114件中 71 - 80件表示
  • ヤングアニマル嵐

    ヤングアニマル嵐から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    神奈川県は県青少年保護育成条例に基づき、2007年No.1、2008年No.1の別冊付録、同年No.7、2009年No.1を有害図書類に指定(包括指定)している。また、山形県は2008年No.7及び同年No.11を有害図書類に、岡山県は2009年No.3を有害図書に指定している。秋田県では、2005年以降に3度有害図書の指定を受けている(2009年2月現在)。ヤングアニマル嵐 フレッシュアイペディアより)

  • taspo

    taspoから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    taspoは、たばこ自動販売機での未成年者の購入に対し、概ね有効に機能しているが、カードの貸し借りの問題が存在する。この規制はたばこ自動販売機によってたばこを販売するたばこ小売業者に対しての規制であるため、購入者やtaspo所持者に対しての法律上の規制や罰則などが整備されなかった。そのためtaspo会員規約で、taspoの他者への貸与、譲渡、担保に供することを禁じており、違反した行為が判明した場合はtaspoの利用停止を行うことができるとの自主規制がされているに留まる。もし、この規約に違反してtaspoを使用して未成年者がたばこを購入し、または販売や供与されたとしても、未成年者喫煙禁止法では販売者が未成年者が自分自身で喫煙することを知っていて販売しなければ処罰されず、供与の場合はこの法律では罰せられない。このため、地方公共団体が青少年保護育成条例などの条例で規制している例はあるが、それぞれ地域により運用は異なっている。taspo フレッシュアイペディアより)

  • ギャル

    ギャルから見た青少年保護条例青少年保護育成条例

    1990年代末期には、既に高校を卒業した身分でありながらも、当時のコギャルとなんら変わりないメッシュを入れた髪で制服に身を包み、ルーズソックスにローファーを履いて街にくりだすという「なんちゃってコギャル」という女性も存在した。当時はコギャルブームと言って良いほどの流行ぶりで、ワイドショーや週刊誌を初めとして、メディアでは女子中高生やコギャルの特集が連日連夜と書き立て報道された。但し、その影には若者の貞操概念や道徳観の欠落など様々な問題も同時に取り上げられ、特に「援助交際」に関しては児童買春・児童ポルノ禁止法が整備されていなかったり、あるいは青少年保護条例が現代ほど機能していない時代でもあって強く問題視された。その反面に先述のような黒い資金源があってこそ高校生や中学生の身分で非常に高価なファッションを装う事が出来る、あるいは目まぐるしく変化していく流行に順応に対応してゆく彼女らを絡めて、多様なコギャル像が構築されていた(俗流若者論 も参照)。ギャル フレッシュアイペディアより)

  • 日本青年会議所

    日本青年会議所から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1998年2月14日、1998年度日本JC「地球市民づくり情報循環会議」、日本青年会議所建設部会、(社)旭川青年会議所(北海道、旭川JC)の幹部ら33人が、北海道旭川市駅前のホテル地下の居酒屋でハレンチな猥褻行為を目的とした会合を行なった。旭川JCメンバーと日本JC会議スタッフが「今日はバレンタインデーなので、旭川では女体盛りを用意しました」と、コンパニオンとして呼んだ16歳の少女を全裸にし刺身を盛り付けたパーティーを企画。その場にいた日本JC議長と副議長4人を含むメンバーらは、「一瞬「おおっ!」と驚きの声を上げ、次いで蜜にたかる蟻のように女体盛りに群がった」。「初め女の子はサングラスをかけていたが、乗ってくるとそれをはずし、脚も開いた。なかには刺身を股や乳首にくっつけてから食べる」JCメンバーもいた。事件は6月になって少女が補導され、パーティーの顛末を話したことで発覚。10月に議長らは旭川中央警察署で事情聴取を受け、逮捕者を4人出した。少女を手配した1996年衆院選に北海道6区から出馬している不動産会社役員の東京JC会員(27)は売春防止法違反と北海道青少年保護育成条例違反で逮捕され、東京JCを除名処分となった。当時、松山建設代表取締役社長で(社)日本青年会議所副会頭だった松山政司参議院議員(当時39歳、翌1999年度日本JC会頭就任)もその場に参加していたとして問題になった。1998年11月3日と17日発売の写真週刊誌『FLASH』に「「女体盛り」逮捕犯」「あ!日本青年会議所(JC)議長のハシが乳首を!!刺身「女体盛り」ハレンチ写真」などの表紙見出しで、現場写真が2号連続で掲載された 。日本JCは「懇親会としては不適切で、反省すべきもの」という内容の見解表明をした。日本青年会議所 フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編

    ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    スクウェア・エニックス刊『ガンガンパワード』で2008年8月号から連載されていたが、同誌が2009年4月号を以て休刊したことに伴い『月刊ガンガンJOKER』へ移籍して2009年5月号から2011年5月号まで連載。2010年に福島県と長崎県で青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された。ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 フレッシュアイペディアより)

  • 有害情報

    有害情報から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    日本においては長野県を除く各都道府県が青少年保護育成条例に基づき有害図書指定を行う方式が採られている。憲法第21条には表現の自由が明記されているが、1989年の岐阜県青少年保護育成条例事件最高裁判決において、「有害図書の自動販売機への収納の禁止は、青少年に対する関係において、(表現の自由を定めた)日本国憲法第21条1項に違反しない」という判断を下している(岐阜県青少年保護育成条例事件)。日本における検閲も参照。近年ではコンピュータゲームに対する有害図書指定も増加傾向にある。有害情報 フレッシュアイペディアより)

  • 有害図書

    有害図書から見た青少年保護条例青少年保護育成条例

    1976年(昭和51年) - 1980年(昭和55年)、自動販売機による有害図書類の販売を制限する条項の導入のために、これまで青少年保護条例のなかった都道府県でも条例の制定が相次ぎ、1980年には43都道府県で青少年条例が制定された。有害図書 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーム脳

    ゲーム脳から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    マスメディアのIT関連記事や、少年犯罪およびそれに類する事件の報道(長崎男児誘拐殺人事件、佐世保小6女児同級生殺害事件、寝屋川小学校教師殺傷事件、土浦連続殺傷事件、秋葉原通り魔事件など)、ひきこもりなどの心の問題を扱った特集で幾度にわたって大きく取り上げられた結果、PTAや教育関係者、自治体(都道府県知事)、警察官僚を中心に支持されており、自治体により森を招いた講演会が開催されたり(その他の団体主催のものとして、2008年4月16日に世日クラブ主催・世界日報後援による講演会も行われている)、青少年保護育成条例の強化や、ゲームの規制を働きかける際の根拠としてしばしば引き合いに掲げられるケースも多くある。また、2006年に発売された森の著書『元気な脳のつくりかた』は、日本PTA全国協議会推薦図書となっている。ゲーム脳 フレッシュアイペディアより)

  • スタンガン

    スタンガンから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    護身用として販売されている為に、日本国内では通常型のスタンガンの購入・所持・携帯及び実際の使用についての特別な許可や届け出等は一切必要ない。このため一般の商店や通信販売等によっても購入可能となっている。しかし、国外・国内問わず航空機などへの持込などは禁止されている場合があり、その他公共交通機関によりそれぞれ違うため注意が必要である。また、迷惑防止条例で公共の場所で公衆に不安を覚えさせるような方法でスタンガンを携帯する行為に刑事罰を規定していたり、青少年保護育成条例で18歳未満へのスタンガン販売を規制している例が一部の自治体である。スタンガン フレッシュアイペディアより)

  • 山本直樹

    山本直樹から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1991年 、『Blue』が初めて東京都青少年保護育成条例で有害コミック指定を受け、当時沸き起こりつつあった有害コミック論争の中心的存在となる。有害コミック論争以降も作風は変わらず、『ありがとう』では更に過激な描写を見せた。山本直樹 フレッシュアイペディアより)

114件中 71 - 80件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード