146件中 21 - 30件表示
  • 萌え萌えシリーズ

    萌え萌えシリーズから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    福島県や香川県では「萌え萌えお仕置きアイテム事典」が暴力的描写があるため、青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定されている。萌え萌えシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 有害情報

    有害情報から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    日本においては長野県を除く各都道府県が青少年保護育成条例に基づき有害図書指定を行う方式が採られている。憲法第21条には表現の自由が明記されているが、1989年の岐阜県青少年保護育成条例事件最高裁判決において、「有害図書の自動販売機への収納の禁止は、青少年に対する関係において、(表現の自由を定めた)日本国憲法第21条1項に違反しない」という判断を下している(岐阜県青少年保護育成条例事件)。日本における検閲も参照。近年ではコンピュータゲームに対する有害図書指定も増加傾向にある。有害情報 フレッシュアイペディアより)

  • BLuck

    BLuckから見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2008年7月12日、メンバーの平野広司が北海道青少年健全育成条例違反(淫行等の禁止)の容疑で逮捕された。これを受け、所属事務所では同年7月13日、公式ホームページにてグループの活動自粛を発表。レギュラー出演番組の打ち切り、イベント参加中止となり、ライブのみ延期となった。平野自身においては同年7月29日に公式ホームページにて脱退が発表された。BLuck フレッシュアイペディアより)

  • THE VOC@LOiD M@STER

    THE VOC@LOiD M@STERから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2012年4月から「ニコニコ超会議」でも開催されているが、幕張メッセでの開催の際、成人向けの頒布は千葉県青少年健全育成条例上の理由により禁止されている。THE VOC@LOiD M@STER フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    エアガンなどには地方自治体が定める青少年保護育成条例によって購入できる年齢の下限を設けている地域が多く、反面上限は制限されないが、これらは業界自主基準による努力義務の範疇にあることも多く、安易な販売をしてしまう業者も少なくない。なお、都道府県などによって青少年保護育成条例の内容は異なるが、性具(大人のおもちゃ)を有害玩具の一例としている地域(神奈川県など)もある。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 東京三世社

    東京三世社から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    成人向け雑誌の出版を中心に一般書も手掛ける。成人向け雑誌では辰巳出版や新樹書房と並ぶ老舗であり、同社出身者が立ち上げた成人向け出版社にはサン出版、司書房、三和出版などがあり、成人向け出版社の源流の1つであった。1964年に東京都で青少年保護育成条例が施行されて以降、各都道府県で出版物が有害図書と指定されることが多かった。東京三世社 フレッシュアイペディアより)

  • ラッキークレープ

    ラッキークレープから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1997年には、本誌のほかに「ワッフル」、「ジューシープレス」と、お菓子系グラビア雑誌の創刊が相次いだ。これは、青少年保護育成条例に基づく有害図書の規制の厳格化などに伴い、コンビニエンスストアが自主規制を強化してアダルト雑誌の販売を制限したため、出版社がこれに代わるものとして非ヌードのグラビア雑誌を創刊したためとされる。ラッキークレープ フレッシュアイペディアより)

  • ワッフル (雑誌)

    ワッフル (雑誌)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1997年には、本誌のほかに「ラッキークレープ」、「ジューシープレス」と、お菓子系グラビア雑誌の創刊が相次いだ。これは、青少年保護育成条例に基づく有害図書の規制の厳格化などに伴い、コンビニエンスストアが自主規制を強化してアダルト雑誌の販売を制限したため、出版社がこれに代わるものとして非ヌードのグラビア雑誌を創刊したためとされる。ワッフル (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • アクションピザッツ

    アクションピザッツから見た青少年保護条例青少年保護育成条例

    なお成年コミック誌ではあるもののゾーニング上は「非成年指定」となっており、青少年保護条例による有害図書の規制対象となるコンビニエンスストアなどを除けば、18歳未満であっても雑誌の購入自体は可能である。アクションピザッツ フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に祭

    ひぐらしのなく頃に祭から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    結局、2007年1月に「D 17歳以上対象」(コンテンツアイコン/暴力)と発表され、18歳未満販売禁止(及び、禁止と連動する一部自治体の青少年保護育成条例に基づく有害図書指定)は回避されている。恐らく、先述の倫理調整により「Z」区分に指定されるのを避け、1段階低い「D」区分の範囲で許容される限界まで持ち込むために、時間がかかったものと思われる。血の色が赤から青になっている他、残酷と思われる箇所の演出が変更されている。ひぐらしのなく頃に祭 フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード