41件中 11 - 20件表示
  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見たレーダー

    近年では、元々の原理であるレーダーとしての機能を利用して、鉄やニッケルなどの磁性金属を主成分とするM型小惑星の形状観測も行われている(クレオパトラ (小惑星)参照)。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た国立天文台

    日本では宇宙航空研究開発機構臼田宇宙空間観測所にある直径64mのものが最大である。ただしこのアンテナは衛星通信にも使われるものである。電波観測専用のものとしては、国立天文台野辺山宇宙電波観測所の直径45mのものが最大である。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た電波天文学

    電波望遠鏡(でんぱぼうえんきょう、)は、可視光線を集光して天体を観測する一般の光学望遠鏡に対して、電波を収束させて天体を観測する装置の総称。これを専門に用いる電波天文学という分野がある。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た開口合成

    電波望遠鏡は電波を受信する大型の回転放物面のアンテナ(パラボラアンテナ)と、電波を増幅・検出する受信機、データを解析・記録するコンピュータなどから構成されている。電波は可視光に比べて微弱で、また波長が長いために分解能が低いので、アンテナの口径は光学望遠鏡に比して数倍から数十倍もの巨大なものが主流である。また、小さなアンテナを多数配置し、開口合成アンテナ(干渉計)となっているタイプもある。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た分解能

    電波望遠鏡は電波を受信する大型の回転放物面のアンテナ(パラボラアンテナ)と、電波を増幅・検出する受信機、データを解析・記録するコンピュータなどから構成されている。電波は可視光に比べて微弱で、また波長が長いために分解能が低いので、アンテナの口径は光学望遠鏡に比して数倍から数十倍もの巨大なものが主流である。また、小さなアンテナを多数配置し、開口合成アンテナ(干渉計)となっているタイプもある。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た水蒸気

    電波望遠鏡の設置場所は、人間の生活によって生じる電波ノイズが少ない場所が適している。また、波長の短い電波は大気中の酸素や水蒸気によって吸収されるため、大気が薄く乾燥している高山地帯の方が観測可能な波長の範囲を大きくできる。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た臼田宇宙空間観測所

    日本では宇宙航空研究開発機構臼田宇宙空間観測所にある直径64mのものが最大である。ただしこのアンテナは衛星通信にも使われるものである。電波観測専用のものとしては、国立天文台野辺山宇宙電波観測所の直径45mのものが最大である。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た野辺山宇宙電波観測所

    日本では宇宙航空研究開発機構臼田宇宙空間観測所にある直径64mのものが最大である。ただしこのアンテナは衛星通信にも使われるものである。電波観測専用のものとしては、国立天文台野辺山宇宙電波観測所の直径45mのものが最大である。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た地殻

    天体の観測とは逆に、ある天体からの電波の到達時間の差から基線の長さを決定することも可能である。これにより基線の長さの変化を測定することで、より高度な測量が可能となる。これにより、プレートテクトニクスによる大陸の移動の様子など、地殻の変化を知ることができる。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た天の川

    世界で最初に宇宙からやってくる電波の存在に気付いたのは、天文学者ではなく、ベル研究所でレーダーや無線通信の研究をしていた技術者カール・ジャンスキーである。ジャンスキーは、無線通信時に紛れ込むノイズの原因となる雷などの空電現象を研究していたが、1932年、雷以外にも宇宙から電波がやって来ているのに気付いた。この電波は、天の川の中心から放射されていた。この発見から、電波天文学が始まった。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード