146件中 91 - 100件表示
  • 痛車

    痛車から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    地方自治体によっては、営利・非営利を問わず、自動車等へのラッピングが屋外広告物条例や景観条例等によって規制されている場合があるほか、アダルトゲームなどの有害図書に関連するラッピングが青少年健全育成条例に抵触する場合もあるため、十分な注意が必要である。痛車 フレッシュアイペディアより)

  • ビタマン

    ビタマンから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    掲載されている漫画作品は前身の艶笑4コマ誌の流れを受けてエロを題材とした作品でまとめられており、書店でも成人向け雑誌として扱われているが、竹書房ではあくまで「成年コミック誌」ではなく「青年コミック誌」と標榜している。事実、本誌はストーリー性を重視した作品が多く、性描写に当たるシーンを一定量以下に抑えた構成となっており(陰部を完全にぼかして描写している、過激なプレイが少ないなど)、成年向け指定のマークが入っていない。この系統の雑誌は狭義の成年向け雑誌と区別するために「ソフトエッチコミック」と表現される場合があり、この点は同社の「Dokiッ!」や「Namaikiッ!」と言った雑誌も同じである。なお本誌は流通段階において青テープで封されて成人向け雑誌コーナーに並べられることで、未成年の閲覧や販売を防止しているが、単行本の方は成年向け指定されず、書店によっては通常の漫画と並べられることもあるため、時折各自治体の青少年保護育成条例により有害図書指定を受け、未成年への販売が公的に規制されることがある。ビタマン フレッシュアイペディアより)

  • 多重人格探偵サイコ

    多重人格探偵サイコから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    猟奇殺人を描き、リアルな死体描写、グロテスクで残酷な描写が非常に多い。その描写ゆえ2006年に茨城県、2007年に香川県・岩手県で、2008年に福島県・大分県・長崎県で青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定されている。多重人格探偵サイコ フレッシュアイペディアより)

  • ケーエスシー

    ケーエスシーから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    「U-18」シリーズと銘打った、国内地方自治体の青少年保護育成条例内の規定に適合したローパワーモデルを製造しており、18歳未満でも高級路線商品を購入出来る配慮を行っている。グロックシリーズの製造時に、コストダウンを目的として、台湾のメーカーで製造された主要部品を輸入して国内で完成させるというスタイルを導入、以後の多数の製品も同様となっている。ケーエスシー フレッシュアイペディアより)

  • 小出恵介

    小出恵介から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2017年6月8日、写真週刊誌『FRIDAY』で17歳の女子高校生との飲酒及び不適切な関係を持ったことが報じられた。小出が報道の内容を認めた事から、所属事務所・アミューズはこれを受けて、小出の無期限活動休止を発表した。報道後、各メディアは小出の出演作品の対応に追われた(後述)。相手の女性側とは、同年6月10日に示談が成立した事を発表している。記者会見の予定はないとのこと。同年9月13日、大阪府青少年健全育成条例違反の疑いにより書類送検された。小出恵介 フレッシュアイペディアより)

  • 山本直樹

    山本直樹から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1991年 、『Blue』が初めて東京都青少年保護育成条例で有害コミック指定を受け、当時沸き起こりつつあった有害コミック論争の中心的存在となる。有害コミック論争以降も作風は変わらず、『ありがとう』では更に過激な描写を見せた。山本直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 精通

    精通から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    日本では性交同意年齢に達していない13歳未満の者との性交渉は同意があったとしても強姦罪に、18歳未満の者との性交渉は青少年健全育成条例や迷惑防止条例等の違反に問われる場合がある。精通 フレッシュアイペディアより)

  • To LOVEる -とらぶる-

    To LOVEる -とらぶる-から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    ただし「スピンオフ」と銘打っているものの、実質的には『TL』の正当な続編となっている。主人公はリトとモモの2人になっており、三角関係を主軸に据えた『TL』とはやや路線が異なり、「バトル路線」と「ハーレム路線」の2つを軸に据えた話が展開される。また、青年層も対象読者に含めているジャンプスクエアに移籍したために、女性キャラクターのお色気の描写は『TL』よりも過激になっている。2014年、福島県で9巻のみ青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された。To LOVEる -とらぶる- フレッシュアイペディアより)

  • 松沢成文

    松沢成文から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2005年に神奈川県は、PlayStation 2版「グランド・セフト・オートIII」を、神奈川県青少年保護育成条例に基づき、有害図書類に指定した。この際、松沢知事が運営するブログに、同作品を有害作品とする発言に異を唱えるコメントが多く寄せられた。これについて松沢知事は、定例記者会見で、「より大きな観点に立って、今の青少年の保護をし、育成するにはどうしたらいいのか、やはり悪から青少年を遠ざけるため、指定のようなゲームソフトが、青少年に何の抑制もなく販売されてしまっているという環境は、改めなければいけない。これは多くの声なき声、サイレント・マジョリティと言っていいか分からないが、皆さんのご理解はいただけるのではないか」と述べている。松沢成文 フレッシュアイペディアより)

  • 会津若松母親殺害事件

    会津若松母親殺害事件から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例 - この事件以降、福島県の同条例が厳しくなった会津若松母親殺害事件 フレッシュアイペディアより)

146件中 91 - 100件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード