197件中 31 - 40件表示
  • 庄内地震

    庄内地震から見た震度震度

    震源は極浅く、最大震度は烈震を記録している。余震も数多く発生した。震源は現在の山形県酒田市の中心部であり、庄内平野東縁断層帯の一部の観音寺断層で発生したと推定されている。なお、最大震度は当時の震度階級(微震、弱震、強震、烈震の4段階)において最大のものであり、地震の規模についても後の計算によりM7.0と算出されている。庄内地震 フレッシュアイペディアより)

  • 姉川地震

    姉川地震から見た震度震度

    現在の滋賀県長浜市で最大の震度6、滋賀県内全域で震度5〜4を記録した。東北地方南部から九州地方の一部にかけての広い範囲で有感地震が観測され、被害は滋賀県と岐阜県に及んだ。姉川地震 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿場・小山RDFセンター

    御殿場・小山RDFセンターから見た震度震度

    さらに、2005年12月には構造計算書偽造問題で問題視されている一級建築士が構造計算書の作成に関与していたことが判明したため調査したところ、3月になって耐震強度が不足していることが明らかになった。耐震強度が基準の3割?5割で震度5強の地震で倒壊する可能性があるとされる。問題視される一級建築士の構造計算作業に問題はなく、フジタ一級建築士事務所の不手際だったとして共同企業体による謝罪が行われ、補修が行なわれた。御殿場・小山RDFセンター フレッシュアイペディアより)

  • 食器棚

    食器棚から見た震度震度

    以前はカップや茶碗を入れるただの棚だったが、近代になるとドアが付くようになった。今では家庭に必要な家具として使われている。地震発生時には食器棚が大きな音をたて、巨大地震が発生した場合は倒れることもある。震度4で食器同士が音を立て、5強で棚の中のものが落ちるとされている(震度参照)。食器棚 フレッシュアイペディアより)

  • 御母衣ダム

    御母衣ダムから見た震度震度

    完成当時はその規模から「東洋一のロックフィルダム」、「20世紀のピラミッド」とも称された。高さではロックフィルダムとして日本第五位である。ダムは水を遮る壁である遮水壁(しゃすいへき)が斜めに傾いている傾斜土質遮水壁型ロックフィルダムという型式であり、2009年現在300箇所を超える日本のロックフィルダムにおいては希少な型式である。ダムの堤体積は佐久間ダムの7.5倍、旧丸の内ビルの41倍にも及び、ダム直下の国道156号やピーアール施設である「MIBOROダムサイドパーク 御母衣電力館」からその巨大な堤体を望める。膨大な量の体積はダムの安定化に重要な役割を有し、ダム完成直後の1961年8月19日に発生した北美濃地震においてダム地点では震度5の強震を記録し、御母衣第2発電所付近の建設現場では地すべりが発生し4名の犠牲者を出す被害となったが、ダム本体は損害を受けずロックフィルダムの耐震性に対する信頼が増大した。御母衣ダムにおける施工経験はその後の日本におけるロックフィルダム建設、さらには大規模重力式コンクリートダムの建設技術の基礎となった。御母衣ダム フレッシュアイペディアより)

  • ANET

    ANETから見た震度震度

    緊急地震速報の震源情報およびユーザ所在地での予測震度と主要動(S波)到達までの猶予時間を暗号化して配信するANETアラートサービスを行なっている。ANET フレッシュアイペディアより)

  • 三陸沖地震

    三陸沖地震から見た震度震度

    震源が海溝側付近にあるものと推定され、人が住む陸地までの距離があるため、陸上で観測される震度と地震に伴って発生する津波の大きさとの相関は低い。すなわち、観測された震度が小さくとも大きな津波が発生する場合がある。また、震源域における地震動自体が小さいにもかかわらず大きな津波となる津波地震が発生することもあり、明治三陸地震(M8.2 - 8.5)のように地震による直接の被害はほとんどないにもかかわらず、甚大な津波被害を引き起こしたケースがある。津波は太平洋沿岸各国に到達していることが観測されており、特に日本の三陸海岸一帯に激甚な被害をもたらすことが多い。三陸沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 耐震基準

    耐震基準から見た震度震度

    気象庁が発表する揺れの大きさを表す震度と名称が似ているがまったく別の概念である。耐震基準 フレッシュアイペディアより)

  • 地盤

    地盤から見た震度震度

    地震の際には、地盤のやわらかいところは、かたいところよりも震度が大きくなることが明らかにされている(表層地盤増幅率)。新潟県中越地震は比較的地盤のかたいところで起きた地震の例としてあげられる。地盤 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜ダム

    九頭竜ダムから見た震度震度

    施工にはアメリカ合衆国から輸入した30トンダンプカーが活躍した。ダムを構成する岩石(ロック材)を得るために要した発破量は200トンに達し、発破の際は1キロメートル離れた見張り所において、当時の基準で震度5から6程度の揺れをもたらしたという。工事は着々と進み、1968年(昭和43年)に完成した。当時の電源開発総裁・藤波収は先の御母衣ダムと比較し、「御母衣を楷書にたとえれば、九頭竜は行書である」と振り返った。九頭竜ダム フレッシュアイペディアより)

197件中 31 - 40件表示

「震度・震源」のニューストピックワード