146件中 41 - 50件表示
  • 青少年有害社会環境対策基本法案

    青少年有害社会環境対策基本法案から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例に基づく、現行の青少年有害指定は、地方公共団体職員によるコンビニエンスストアや書店等の現場確認による『個別指定方式』と、各種自主規制団体による『団体指定方式』、猥褻表現のページ数または割合による『包括指定方式』の3通りであるが、罰則の適用例が無く、コンビニエンスストア等では、区分陳列が形骸化しているのが現状である。青少年有害社会環境対策基本法案 フレッシュアイペディアより)

  • チャンプロード

    チャンプロードから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    出版社の公式な見解はともあれ、犯罪行為を推奨したり、犯罪行為の当事者となった人を賞賛したりするような記述も、チャンプロードには含まれている。ただし、発行や販売は、特に支障なく行われている。日本国憲法が保障している言論の自由を理解するにあたっての具体例として捉えられることもある。その一方で、2007年4月に静岡県において静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例に基づく有害図書類と指定される。また、秋田県・福島県・茨城県・愛知県においても有害図書に指定されている。チャンプロード フレッシュアイペディアより)

  • エロ本

    エロ本から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    自販機での成人向けの出版物販売に対して、地方公共団体が青少年保護育成条例で販売規制を強化したことにより、自販機本は販売縮小傾向に、衰退の道を辿った。なお、店頭売りの雑誌を単に自販機に入れて販売していることもあったが、これは自販機本とはいわない。エロ本 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングマガジンアッパーズ

    ヤングマガジンアッパーズから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    鳥取県は県青少年健全育成条例に基づき、2004年17号を青少年に有害な図書類に指定している。ヤングマガジンアッパーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原まさや

    小笠原まさやから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2009年4月12日、杉並区上井草の自宅において2008年6月頃に、都内在住の女子高生(当時16歳)が18歳未満であると知りながら淫らな行為をしたとし東京都青少年健全育成条例違反の容疑で逮捕される。略式起訴処分となり、罰金30万円。吉本興業は5月1日付けで無期限謹慎処分とした。小笠原まさや フレッシュアイペディアより)

  • 対象年齢10歳以上のエアソフトガン

    対象年齢10歳以上のエアソフトガンから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    対象年齢10歳以上のエアソフトガン(たいしょうねんれい10さいいじょうのエアソフトガン)は、東京都や神奈川県等の青少年保護育成条例に合わせた威力を持ち、10歳以上18歳未満の児童にも使用できるようにしたエアソフトガンである。対象年齢10歳以上のエアソフトガン フレッシュアイペディアより)

  • コミケ幕張メッセ追放事件

    コミケ幕張メッセ追放事件から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    その後千葉県では1994年春に青少年健全育成条例が改正され、ページ全体の20%以上もしくは20ページ以上の性表現を含む本をほぼ自動的に「有害図書」指定する(包括指定)という厳しいものとなり、同人誌即売会は千葉県では事実上開催不能に至った。このため1994年10月2日に幕張メッセで開催予定だった同人誌即売会・コミックシティは、千葉県警からの注意を受けて直前になって中止を決定した。この事件は幕張コミックシティ中止事件と呼ばれる。この後コミックシティは1994年11月3日に晴海にて「コミックシティイン東京・晴海」を開催したが、その際に主催の赤ブーブー通信社は千葉県の条例とほぼ一致する「赤ブーブー通信社コミックシティにおける自主倫理規定 18歳未満に販売できない図書の基準」を作成し、出展サークルに対してその遵守を求めた。しかしこれは同人誌業界内外で批判を浴び、数ヵ月後に撤回している。コミケ幕張メッセ追放事件 フレッシュアイペディアより)

  • インターネット・ホットラインセンター

    インターネット・ホットラインセンターから見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2007年8月下旬から行われている情報通信法案に関する総務省のヒアリングに対し、日本新聞協会や民放連等のマスコミ関係団体等がインターネット上の表現の自由にも配慮した回答を行ない、有害情報規制に対して疑義を呈する、若しくは慎重姿勢を示すことが少なくなかった中、2007年9月19日に行なわれたヒアリングでは、国分明男センター長が、青少年健全育成条例における「有害」指定例を列挙するなどした他、インターネットカフェ等での匿名性の問題点を指摘した上で、韓国での一定規模以上のサイト利用時における本人確認義務化例や、同国においては「インターネット上に一度出てしまうと、元に戻せず、破壊力がすごいから」との理由でネット犯罪に対する刑罰を従来の刑罰よりも重くした例を挙げている。インターネット・ホットラインセンター フレッシュアイペディアより)

  • 少年

    少年から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例(対象は18歳未満の未婚者のみ)少年 フレッシュアイペディアより)

  • 有害都市

    有害都市から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2009年に『マンホール』で長崎県の青少年保護育成条例に基づく有害図書指定を受けた経験を持つ作者が、公権力の表現規制によってディストピア化した近未来の日本で有害指定制度の壁に直面する漫画家の苦悩を主人公が描く連載漫画『DARK WALKER』の場面を劇中劇として交えながら描いている。有害都市 フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード