114件中 21 - 30件表示
  • 実話誌

    実話誌から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    実話誌は、書店よりもコンビニエンスストアでの販売によるところが非常に大きいが、他誌との競合の中で内容が過激化したために、コンビニエンスストア業界では区分陳列、出版側への包装・帯封の要請などの販売方法の変更が図られた。同時に、出版側も内容表現を抑制するなど自主規制を行ったが、東京都においては青少年条例に基く不健全図書(有害図書)の指定が強化されたため、大手コンビニエンスストアの自主規制(不健全図書の個別指定を受けたものは店頭から撤去または取り扱い停止)により、取り扱いを拒まれる実話誌も現れた。実話誌 フレッシュアイペディアより)

  • 情報通信法案

    情報通信法案から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    新たに公然通信と位置づけられたコンテンツについては現状では通信の秘密保護のためプロバイダ責任制限法などを除き制度化していない。取りまとめでは初めに違法・有害コンテンツの流通に関して関係者が守るべき最低限の「共通ルール」を策定すること、策定に当たっては業界団体の自主規制やガイドライン等の対応指針を参考にすることを提言。策定した「共通ルール」をプロバイダーが違法・有害コンテンツを削除やレイティングする場合の法的根拠にすべきとしている。さらに青少年保護育成条例などの手法を参考にして特定の行為に関して、一定の範囲内に限り規制を行う「ゾーニング規制」を導入することも検討するとしている。しかし、本来放送・通信事業は有限な電波資源を活用すると言う視点から、またその公共性故に一般に禁止・制限されているものである。そのために、事業者である放送局は行政機関が特別に許した上で、権利を定め地位を与えられる免許制と言う規制を受けている。個々人の表現の自由を尊重する観点や、米国において同様の規制を目的とした立法(通信品位法・児童オンライン保護法)が相次いで憲法違反で無効と判断されている事実が検討会の資料では全く言及されていないこと、事業者と同一の基準により一般個人の情報発信を規制対象とすることに疑義を呈する意見も散見される。情報通信法案 フレッシュアイペディアより)

  • のぞき部屋

    のぞき部屋から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2011年10月、神奈川県ではこれらの新形態の擬似風俗店に対抗するため、青少年保護育成条例を改正することを決定した。改正後の条文では、着衣内の下着・水着や胸部・大腿部・臀部を露出させて鑑賞させるような営業形態のものが有害施設指定の対象となることが明記される。のぞき部屋 フレッシュアイペディアより)

  • マンホール (漫画)

    マンホール (漫画)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2009年、長崎県において第1巻が県少年保護育成条例に基づく有害図書類に指定された。マンホール (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • SDN48

    SDN48から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    AKB48劇場での公演開始時刻は、AKB48より遅い20時30分が基本であった。土曜日のほかに、平日公演、休日の昼間帯・夜間帯公演、土曜日の昼間帯公演を実施することもあった。SDN48の構想が発表された当初は22時00分開演を予定していたが、実際に22時00分開演で実施されたことはない。平日公演は19時00分開始であった。当初は公演開始が20時30分からのみであり、終了時刻が22時過ぎとなるため、東京都青少年の健全な育成に関する条例と“大人向け”になる公演内容の都合(同条例に抵触する可能性がある)により、18歳未満の者および全ての高校生はロビー観覧も含めて公演を鑑賞することができなかった。2009年12月からは19時00分開始の公演に限り、18歳以上の高校生は観覧可能となった。劇場公演の観覧料金はAKB48と異なり、年齢・性別を問わず3,000円に統一されていた。SDN48 フレッシュアイペディアより)

  • ユリア100式

    ユリア100式から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2006年12月、神奈川県では神奈川県青少年保護育成条例を根拠とし、有害図書類に指定された。そのためか本屋では、コミックスが成人漫画の場所に置かれている事もある。ユリア100式 フレッシュアイペディアより)

  • ラッキークレープ

    ラッキークレープから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1997年には、本誌のほかに「ワッフル」、「ジューシープレス」と、お菓子系グラビア雑誌の創刊が相次いだ。これは、青少年保護育成条例に基づく有害図書の規制の厳格化などに伴い、コンビニエンスストアが自主規制を強化してアダルト雑誌の販売を制限したため、出版社がこれに代わるものとして非ヌードのグラビア雑誌を創刊したためとされる。ラッキークレープ フレッシュアイペディアより)

  • 沙織事件

    沙織事件から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    同年7月、宮崎県において青少年保護育成条例が改定。コンピュータソフトウェアも有害図書の対象となり、『電脳学園』(GAINAX)などが指定された。沙織事件 フレッシュアイペディアより)

  • コミケ幕張メッセ追放事件

    コミケ幕張メッセ追放事件から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    その後千葉県では1994年春に青少年健全育成条例が改正され、ページ全体の20%以上もしくは20ページ以上の性表現を含む本をほぼ自動的に「有害図書」指定する(包括指定)という厳しいものとなり、同人誌即売会は千葉県では事実上開催不能に至った。このため1994年10月2日に幕張メッセで開催予定だった同人誌即売会・コミックシティは、千葉県警からの注意を受けて直前になって中止を決定した。この事件は幕張コミックシティ中止事件と呼ばれる。この後コミックシティは1994年11月3日に晴海にて「コミックシティイン東京・晴海」を開催したが、その際に主催の赤ブーブー通信社は千葉県の条例とほぼ一致する「赤ブーブー通信社コミックシティにおける自主倫理規定 18歳未満に販売できない図書の基準」を作成し、出展サークルに対してその遵守を求めた。しかしこれは同人誌業界内外で批判を浴び、数ヵ月後に撤回している。コミケ幕張メッセ追放事件 フレッシュアイペディアより)

  • ワッフル (雑誌)

    ワッフル (雑誌)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1997年には、本誌のほかに「ラッキークレープ」、「ジューシープレス」と、お菓子系グラビア雑誌の創刊が相次いだ。これは、青少年保護育成条例に基づく有害図書の規制の厳格化などに伴い、コンビニエンスストアが自主規制を強化してアダルト雑誌の販売を制限したため、出版社がこれに代わるものとして非ヌードのグラビア雑誌を創刊したためとされる。ワッフル (雑誌) フレッシュアイペディアより)

114件中 21 - 30件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード