122件中 21 - 30件表示
  • ウェスターボーク合成電波望遠鏡

    ウェスターボーク合成電波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ウェスターボーク合成電波望遠鏡 (Westerbork Synthesis Radio Telescope、WSRT)は、オランダ北東部、Midden-Drentheのウェスターボーク村の北に立地している電波望遠鏡である。東西2.7kmの基線上に、口径25mのパラボラアンテナ14台が設置されており、電波干渉計として機能する。イギリスのマラード電波天文台にあるOne-Mile TelescopeやRyle Telescopeと似た形状をしている。14台のパラボラアンテナのうち10台は固定されているが、残りの4台は2本の線路を使って基線上で位置を変えることができる。WSRTは1970年に完成し、2000年ごろに大規模な改修を受けた。ウェスターボーク合成電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアコンパクト電波干渉計

    オーストラリアコンパクト電波干渉計から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    オーストラリアコンパクト電波干渉計(オーストラリアコンパクトでんぱかんしょうけい Australia Telescope Compact Array, ATCA)はオーストラリア国立望遠鏡機構(ATNF)が運営を行う電波望遠鏡である。オーストラリアニューサウスウェールズ州にある。現在稼働中の電波干渉計としては唯一南半球に立地し、北半球の望遠鏡からでは観測することのできない南天の天体の観測に威力を発揮している。オーストラリアコンパクト電波干渉計 フレッシュアイペディアより)

  • VSOP計画

    VSOP計画から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1997年2月12日に打ち上げられた人工衛星はるか(MUSES-B)を用いて、世界各国の電波望遠鏡とともに長大な基線を持つ干渉計(VLBI)を構成し、遠方の銀河やクェーサーの観測に成果をあげた。予定では4年間の運用であったが、衛星軌道が高いことや、運用に関しても管制業務が連続的に行えたため、7年間に渡り運用を行うことができた。VSOP計画 フレッシュアイペディアより)

  • 出口修至

    出口修至から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    出口 修至(でぐち しゅうじ、1948年2月7日 - )は、愛知県知多市出身の日本の天文学者。理学博士。京都大学理学部宇宙物理学科卒。東京大学大学院理学研究科博士課程修了。大学院では海野和三郎に師事し、博士号取得後渡米。カリフォルニア工科大学、マサチューセッツ大学の研究員、イリノイ大学の客員助教授を経て、現在、国立天文台野辺山宇宙電波観測所助教授。専門は電波天文学、メーザー理論。野辺山45m電波望遠鏡を用いた、一酸化珪素メーザー探査プロジェクトの主宰者として世界的に名前を知られている。査読学術論文の総被引用回数は1500回を越える。出口修至 フレッシュアイペディアより)

  • エフェルスベルク電波望遠鏡

    エフェルスベルク電波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    エフェルスベルク電波望遠鏡(Radio Telescope Effelsberg)は、ドイツボン郊外に設置された、口径100mの電波望遠鏡である。マックス・プランク電波天文学研究所が運用を行っている。エフェルスベルク電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ゴルナーグラート

    ゴルナーグラートから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    駅近くの尾根の南西端には、展望台とホテルがある。ホテルはホテル・ベルベデーレとして1896年に開業。1897年から1907年にかけて現在のクルムホテル・ゴルナーグラートが建設された。1996年には2つの塔の上にドームが建設されて、赤外線及び電波望遠鏡が設置され、ドイツ及びイタリアの科学者により天体観測が行われた。現在は南側のみがケルン大学によって利用されている。ゴルナーグラート フレッシュアイペディアより)

  • ミリ波電波天文学研究所

    ミリ波電波天文学研究所から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ミリ波を観測する2つの電波望遠鏡、スペインシエラネバダ山脈にあるIRAM30m望遠鏡とフレンチ・アルプスにあるビュール高原電波干渉計を運営している。両望遠鏡とも、水蒸気による電波の吸収を避けるために高地に設置されている。この二つの望遠鏡は、グルノーブルとスペインのグラナダにあるIRAMのオフィスによってそれぞれ管理されている。またこれらの二つの望遠鏡は、超長基線電波干渉法を用いて、一つの巨大な電波望遠鏡として機能させることができる。ミリ波電波天文学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国天文宇宙科学研究院

    韓国天文宇宙科学研究院から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    Taeduk電波天文台(TRAO):口径14m電波望遠鏡韓国天文宇宙科学研究院 フレッシュアイペディアより)

  • カルテクサブミリ波天文台

    カルテクサブミリ波天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    カルテクサブミリ波天文台(かるてくさぶみりはてんもんだい、CSO; )は、アメリカのハワイ州マウナケア山に設置された電波望遠鏡である。カルテクサブミリ波天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 星間雲

    星間雲から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    星間雲の組成を分析するため、星間雲が発する電磁波の研究が進められている。星間雲を研究する方法のひとつは、ある物質のスペクトルからこの物質を特定しやすい 波長を選び、大型の電波望遠鏡や光学望遠鏡で全天を走査することである。低温の分子雲では長波長の電磁波が観察できる。さまざまな種類の分子の分布図を作成すると、分子雲の組成がわかる。高温雲ではいろいろな元素のイオンがみられ、そのスペクトルは可視光線や紫外線で観測できる。星間雲 フレッシュアイペディアより)

122件中 21 - 30件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード