114件中 11 - 20件表示
  • 日本における検閲

    日本における検閲から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    日本国憲法制定以後でも、ある種の公の制度は検閲ではないかという議論が行われてきた。例えば、税関検査、裁判所の仮処分による事前差止、教科書図書検定、および青少年保護育成条例による「有害図書」の指定などである。これらの制度が日本国憲法上禁止されている検閲及び事前抑制にあたるかどうかは表現の自由および知る権利の保障に重大な影響を及ぼすため、慎重かつ厳密に議論すべきであると考えられている。以下、個別に説明する。日本における検閲 フレッシュアイペディアより)

  • 淫行条例

    淫行条例から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    淫行条例(いんこうじょうれい)とは、日本の地方自治体(都道府県・長野県東御市)の定める青少年保護育成条例の中にある、青少年(既婚者を除く18歳未満の男女)との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」「みだらな性交」また「前項の行為(=「淫行」など)を教え・見せる行為」などを規制する条文(淫行処罰規定)の通称である(正式な名称ではない)。淫行条例 フレッシュアイペディアより)

  • 萌え萌えシリーズ

    萌え萌えシリーズから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    福島県では「萌え萌えお仕置きアイテム事典」が暴力的描写があるため、青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定されている。萌え萌えシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • Ogrish.com

    Ogrish.comから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    現在のインターネット社会では表現の自由や知る権利などが広範囲に認められる一方で、個々の倫理観やメディアリテラシーなども強く求められる状況となっており、同種サイトの存在意義を疑問視する意見や不必要論などが数多く存在している。過去、ケネディ大統領暗殺事件や豊田商事会長刺殺事件などといった生放送(ライブ映像)中に偶発的に撮影されてしまう放送事故はあったものの、Ogrish.com は意図的に残虐で猟奇的と思われる映像を収集して一般公開し、なお且つ悪意を持った悪戯(チェーンメールや地雷URLなど)も含めて無差別に拡散させてしまう可能性などが大きな問題点となっている。なお、現在の日本では、国境を越えて流入してくるこれらの映像を直接的に取り締まる法律は定められていない。ただし、未成年者に対しては青少年保護育成条例などを根拠に保護者の求めに応じてアクセス制限(フィルタリング)を設けることで防止対策とすることも多い。Ogrish.com フレッシュアイペディアより)

  • 出版倫理協議会

    出版倫理協議会から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    太平洋戦争の敗戦後、日本国憲法において「言論の自由」がうたわれ、一般書籍等に対する検閲が(GHQによるもの等一部の例外を除いて)禁止されたことに伴い、所謂「低俗出版物」と呼ばれる雑誌類が巷に溢れるようになった。これに対し、1950年代より各都道府県レベルで青少年保護育成条例等による出版物への規制を行う動きが強まり始めたため、これらの規制強化に対応すべく設立されたのが本団体である。出版倫理協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本遊戯銃協同組合

    日本遊戯銃協同組合から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    対象年齢10歳以上用のエアソフトガンの規制値は、全国青少年健全育成条例によって定められたものであり、ASGKでの規制値ではない。日本遊戯銃協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • SS-9000

    SS-9000から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2011年現在は、クラウンモデルからスーパーライフルU10ジュニアとして機関部分はSS-9000のままで銃身をプラスチックとアルミバレルに改修し、ボルトを10歳向け威力に引き下げ、カート・カートレス切替機構、可変ホップアップシステムを搭載したエアソフトガンとして復活した。青少年保護育成条例が原因で売りづらくなったエアソフトガン業界で、かつてサバイバルゲームやコインシューティングの王者だったエアソフトガンが子供向けライフルとして人気を呼んでいる。SS-9000 フレッシュアイペディアより)

  • 門限

    門限から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例では理由のない青少年単独の外出禁止、映画館、ボウリング場、ゲームセンター、カラオケ、インターネットカフェ、まんが喫茶等への、青少年の深夜(概ね午後11時から午前4時まで)の出入り禁止について規定している。門限 フレッシュアイペディアより)

  • BLuck

    BLuckから見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2008年7月12日、メンバーの平野広司が北海道青少年健全育成条例違反(淫行等の禁止)の容疑で逮捕された。これを受け、所属事務所では同年7月13日、公式ホームページにてグループの活動自粛を発表。レギュラー出演番組の打ち切り、イベント参加中止となり、ライブのみ延期となった。平野自身においては同年7月29日に公式ホームページにて脱退が発表された。BLuck フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    エアガンなどには地方自治体が定める青少年保護育成条例によって購入できる年齢の下限を設けている地域が多く、反面上限は制限されないが、これらは業界自主基準による努力義務の範疇にあることも多く、安易な販売をしてしまう業者も少なくない。なお、都道府県などによって青少年保護育成条例の内容は異なるが、性具(大人のおもちゃ)を有害玩具の一例としている地域(神奈川県など)もある。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

114件中 11 - 20件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード