153件中 81 - 90件表示
  • イトカワ (小惑星)

    イトカワ (小惑星)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2004年、イトカワは再び地球に接近し、プエルトリコのアレシボ天文台の電波望遠鏡によってレーダー観測が行われ、ジャガイモ状をした大まかな形状が明らかとなった。イトカワ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 長野県駒ヶ根工業高等学校

    長野県駒ヶ根工業高等学校から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2013年(平成25年) - 直径1.8メートルの電波望遠鏡を製作し、太陽の観測を開始。長野県駒ヶ根工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • デリンハ市

    デリンハ市から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    晴天率が高く、乾燥した気候で天文観測に適した立地条件のため、1990年に完成した直径13.7mのミリ波電波望遠鏡が運用される。デリンハ市 フレッシュアイペディアより)

  • LOFAR

    LOFARから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    LOFARは、LOw Frequency ARrayを意味する電波望遠鏡である。LOFARはオランダの天文学研究組織ASTRONによって建設がおこなわれており、ASTRON電波天文台によって運営される予定である。LOFARは多数の電波望遠鏡をひとつの巨大な電波望遠鏡として用いる電波干渉計であり、オランダの他に少なくとも5台の電波望遠鏡がドイツに、少なくとも1台の電波望遠鏡がイギリス、フランス、スウェーデンに設置される予定である。また、ポーランドやウクライナにも電波望遠鏡を設置し、総集光面積を1平方キロメートルにする構想も練られている、LOFARによって得られたデータの処理はフローニンゲン大学に設置されたスーパーコンピュータ ブルージーンPによって行われる。LOFAR フレッシュアイペディアより)

  • 地球外生命

    地球外生命から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1970年代から天文学者が主に電波望遠鏡を用いて地球外の知的生命の活動の兆候を探索しているが、未だに地球外生命体の存在は確認されていない。地球外生命 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーヘテロダイン受信機

    スーパーヘテロダイン受信機から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    数百GHzという高い周波数の電波を受信する電波望遠鏡の受信機でも、スーパーヘテロダイン方式が採用されている。この場合、数百GHzの周波数を持つ信号を直接増幅するアンプが存在しないため、パラボラアンテナで集光された電波は直接混合器に導かれる。またイメージの問題に対応するため、上側ヘテロダインと下側ヘテロダインを分離するサンドバンド分離型混合器も開発されている。スーパーヘテロダイン受信機 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ国立電波天文台

    アメリカ国立電波天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    アメリカ国立電波天文台(アメリカこくりつでんぱてんもんだい、、略称:NRAO)は、アメリカ合衆国の電波天文学の研究、および電波望遠鏡の開発と運用を行う研究組織である。アメリカ政府の資金提供による研究開発施設であり、電波天文学の発展のために米国科学財団により設置された。NRAOは、高性能の電波望遠鏡を世界中の科学者のために設計、開発、運用している。アメリカ国立電波天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の科学

    2012年の科学から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    10月5日 - オーストラリアの電波望遠鏡ASKAPが観測を開始。2012年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • ウルツブルグ (レーダー)

    ウルツブルグ (レーダー)から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    戦後は電波望遠鏡に改装されて電波天文学の観測に用いられた物もある。ウルツブルグ (レーダー) フレッシュアイペディアより)

  • 富士山頂サブミリ波望遠鏡

    富士山頂サブミリ波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    1998年夏に運用を開始、2005年夏に運用を終了。小さいながらも、サブミリ波帯域での観測成果を上げた。また開発・運用を行った学生から7名の博士号授与者が生まれた。ASTE望遠鏡やALMA観測計画への道しるべともなった望遠鏡でもある。同じような、小型で多くの成果を挙げた電波望遠鏡としては、名古屋大学の「なんてん」が挙げられる。富士山頂サブミリ波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード