114件中 41 - 50件表示
  • 伊藤正己

    伊藤正己から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    最高裁判事としては、吉祥寺駅ビラ配布事件判決において、補足意見の中で示した「パブリックフォーラム論(公共場所を表現活動に利用する場合の利害調整)」など自己の専門分野を生かして、数々の補足意見や反対意見を記したことで知られる。例として、ハードコア・ポルノは憲法上の保護を受けないとする補足意見、電車内の商業宣伝放送を聞かされることがプライバシー侵害になる可能性を示した「とらわれの聴衆」補足意見など。また、「有害図書」を自動販売機に置くことを禁じた岐阜県青少年条例で、その規制を合憲としつつ「青少年の知る権利の保障は、成人に比べ低い。成人は自販機以外でも入手できるため、検閲にはあたらない」との補足意見。18歳未満との「淫行」を禁じた福岡県青少年条例の大法廷判決について「『淫行』という言葉は正確な処罰範囲を示したといえず、明確性を欠き違憲無効」とする反対意見。ソープランドを無許可営業した静岡県市議の事件で「実父が営業許可を受け、その名義変更が受理されていたため、無許可の故意がなかった」と無罪に。伊藤正己 フレッシュアイペディアより)

  • プライズゲーム

    プライズゲームから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    ゲームをプレイするために入れたお金(硬貨)は、途中でセレクター部分などに詰まってイジェクトボタンで排出されたものでない限り戻ってこない。ジュースなどの自販機と異なり、硬貨の通り道がほぼ一方通行なうえに、釣銭を出すためのメカニズムが組み込まれていないためである。また、店員に「やっぱりやめたい」と返却を要求しても受け付けてもらえない仕組みになっている。その理由として、各自治体が定める『青少年保護育成条例』などで禁止されているため、というのが挙げられる。「お金を入れていない状態で「ゲームが出来ない」と金銭の返却を要求する」という不正行為を防止する目的がある。ただし、一般にはほとんど浸透しておらず、客と店員のトラブルの元になることがたびたびある。ちなみに、返金の代替行為としては「入れたお金の分だけサービスボタンで別のゲーム機を出来るようにする」というのが一般的だという。これはプライズ機のみならず、プリクラ機やビデオゲーム機(筐体)でも共通の問題である。プライズゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 深夜

    深夜から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    各地方公共団体の青少年保護育成条例では青少年単独の深夜外出禁止の規定において、深夜を午後11時から午前4時までと規定しているところが多い。深夜 フレッシュアイペディアより)

  • ギャルゲー

    ギャルゲーから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    性描写を含むため、青少年保護育成条例およびコンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)やコンテンツ・ソフト協同組合(CSA、旧・メディア倫理協会)によるレイティング審査の結果に基づき、規制の対象となっている(ソフ倫による指定ではR指定=15禁もあり、こちらも年齢の下限による購入の規制があることから、含めることが多い。CSA規定にもR-15は存在するがゲームにおける適用例はほとんど無い)。ギャルゲー フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に祭

    ひぐらしのなく頃に祭から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    結局、2007年1月に「D 17歳以上対象」(コンテンツアイコン/暴力)と発表され、18歳未満販売禁止(及び、禁止と連動する一部自治体の青少年保護育成条例に基づく有害図書指定)は回避されている。恐らく、先述の倫理調整により「Z」区分に指定されるのを避け、1段階低い「D」区分の範囲で許容される限界まで持ち込むために、時間がかかったものと思われる。血の色が赤から青になっている他、残酷と思われる箇所の演出が変更されている。ひぐらしのなく頃に祭 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングマガジンアッパーズ

    ヤングマガジンアッパーズから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    鳥取県は県青少年健全育成条例に基づき、2004年17号を青少年に有害な図書類に指定している。ヤングマガジンアッパーズ フレッシュアイペディアより)

  • コンバット・デルタ

    コンバット・デルタから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    本銃が属する東京マルイの電動ブローバックシリーズは対象年齢10歳以上で、全国青少年健全育成条例をクリアしている。コンバット・デルタ フレッシュアイペディアより)

  • ケーエスシー

    ケーエスシーから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    「U-18」シリーズと銘打った、国内地方自治体の青少年保護育成条例内の規定に適合したローパワーモデルを製造しており、18歳未満でも高級路線商品を購入出来る配慮を行っている。だが値段が高く東京マルイのハイキャパ5.1Rの方が人気がある。ケーエスシー フレッシュアイペディアより)

  • 青少年有害社会環境対策基本法案

    青少年有害社会環境対策基本法案から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1959年夏、警察庁が中央児童福祉審議会に対して、エロ・グロ不良出版物の発売禁止の勧告措置を要求したが、中央児童福祉審議会は警察の要望を斥け、単に業者の自粛を促すだけにとどめた。面子を失った警察当局は、地方の青少年保護条例に望みを託すしかなくなった経緯もあることから、本法案に反対するブロガー等を中心に青少年保護育成条例の改正が議論・制定された段階も含めて検閲の懸念の意見が相次いでいる。青少年有害社会環境対策基本法案 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット・ホットラインセンター

    インターネット・ホットラインセンターから見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2007年8月下旬から行われている情報通信法案に関する総務省のヒアリングに対し、日本新聞協会や民放連等のマスコミ関係団体等がインターネット上の表現の自由にも配慮した回答を行ない、有害情報規制に対して疑義を呈する、若しくは慎重姿勢を示すことが少なくなかった中、2007年9月19日に行なわれたヒアリングでは、国分明男センター長が、青少年健全育成条例における「有害」指定例を列挙するなどした他、インターネットカフェ等での匿名性の問題点を指摘した上で、韓国での一定規模以上のサイト利用時における本人確認義務化例や、同国においては「インターネット上に一度出てしまうと、元に戻せず、破壊力がすごいから」との理由でネット犯罪に対する刑罰を従来の刑罰よりも重くした例を挙げている。インターネット・ホットラインセンター フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード