197件中 51 - 60件表示
  • 那須高原恋人の聖地展望台

    那須高原恋人の聖地展望台から見た震度震度

    当展望台は、恋人の聖地として認定された翌年に東日本大震災の被災があり、那須町は震度6弱に襲われたためにこの展望台も擁壁等に被害があり、展望台の一部は立ち入り制限がなされた。那須高原恋人の聖地展望台 フレッシュアイペディアより)

  • KEKB

    KEKBから見た震度震度

    2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生すると、つくば市においては震度6弱を観測し、高エネルギー加速器研究機構では敷地内で道路が陥没したり建物内の装置が倒れたりするなどの被害を受けた。KEKB自体にもビーム入射装置の電磁石が落下したり、素粒子実験の入射装置内部を真空に保てなくなるなどの被害が生じた。トンネル接合部からは地下水が地下室の床に漏れ出した。機器の被害の程度を確認するためには電力が必要であるが、平常時の実験では一般家庭10万戸分ほどの電力を用いる設備であり、地域での電力消費が少なくなる夜中に、点灯する照明を減らし空調装置も止め、電力量も平常時の30分の1以下に抑えつつ状況の確認を行ったKEKB フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡市役所

    盛岡市役所から見た震度震度

    市役所本庁舎は1963年に竣工。築45年で、耐震診断の結果、建物の強度は基準の半分程度しかないことが明らかになっている。この強度は、震度6強程度の揺れで倒壊する水準である。今後30年以内(2008年当時)に98%の確率で発生する宮城県沖地震の際には、当市の区域にも大きな揺れが到達することが予想されたが、財政的制約から庁舎を建て替える余裕はなく、簡易な補強を実施したうえで「ボロを着てでも心は錦で頑張る」(市長)としている。盛岡市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 安政八戸沖地震

    安政八戸沖地震から見た震度震度

    震度分布や津波襲来の様子が1968年十勝沖地震に酷似しており、1677年延宝八戸沖地震および1763年宝暦八戸沖地震と共に青森県東方沖(三陸沖北部)で繰り返し発生しているプレート境界型の固有地震と考えられている。安政八戸沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • ロイヒ

    ロイヒから見た震度震度

    ロイヒで記録された最大規模の活動は、1996年の7月16日から同年8月9日にかけての群発地震、その数4070回を数えたものであった。この一連の地震は、現在までにハワイにある火山で取られた地震記録の中で揺れの強烈さと回数の双方において最強クラスのものだった。ほとんどの地震はモーメント・マグニチュードにしてM3.0未満の規模であった。数百回のものはマグニチュード3.0以上、その中でも40回以上がM4.0以上、M5.0を記録した微動を含んでいた。ロイヒ フレッシュアイペディアより)

  • 津波地震

    津波地震から見た震度震度

    津波地震とは異なるが、陸地で体感できる地震動の大きさ(震度)に比して大きな津波が発生するものに、海洋プレート内地震の一種であるアウターライズ地震がある。アウターライズとは海溝外縁隆起帯とも呼ばれ、海洋プレート側が海溝に下降していく過程で応力が変化するために上方に湾曲して膨らんでいる部分をいう。この内部で地震が発震しても大陸プレート上の陸地までは距離があるため陸地における地震の揺れは小さくなる傾向にある。しかし浅発地震の場合は海洋底を強く動かして巨大津波を発生させることがある。顕著な例としては1933年の昭和三陸地震がある。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震では本震発生直後の余震にもこのタイプの地震が発生したと推定されているほか、同年7月10日には最大震度4の地震(M7.3)が発生して微小な津波が観測されている。とりわけ大きな海溝型地震の後にたびたび発生している。一般的な津波地震とは異なり、震源域における地震動(マグニチュード)そのものが小さいわけではないことに留意が必要である。津波地震 フレッシュアイペディアより)

  • 表面最大加速度

    表面最大加速度から見た震度震度

    震度と同様、ある場所においてどれだけ強く地面が揺れたかを表すものである。マグニチュードとは異なり、地震全体のエネルギーを示すものではない。表面最大加速度 フレッシュアイペディアより)

  • 明治東京地震

    明治東京地震から見た震度震度

    理科大学(東京帝国大学理学部)地震学教室によれば、余震が少なく、6月21日および22日には弱震が1回ずつ、微震が数回程度あっただけだった。明治東京地震 フレッシュアイペディアより)

  • 松島丘陵

    松島丘陵から見た震度震度

    また、松島丘陵(広義)は地盤が安定しているため、想定される宮城県沖地震では、周囲の沖積平野と比べて震度が小さいと予想されており、東北地方の交通の要衝である仙台都市圏への進出を目指す機械工業の工業用地として注目される要因となっている。松島丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • 異常震域

    異常震域から見た震度震度

    通常地震の地震であれば観測される震度(あるいは加速度)は震源地(震央)で最も大きくなり、中心から同心円状に広がりながら観測される震度は小さくなる。このような傾向を示さない震度分布を示す場合で、震源から同距離の地点だが震度が大きい地域を異常震域(いじょうしんいき、region of abnormal seismic intensity)と呼ぶ。異常震域 フレッシュアイペディアより)

197件中 51 - 60件表示