114件中 31 - 40件表示
  • AMI (非政府組織)

    AMI (非政府組織)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2004年、東京都の青少年保護育成条例改正に際して不健全図書の個別指定を廃止し、包括指定を導入する案に反対し署名活動を行った。AMI (非政府組織) フレッシュアイペディアより)

  • オムライス (漫画)

    オムライス (漫画)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    大学生のときに19歳と年齢を詐称していた15歳の稲森はるなと交際していたが、青少年保護条例で有罪となった。はるなが16歳になるのを待って結婚し、はるなの親が社長を勤める会社に入社した。「(グループ企業の?)ダメ社長」と光本人は自分自身のことを述べているが、もう一方で「最低だめ社員」とも述べている。光の「最低だめ社員」という発言に対しては上原は「ちゃんとしていたら店舗も任された」と述べ、後述の劇中の記述などは多少矛盾が生じている。オムライス (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • BLUE (山本直樹)

    BLUE (山本直樹)から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1991年、小学館の『ビッグコミックスピリッツ1991年新春増刊号』に掲載され、同年光文社が山本直樹の他の短編作品とともに単行本化したが、作中の性描写が問題となり、1992年3月に東京都の青少年保護育成条例により不健全図書の指定を受け、版元回収になる。BLUE (山本直樹) フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原まさや

    小笠原まさやから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2009年4月12日、杉並区上井草の自宅において2008年6月頃に、都内在住の女子高生(当時16歳)が18歳未満であると知りながら淫らな行為をしたとし東京都青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕される。略式起訴処分となり、罰金30万円。吉本興業は5月1日付けで無期限謹慎処分とした。小笠原まさや フレッシュアイペディアより)

  • 山口貴士

    山口貴士から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律や青少年有害社会環境対策基本法案が同人界に及ぼす危機をコミックマーケットのカタログなどで訴えている。児童ポルノ法や東京都の青少年健全育成条例が強化され、絵に対しても規制が進むこと、警察による意図的な別件逮捕の危険性、市民のプライバシー侵害を理由に児童ポルノの単純所持処罰化に反対し続けている。山口貴士 フレッシュアイペディアより)

  • りびんぐゲーム

    りびんぐゲームから見た青少年保護条例青少年保護育成条例

    雷蔵が勤めるナミフクDMサービスの女社長。借家住まいで2人の息子の母親。ヘアバンドに眼鏡を掛けているのが特徴。砕けた性格で、世話好き。いずみの継母の親友で、そのつてでいずみの東京暮らしの面倒を見ることとなる。雷蔵の部屋をオフィスにし、いずみを居候させた張本人。青少年保護条例があるから、いずみに手を出さないよう雷蔵に対して釘を刺しているが、連載当時の東京都の条例では禁止されていない(禁止されるのは連載終了から10年以上経った2005年(平成17年)6月以降1)ことを彼女は知らなかった模様。よく雷蔵と肩を組み、文句や抗議運動のポーズをとることが多い。りびんぐゲーム フレッシュアイペディアより)

  • レイトショー

    レイトショーから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    各都道府県の青少年保護育成条例(正式名称はそれぞれで異なる)によって、一定年齢未満の者が深夜に映画館に入場することは禁止されている(ただし、地域や映画館によっては保護者同伴での入場については認められる場合がある)。大抵の場合、条例の基準は「上映開始時刻」ではなく「上映終了時刻」でなる。ただし、条例のない長野県(一部地域を除く)では各映画館の裁量に委ねられている。レイトショー フレッシュアイペディアより)

  • 上村純子

    上村純子から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    同傾向の『いけない!ルナ先生』に続き、『1+2=パラダイス』を描くが、両作品とも「さえない主人公をヒロインがエッチな格好で励ます」というストーリーが青少年保護育成条例に抵触し、打ち切りに近い形で終了を余儀なくされる。その後、1994年?1995年に松文館から成年コミックの体裁で復刻され、『1+2=パラダイス』最終第5巻は初めて世に出る。この際、後書きにて有害コミック指定されたことに対して不満を漏らしている。上村純子 フレッシュアイペディアより)

  • チャンプロード

    チャンプロードから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    出版社の公式な見解はともあれ、犯罪行為を推奨したり、犯罪行為の当事者となった人を賞賛したりするような記述も、チャンプロードには含まれている。ただし、発行や販売は、特に支障なく行われている。日本国憲法が保障している言論の自由を理解するにあたっての具体例として捉えられることもある。しかし、2007年4月、静岡県において静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例に基づく有害図書類と指定される。また、秋田県・福島県・茨城県・愛知県においても有害図書に指定されている。チャンプロード フレッシュアイペディアより)

  • ヨメイロちょいす

    ヨメイロちょいすから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2010年?2012年、長崎県において1巻から6巻までが県少年保護育成条例に基づく有害図書類に指定された。ヨメイロちょいす フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード