122件中 51 - 60件表示
  • サブミリ波干渉計

    サブミリ波干渉計から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターが台湾の中央研究院天文及天体物理学研究所との協力の下に設置、運営している。口径6mのパラボラアンテナ8台を結合してひとつの望遠鏡として使用する、開口合成型電波望遠鏡の一種である。SMAと隣接するサブミリ波望遠鏡であるジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡、カルテクサブミリ波天文台と同時観測を行うことによって集光力と解像力を高めるeSMA実験も行われている。サブミリ波干渉計 フレッシュアイペディアより)

  • カレリア地峡

    カレリア地峡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    カレリア地峡のソヴェトロイェには32メートルの電波望遠鏡が1998年に完成した。カレリア地峡 フレッシュアイペディアより)

  • 水沢VLBI観測所

    水沢VLBI観測所から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    光結合VLBI推進室(OCTAVE, Optically ConnecTed Array for Vlbi Exploration) - 日本国内にある電波望遠鏡を超高速インターネット(SuperSINET)等で接続するVLBI計画。水沢VLBI観測所 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ライル

    マーティン・ライルから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ブライトン生まれ。オックスフォード大学で物理学の学位を得た。第2次世界大戦中はレーダーの開発グループに加わった。戦後はキャベンディッシュ研究所で、初め太陽からの電波の研究を行った。電波天文学の分野で観測機械の改良を進め、1946年に初の開口合成技術を用いた電波望遠鏡を建設した。1957年にはマラード電波天文台の初代所長になった。1972年からリチャード・ウーリーの後を継いで、王室天文官(Astronomer Royal)となった。論争は余り好きではなかったが、論客として知られ、フレッド・ホイルと定常宇宙論に関して有名な論争をおこなった。晩年は、後進の育成に努め、ライル奨学金を設けている(ケンブリッジ大学内における天文学分野での奨学金)。マーティン・ライル フレッシュアイペディアより)

  • SETI協会

    SETI協会から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    「宇宙に存在する生命、その起源・性質・存在頻度の調査・理解・解明」を使命とし、その一つの試みとして、電波および光学望遠鏡を用いた地球外生命起源の有為信号の探査を行っている(地球外知的生命体探査 SETI)。また太陽系外惑星の発見や、火星等の太陽系天体における生命の可能性、銀河系におけるハビタブルゾーン(極限環境微生物の研究も含む)に対する研究もカール・セーガン・センターにおいて行われている。SETI協会 フレッシュアイペディアより)

  • スクエア・キロメートル・アレイ

    スクエア・キロメートル・アレイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    スクエア・キロメートル・アレイ(Square Kilometer Array, SKA)は、集光面積1平方kmの電波望遠鏡である。2016年に建設を開始し、2020年から科学観測を開始する予定となっている。スクエア・キロメートル・アレイ フレッシュアイペディアより)

  • Wow! シグナル

    Wow! シグナルから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    Wow! シグナル(わう-、または わお-、)とは、1977年8月15日にSETIプロジェクトの観測を行っていたオハイオ州立大学のジェリー・R・エーマンが、ビッグイヤー電波望遠鏡で受信した電波信号である。狭い周波数に集中した強い信号で、太陽系外の地球外生命によって送信された可能性が指摘されている。望遠鏡は信号を72秒間に渡り観測することに成功したが、以降の探査では同様の現象は見つけられず、その起源は謎のままである。Wow! シグナル フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川哲夫 (天文学者)

    長谷川哲夫 (天文学者)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    従来の100倍以上の範囲を観測できる超広角望遠鏡を開発、その超広角望遠鏡を用いて星が誕生する場所と考えられているガス雲を観測した。1992年銀河系の温度と密度が銀河系の中心から離れるほど低くなっていることを発見した。長谷川哲夫 (天文学者) フレッシュアイペディアより)

  • 点拡がり関数

    点拡がり関数から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波望遠鏡や回折限界に達する宇宙望遠鏡では、PSFの主要因は周波数領域における開口の状態から推測されうる。点拡がり関数 フレッシュアイペディアより)

  • 南極点望遠鏡

    南極点望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    南極点望遠鏡(South Pole Telescope, SPT)は、南極点に建設された口径10mの電波望遠鏡である。北アメリカの9つの大学及び研究機関が参加するSPT Collaborationが運用を行う。南極点望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

122件中 51 - 60件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード