153件中 41 - 50件表示
  • スクエア・キロメートル・アレイ

    スクエア・キロメートル・アレイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    スクエア・キロメートル・アレイ(Square Kilometer Array, SKA)は、集光面積1平方kmの電波望遠鏡である。2016年に建設を開始し、2020年から科学観測を開始する予定となっている。スクエア・キロメートル・アレイ フレッシュアイペディアより)

  • 21cm線

    21cm線から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    この2つの準位間の遷移は禁制遷移であり、遷移確率は約 と非常に小さい。すなわち、1個の中性水素原子がこのような遷移を引き起こす時間尺度は約 で、地上の実験室でこの遷移を観測する可能性はほとんどない。しかし宇宙空間の星間物質に含まれる中性水素原子の総数は莫大なため、電波望遠鏡を用いるとこの遷移に対応するスペクトルを容易に観測できる。これが21cm線である。21cm線 フレッシュアイペディアより)

  • M106 (天体)

    M106 (天体)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    渦巻きの中で青く光る部分は、星の生成が活発に行われている部分である。1950年代以来電波源が見いだされており、1995年には国立天文台野辺山宇宙電波観測所の45メートル宇宙電波望遠鏡による観測で、中心部に巨大ブラックホールがあることが分かった。M106 (天体) フレッシュアイペディアより)

  • 星間雲

    星間雲から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    星間雲の組成を分析するため、星間雲が発する電磁波の研究が進められている。星間雲を研究する方法のひとつは、ある物質のスペクトルからこの物質を特定しやすい 波長を選び、大型の電波望遠鏡や光学望遠鏡で全天を走査することである。低温の分子雲では長波長の電磁波が観察できる。さまざまな種類の分子の分布図を作成すると、分子雲の組成がわかる。高温雲ではいろいろな元素のイオンがみられ、そのスペクトルは可視光線や紫外線で観測できる。星間雲 フレッシュアイペディアより)

  • 出口修至

    出口修至から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    愛知県知多市出身。京都大学理学部宇宙物理学科卒。東京大学大学院理学研究科博士課程修了。大学院では海野和三郎に師事し、博士号取得後渡米。カリフォルニア工科大学、マサチューセッツ大学の研究員、イリノイ大学の客員助教授を経て、国立天文台野辺山宇宙電波観測所准教授。野辺山45m電波望遠鏡を用いた、一酸化珪素メーザー探査プロジェクトの主宰者として世界的に名前を知られている。査読学術論文の総被引用回数は1500回を越える。出口修至 フレッシュアイペディアより)

  • ベガ計画

    ベガ計画から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    無線送信機は小型で電力も低く、2,048bpsでしかデータを転送できなかったため、送信側でデータの圧縮が行われた。それでもそれぞれの機器のデータ収集速度は75秒ごとに過ぎなかった。バルーンは、地球上の20の電波望遠鏡から構成される2つのネットワーク(ソ連科学アカデミーによるソビエトネットワークとフランス国立宇宙研究センターによる国際ネットワーク)によって追跡された。ベガ計画 フレッシュアイペディアより)

  • 中央研究院天文及天文物理研究所

    中央研究院天文及天文物理研究所から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2005年には日本の国立天文台、韓国天文宇宙科学研究院、中国科学院国家天文台とともに、東アジアにおける国立天文機関の協議体である東アジア中核天文台連合(EACOA)を設立した。同年よりチリのアタカマ砂漠に電波望遠鏡群を建設するアルマ計画にも参加している。中央研究院天文及天文物理研究所 フレッシュアイペディアより)

  • VSOP計画

    VSOP計画から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1997年2月12日に打ち上げられた人工衛星はるか(MUSES-B)を用いて、世界各国の電波望遠鏡とともに長大な基線を持つ干渉計(VLBI)を構成し、遠方の銀河やクェーサーの観測に成果をあげた。予定では4年間の運用であったが、衛星軌道が高いことや、運用に関しても管制業務が連続的に行えたため、7年間に渡り運用を行うことができた。VSOP計画 フレッシュアイペディアより)

  • ASTE望遠鏡

    ASTE望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ASTE望遠鏡(アステぼうえんきょう)は日本の国立天文台が南米の標高4800mの高地に設置し運用を行う電波望遠鏡である。ASTE望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • アタカマ宇宙論望遠鏡

    アタカマ宇宙論望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アタカマ宇宙論望遠鏡(アタカマうちゅうろんぼうえんきょう、英:Atacama Cosmology Telescope 、ACT)は、チリ北部、アタカマ砂漠のセロ・トコ山(5604m)の山頂近くに建設された6m電波望遠鏡である。宇宙マイクロ波背景放射 (cosmic microwave background radiation ; CMB)を研究するため、マイクロ波サーベイにおいて、高い分解能が得られるようにデザインされている。現在のところ、恒久的な地上設置望遠鏡としては最も高い、5190mの高度に設置されている 。アタカマ宇宙論望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード