SAO)が台湾の中央研究院天文及天文物理研究所(ASIAA)との協力の下に設置、運営している。口径6mのパラボラアンテナ8台を結合してひとつの望遠鏡として使用する、開口合成型電波望遠鏡の一種である。SMAと隣接するサブミリ波望遠鏡であるジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡、カルテクサブミリ波天文台と同時観測を行うことによって集光力と解像力を高めるeSMA実験も行われている。サブミリ波干渉計 フレッシュアイペディアより)

  • 超大型干渉電波望遠鏡群

    超大型干渉電波望遠鏡群から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    カール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群(カール・ジャンスキーちょうおおがたかんしょうでんぱぼうえんきょうぐん、英語:Karl G. Jansky Very Large Array, 略称VLA)はアメリカ国立電波天文台が持つ電波望遠鏡の一つであり、米国ニューメキシコ州にある。宇宙からの微弱な電波を捕らえる等するための施設である。開設から2012年3月までの名称には「カール・ジャンスキー」は含まれていなかった。超大型干渉電波望遠鏡群 フレッシュアイペディアより)

  • 星間分子

    星間分子から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    星間分子(せいかんぶんし、interstellar molecule)は恒星間の希薄空間(星間空間)の中でも、一部にある高密度な分子雲中に存在する分子の総称。1930年代に光学望遠鏡によって観測された、希薄な分子雲中を通った紫外線の吸収が、分子雲の中に存在するCH、CNによるものであると1940年に確認され、初めて星間空間に分子が存在することが示された。その後、1960年代以降、電波望遠鏡が発展するに伴い、OHの発見を皮切りに多数の分子が発見され2000年までには100種類以上の分子が発見されている。(星間分子の一覧)星間分子 フレッシュアイペディアより)

  • 天文学者

    天文学者から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    夜暗くなってから望遠鏡を覗き込む古典的な天文学者のイメージに反して、近代のプロの天文学者が望遠鏡を直接目で覗くのは非常に稀であり、CCDイメージセンサを用いて長露光で撮影するのが一般的である。CCDイメージセンサの登場以前は、写真プレートが広く用いられていた。近代の天文学者は望遠鏡の前にいることは、1年間に数週間程度と比較的少なく、多くの時間をデータの整理や分析に費やす。完全に自動化された超大型干渉電波望遠鏡群等の電波望遠鏡を使う天文学者もいる。天文学者 フレッシュアイペディアより)

  • ゴロム定規

    ゴロム定規から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    最短ゴロム定規は、フェーズドアレイレーダーの設計、電波望遠鏡の配置などに応用されている。ゴロム定規 フレッシュアイペディアより)

  • 点拡がり関数

    点拡がり関数から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波望遠鏡や回折限界に達する宇宙望遠鏡では、PSFの主要因は周波数領域における開口の状態から推測されうる。点拡がり関数 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード