122件中 61 - 70件表示
  • KDDI茨城衛星通信センター

    KDDI茨城衛星通信センターから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    茨城衛星通信センター施設跡地は高萩市および日立市に無償譲渡された。現在は2基の32mパラボラアンテナとともに、国立天文台茨城観測局、茨城大学宇宙科学教育研究センター(2009年4月開設)となって電波望遠鏡として再活用されている。KDDI茨城衛星通信センター フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドストーン深宇宙通信施設

    ゴールドストーン深宇宙通信施設から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    またゴールドストーンのアンテナは電波望遠鏡としても使用されている。ゴールドストーン深宇宙通信施設 フレッシュアイペディアより)

  • IRAM30m望遠鏡

    IRAM30m望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    IRAM30m望遠鏡(-ぼうえんきょう)は、ミリ波電波天文学研究所によって運営されている口径30mの電波望遠鏡である。スペインアンダルシア州グラナダ県のシエラ・ネバダ天文台、標高2850m地点に設置されている。波長3mm、2mm、1mm、0.8mmのミリ波及びサブミリ波の観測が可能である。1980年から1984年にかけて建設がおこなわれた。アンテナ重量は800トンであり、主鏡面は420枚のアルミニウムパネルで構成されている。IRAM30m望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 21cm線

    21cm線から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    この2つの準位間の遷移は遷移確率が約 2.9 s と非常に小さな禁制遷移である。すなわち、1個の中性水素原子がこのような遷移を引き起こす時間尺度は約 107 年で、地上の実験室でこの遷移を観測する可能性はほとんどない。しかし宇宙空間の星間物質に含まれる中性水素原子の総数は非常に多いため、電波望遠鏡を用いるとこの遷移に対応するスペクトルを容易に観測できる。これが21cm線である。21cm線 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2016年に完成予定の500メートル球面電波望遠鏡は世界最大の電波望遠鏡となる予定である。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • アタカマ宇宙論望遠鏡

    アタカマ宇宙論望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アタカマ宇宙論望遠鏡(アタカマうちゅうろんぼうえんきょう、英:Atacama Cosmology Telescope ; ACT)は、チリ北部、アタカマ砂漠のセロ・トコ山(5604m)の山頂近くに建設された6m電波望遠鏡である。宇宙マイクロ波背景放射 (cosmic microwave background radiation ; CMB)を研究するため、マイクロ波サーベイにおいて、高い分解能が得られるようにデザインされている。現在のところ、恒久的な地上設置望遠鏡としては最も高い、5190mの高度に設置されている 。アタカマ宇宙論望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーザー

    ブレーザーから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    初期の電波天文学観測により、明るい電波源が数多く発見された。1950年代の終わりまでに電波望遠鏡の分解能が向上し、電波源に対応する可視光天体を同定できるようになった。これにより、クエーサーが発見された。ブレーザー フレッシュアイペディアより)

  • ベガ計画

    ベガ計画から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    無線送信機は小型で電力も低く、2,048bpsでしかデータを転送できなかったため、送信側でデータの圧縮が行われた。それでもそれぞれの機器のデータ収集速度は75秒ごとに過ぎなかった。バルーンは、地球上の20の電波望遠鏡から構成される2つのネットワーク(ソ連科学アカデミーによるソビエトネットワークとフランス国立宇宙研究センターによる国際ネットワーク)によって追跡された。ベガ計画 フレッシュアイペディアより)

  • ふたご座37番星

    ふたご座37番星から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ふたご座37番星にはMETIメッセージが送信されている。これはユーラシア大陸最大の電波望遠鏡であるユーパトリア70メートル鏡を用いて送信された。このメッセージはティーンエイジ・メッセージと命名され、2001年9月3日に送信された。ふたご座37番星には2057年12月に到着するはずである。ふたご座37番星 フレッシュアイペディアより)

  • アントニー・ヒューイッシュ

    アントニー・ヒューイッシュから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    これをきっかけにして彼は、星間シンチレーションを高い時間分解能で電波サーベイ観測するために、ケンブリッジのマラード電波天文台 (MRAO) に惑星間シンチレーションアレイ (Interplanetary Scintillation Array) と呼ばれる大規模な電波望遠鏡アレイを建設する提案を行い、そのための補助金を得た。この計画の途中で彼の大学院生の一人だったジョスリン・ベルが、後に最初のパルサーと判明する電波源を初めて発見した。アントニー・ヒューイッシュ フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード