122件中 31 - 40件表示
  • なんてん

    なんてんから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    なんてんとは、名古屋大学が1996年にチリのラスカンパナス天文台に設置した新4メートル電波望遠鏡の愛称。ミリ波の観測を目的とする。なんてん フレッシュアイペディアより)

  • グリーンバンク望遠鏡

    グリーンバンク望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ロバート・バード・グリーンバンク望遠鏡(-ぼうえんきょう、Robert C. Byrd Green Bank Telescope, GBT)は、アメリカ国立電波天文台が所有する世界最大の可動式の電波望遠鏡である。望遠鏡は、ウェストバージニア州、グリーンバンク市にある。上院議員のロバート・バード(Robert C. Byrd)を記念して命名された。グリーンバンク望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙化学

    宇宙化学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    光学望遠鏡、電波望遠鏡、宇宙望遠鏡等の天体望遠鏡を用いて、各周波数領域のスペクトルを観測することができる。この観測により、天体の化学的な組成や、温度や密度といった物理的な状態を知ることができる。これらの解析は実験室で行われる分光学的実験の結果に基づいて行われる。宇宙化学 フレッシュアイペディアより)

  • モプラ望遠鏡

    モプラ望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    モプラ望遠鏡は、オーストラリア国立望遠鏡機構が運用する直径22メートルの電波望遠鏡である。オーストラリアニューサウスウェールズ州クーナバラブラン近郊に位置する。モプラ(Mopra)という名前は、望遠鏡建設地近くにあるMopra Rockという奇岩にちなんだものである。またこの近くには、サイディング・スプリング天文台も立地している。モプラ望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 錦江湾公園

    錦江湾公園から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    中腹にあるロケット広場にはH-IIロケットの実物大模型が置かれている。また園内にはかつて東京天文台で使った電波望遠鏡が移設されており、現在でも観測に使用されている。錦江湾公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパVLBIネットワーク

    ヨーロッパVLBIネットワークから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ヨーロッパVLBIネットワーク (European VLBI Network, EVN)は、超長基線電波干渉法(VLBI)を用いてヨーロッパの国々に配置された電波望遠鏡を結合しひとつの巨大な電波望遠鏡として使うシステムである。1980年にヨーロッパの5つの電波天文学研究機関が共同体(the European Consortium for VLBI)を作ったのがその始まりである。その後現在までにEVNは西ヨーロッパ8カ国の9研究所、12の電波望遠鏡を結ぶとともに、ポーランド、ロシア、ウクライナ、中国、南アフリカにある電波望遠鏡も参加する巨大なシステムに成長した。スペインとイタリアにある電波望遠鏡を参加させる計画も現在検討されており、さらにイギリス・ジョドレルバンク天文台の7素子VLBI網MERLINやアメリカの超長基線アレイ(VLBA)と結合させた『グローバル・ネットワーク』の構築も可能である。1993年には、EVNを運営する欧州VLBI合同研究所(Joint Institute for VLBI in Europe, JIVE)がオランダ天文学研究財団(ASTRON)をホスト機関として設立された。JIVEは観測者向け研究支援と相関器設備を提供する。VLBIによって超高空間分解能観測が可能になり、遠方にある銀河系外電波源の撮像観測のみならず、測地学や位置天文学などにも使われている。ヨーロッパVLBIネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 超長基線アレイ

    超長基線アレイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    超長基線アレイ(Very Long Baseline Array, VLBA)は、アメリカ国立電波天文台が運用する電波望遠鏡である。VLBAはアメリカ国土全体に配置された10台のパラボラアンテナからなり、ニューメキシコ州ソコロのアレイ・オペレーションセンターから遠隔操作される。VLBAは超長基線電波干渉法(VLBI)の技術を用いて複数のパラボラアンテナを結合し、ひとつの巨大な電波望遠鏡として運用される。同種のVLBI専用システムとしては世界最大である。建設は1986年2月に開始され、1993年5月に完成した。10台のパラボラアンテナを結合させた観測は1993年5月29日に始まった。建設にかかった費用は8500万ドルである。超長基線アレイ フレッシュアイペディアより)

  • アレン・テレスコープ・アレイ

    アレン・テレスコープ・アレイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ATAは波長数センチメートルの電波を受信する電波望遠鏡である。同じ集光面積を得るには、単一の巨大なパラボラアンテナを作るのに比べて小口径のアンテナを多数並べた電波干渉計の方が安価に済ませることができる。しかし同一の感度を得るためには、すべてのアンテナで受信された信号をひとつに結合する必要がある。このためには高性能のエレクトロニクスが必要であり、これは現在でもたいへん高価である。しかし、ムーアの法則によればある性能のエレクトロニクスを調達するのに必要な金額は次第に下がっていくから、結果的にはATAに用いられる干渉計方式の方がコスト的には有利になる。アレン・テレスコープ・アレイ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグイヤー (電波望遠鏡)

    ビッグイヤー (電波望遠鏡)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ビッグイヤー(、巨大な耳の意味)とは、1963年から1998年の間にアメリカのオハイオ・ウェスリアン大学パーキンズ天文台に設置されていた電波望遠鏡である。オハイオ州立大学の地球外知的生命体探査 (SETI) 計画に用いられていた。望遠鏡の構造としては、ジョン・D・クラウス (1910-2004) の考案による「クラウス型」と呼ばれるものを採用しており、同様の構造はフランスのNançay電波望遠鏡でも使われている。ビッグイヤー (電波望遠鏡) フレッシュアイペディアより)

  • ドミニオン電波天文台

    ドミニオン電波天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ドミニオン電波天文台(、略称:DRAO)は、1960年にカナダ、ブリティッシュコロンビア州ペンティクトンに建設された研究施設である。ここには、電波干渉計、単体の26メートル電波望遠鏡、太陽フラックス計測装置の三種類が備えられており、技術研究がなされている。 DRAOはカナダ政府所属のカナダ国家研究会議、ヘルツベルグ天体物理学研究所によって運営されている。ドミニオン電波天文台 フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード