122件中 71 - 80件表示
  • ウェスト彗星

    ウェスト彗星から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    3月初旬になると、明け方の空に約20度に達する扇のように広がった尾を見せる大彗星となった。ダストテイルには明瞭なシンクロニックバンドを見ることができた。3月5日には後にB核と呼ばれる分裂した核が初めてA核と分離して観測された。この日には NASA によるロケット観測も行われ、紫外線での観測によって彗星の光に炭素や酸素、一酸化炭素の輝線が見られることが判明した。3月11日には第3、第4の分裂核であるC核、D核が初めて観測された。また、3月12日から3月14日にかけては電波望遠鏡による観測も行われ、彗星にヒドロキシルラジカル (•OH) が存在することが明らかとなった。ウェスト彗星 フレッシュアイペディアより)

  • 開口合成

    開口合成から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    この問題を解消すべく、1946年、ケンブリッジ大学の天文学者マーティン・ライルらが、電波望遠鏡の分解能を向上させる方法として考案した、複数の電波望遠鏡を干渉計として使用する仕組みが開口合成である。ライルはこの業績によりノーベル物理学賞を受賞している。開口合成 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    主鏡の鏡面は全体としても六角形をなしており、集光部と鏡がむき出しとなっている。このため、主鏡の鏡面は電波望遠鏡のアンテナを連想させる形状をしている。また、本体は筒型ではなく、主鏡の下にシート状の遮光板が広げられた形となっている。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 500メートル球面電波望遠鏡

    500メートル球面電波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    500メートル球面電波望遠鏡(FAST、Five hundred meter Aperture Spherical Telescope)は、中国科学院国家天文台により建設が進められている電波望遠鏡である。1994年に計画が提案され、2013年の完成を目指している。この望遠鏡は、中国南西部の貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州平塘県にある自然のくぼ地(大??洼地) を利用して作られている。500メートル球面電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・ホイル

    フレッド・ホイルから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ホイルが引き起こしたこれ以外の論争には、始祖鳥の化石の真贋についての疑問や、電波干渉計の開発とパルサーの発見に対して1974年にノーベル賞が贈られた際に、ジョスリン・ベル・バーネルが受賞者に含まれなかったことに対する非難などがある。ホイル自身もパルサーからのパルス電波信号の正体を決定するのに重要な役割を果たしていたが、彼もノーベル賞の受賞対象にはならなかった。始祖鳥の真贋論争については、リチャード・オーウェンがダーウィンに対抗するために始祖鳥を偽物と知りながら大英博物館に購入したと主張したが、この問題を調べたS.J.グールドはこのストーリーはホイルの空想に過ぎないと断じている。この問題が今日まで創造論者の格好の進化論攻撃の材料として使われている。ホイルはまた、定常宇宙論をめぐってキャベンディッシュ研究所電波天文学グループのマーティン・ライルと有名な激しい論争を繰り広げた。この影響で、1960年代にはキャベンディッシュ電波天文学グループと天文学研究所の間の共同研究が制限された。フレッド・ホイル フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の科学

    2012年の科学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    10月5日 - オーストラリアの電波望遠鏡ASKAPが観測を開始。2012年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • 恒星時

    恒星時から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    しかし恒星の運動は太陽とは少し異なっている。1日の間に地球は公転軌道に沿って太陽の周りを少しだけ公転するため、太陽が再び最も高い高度の位置に来るまでには1回転より少し余分の角度だけ自転する必要がある。これに対して恒星は非常に遠くにあるため、地球の公転によって恒星の見かけの位置のずれは一般には無視できる(厳密には地球の公転によって近距離の恒星はわずかに動く。視差を参照のこと)。ゆえに、恒星の高度が一度最も高くなってから再び最も高くなるまでの時間は24時間よりもわずかに短い。平均恒星日は86164.091秒(23時間56分4.091秒)である。しかし地球の自転速度が変動するため、理想的な恒星時時計の進度は日常時間の時計の進度を定数倍したものからずれる。実際にはこの差は協定世界時(UTC)とUT1の差、UTC-UT1の値として監視されている。このずれは電波望遠鏡での観測によって計測され、その予報と記録が(IERS)とアメリカ海軍天文台によって公表されている。UTC-UT1の予報値がDUT1、実績値がΔUT1とされる。恒星時 フレッシュアイペディアより)

  • 大型ミリ波望遠鏡

    大型ミリ波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    大型ミリ波望遠鏡(Large Millimeter Telescope, LMT)は、メキシコに建設された口径50mの電波望遠鏡である。メキシコ国立天文光学電子工学研究所およびマサチューセッツ大学が運用を行う。大型ミリ波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • アレシボ天文台

    アレシボ天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アレシボ天文台(アレシボてんもんだい、Arecibo Observatory)はプエルトリコのアレシボにある電波天文台。米国科学財団(NSF)との協力協定のもと、国立天文学電離層センターの一部として、SRIインターナショナル、宇宙研究大学連合、プエルトリコ・メトロポリタン大学により運営されている。単体では世界最大の電波望遠鏡である。アレシボ天文台 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡

    ジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡 ( JCMT) は、ハワイ島マウナケア山頂天文台群にある電波望遠鏡である。口径15mのパラボラアンテナによってミリ波・サブミリ波を観測することができる。Joint Astronomy Centreが運営を担っている。サブミリ波観測に用いられる望遠鏡としては、世界最大の口径を誇る。ジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

122件中 71 - 80件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード