114件中 61 - 70件表示
  • 絶対恋愛Sweet

    絶対恋愛Sweetから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    少女漫画誌の区分ではあるが、掲載されているほとんどすべての作品に、何らかの形で性的表現があるのが特徴。2010年5月号は大阪府の青少年保護育成条例に基づく有害図書指定を受けている。また、掲載されている作品は基本的には読みきりだが、読み切りを何回か重ねるシリーズ作品も存在する。絶対恋愛Sweet フレッシュアイペディアより)

  • 竹花豊

    竹花豊から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    副知事在職中には都の青少年の健全な育成に関する条例の強化を2回にわたり実施。このうち、2005年の改正では淫行処罰規定が盛り込まれた。竹花豊 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンRED いちご

    チャンピオンRED いちごから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    表紙はVOL.1から全て駒都えーじが担当しているが、VOL.3のみ七瀬葵との合作になっている。また、前述の「オールヒロイン15歳以下」といった年齢設定が外れるに伴い、それまで年齢設定の問題もあり美少女コミック誌的な萌え描写が中心であったものが、一般青年誌並みのベッドシーンを含む作品も掲載するようになる。2010年には、宮城県で青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された。チャンピオンRED いちご フレッシュアイペディアより)

  • ビタマン

    ビタマンから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    掲載されている漫画作品は前身の艶笑4コマ誌の流れを受けてエロを題材とした作品でまとめられており、書店でも成人向け雑誌として扱われているが、竹書房ではあくまで「成年コミック誌」ではなく「青年コミック誌」と標榜している。事実、本誌はストーリー性を重視した作品が多く、性描写に当たるシーンを一定量以下に抑えた構成となっており(陰部を完全にぼかして描写している、過激なプレイが少ないなど)、成年向け指定のマークが入っていない。この系統の雑誌は狭義の成年向け雑誌と区別するために「ソフトエッチコミック」と表現される場合があり、この点は同社の「Dokiッ!」や「Namaikiッ!」と言った雑誌も同じである。なお本誌は流通段階において青テープで封されて成人向け雑誌コーナーに並べられることで、未成年の閲覧や販売を防止しているが、単行本の方は成年向け指定されず、書店によっては通常の漫画と並べられることもあるため、時折各自治体の青少年保護育成条例により有害図書指定を受け、未成年への販売が公的に規制されることがある。ビタマン フレッシュアイペディアより)

  • 竹崎博允

    竹崎博允から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    福島県内に設置されたDVD等の販売機が、監視カメラで撮影した客の画像を監視センターに送信し、監視員がモニターでこれを監視する等の機能を備えていても、対面販売の実質を有しているということはできず、福島県青少年健全育成条例16条1項にいう「自動販売機」に該当するとし、また、有害図書類の自動販売機への収納を禁止し、その違反を処罰する福島県青少年健全育成条例の規定は憲法21条1項、22条1項、31条に違反しないとして、同条例所定の有害図書類であるDVD1枚を販売目的で収納した行為を有罪とした高裁判決を維持した(全員一致、裁判長)。竹崎博允 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングアニマル増刊あいらんど

    ヤングアニマル増刊あいらんどから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2010年4月、宮城県において第11号が青少年健全育成条例に基づく青少年に有害な図書類に指定された。ヤングアニマル増刊あいらんど フレッシュアイペディアより)

  • 伊東市立宇佐美中学校

    伊東市立宇佐美中学校から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2011年10月25日、当中学校の男性教論が青少年保護育成条例違反(わいせつ行為)で逮捕された。この教論は同市鎌田に在住し、近所のアパートに住んでいた男子生徒にわいせつ行為を行っていた。伊東市立宇佐美中学校 フレッシュアイペディアより)

  • インターネットカフェ

    インターネットカフェから見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    大阪府では2006年から「改正青少年健全育成条例」が施行され、身分証明書を提示させたり会員制とする等によって、未成年の深夜入店を禁止するという、行政と警察の指導による規制強化が実施されている。インターネットカフェ フレッシュアイペディアより)

  • SDN48

    SDN48から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    公演開始時刻は、AKB48より遅い20時30分が基本であったが、土曜日のほかに、平日公演、休日の昼間帯・夜間帯公演、土曜日の昼間帯公演を実施することもあった。SDN48の構想が発表された当初は22時00分開演を予定していたが、実際に22時00分開演で実施されたことはない。平日公演は19時00分開始である。当初は公演開始が20時30分からのみであり、終了時刻が22時過ぎとなるため、東京都青少年の健全な育成に関する条例と“大人向け”になる公演内容の都合(同条例に抵触する可能性がある)により、18歳未満の者および全ての高校生はロビー観覧も含めて公演を鑑賞できなかった。2009年12月からは19時00分開始の公演に限り、18歳以上の高校生は観覧可能となった。劇場公演の観覧料金はAKB48と異なり、年齢・性別を問わず3000円に統一されていた。SDN48 フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1998年10月13日、東京都内のイメージクラブ店が未成年の従業員を使っていたことで、児童福祉法違反並びに東京都の青少年健全育成条例 違反の容疑で経営者が逮捕された。その当時16歳であった従業員の少女が、性的なサービスをした客として東国原の名前を供述したことで、警察から任意の事情聴取を数回受けたが、「18歳未満とは知らなかった」と釈明した。 当時の妻のかとうもマスコミを通じ、謝罪の文書を発表した。以後芸能活動を5か月間自粛した。東国原自身は法的に罪を免れたが、倫理的な性質の問題からマスコミでは「淫行事件」として大々的に報道され、社会の激しい批判を浴びることとなった。現在も一部で「東国原は少女への淫行で逮捕された」と誤解されるが、前述の通り、任意の事情聴取のみであるため逮捕・訴追の事実はない。よって、実際には犯罪歴ではない。そのためか、2010年、本人はテレビ朝日などでビートたけしがこの一件に対してからかわれるなどお笑いの自虐ネタとして自ら活用していたが、2011年から中央集権へ本格的に政治活動を始めたためこの件は封印している。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード