146件中 81 - 90件表示
  • 伊藤正己

    伊藤正己から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    最高裁判事としては、吉祥寺駅ビラ配布事件判決において、補足意見の中で示した「パブリックフォーラム論(公共場所を表現活動に利用する場合の利害調整)」など自己の専門分野を生かして、数々の補足意見や反対意見を記したことで知られる。例として、ハードコア・ポルノは憲法上の保護を受けないとする補足意見、電車内の商業宣伝放送を聞かされることがプライバシー侵害になる可能性を示した「とらわれの聴衆」補足意見など。また、「有害図書」を自動販売機に置くことを禁じた岐阜県青少年条例で、その規制を合憲としつつ「青少年の知る権利の保障は、成人に比べ低い。成人は自販機以外でも入手できるため、検閲にはあたらない」との補足意見。18歳未満との「淫行」を禁じた福岡県青少年条例の大法廷判決について「『淫行』という言葉は正確な処罰範囲を示したといえず、明確性を欠き違憲無効」とする反対意見。ソープランドを無許可営業した静岡県市議の事件で「実父が営業許可を受け、その名義変更が受理されていたため、無許可の故意がなかった」と無罪に。伊藤正己 フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇人内閣の政策

    池田勇人内閣の政策から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    この他、池田が「人づくり」政策を推進したことから、東京オリンピックを前にしての浄化運動という名目もあり悪書追放運動に乗り出し、1963年には総理府が中心となり、地方自治体に働きかけ「青少年保護育成条例」を各県に自主的に作らせた。同年、この流れを受け、民間団体「国民政治研究会」(唐島基智三会長)が俗悪番組一覧表をつけた「テレビ番組改善への提言」を公表してテレビ各局に申し入れ、青少年不良防止に名を借りたテレビ"低俗番組"追放へ、最初の自主規制介入が行われた。池田勇人内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡郁子

    谷岡郁子から見た青少年健全育成条例青少年保護育成条例

    2010年3月16日に参議院文教科学委員会で、東京都が審議中の青少年健全育成条例改正案について触れ、「漫画・アニメにまで、際限なく規制を広げるのはコンテンツ産業の萎縮に繋がる」と、実際にコミックス・コードを作ったことでコミック産業が打撃を受け、衰退したアメリカの例を引き合いに出し、この種の規制については慎重な議論をすべきであるとの主張を行った。谷岡郁子 フレッシュアイペディアより)

  • 高市早苗

    高市早苗から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2007年5月、青少年保護のための有害情報対策を協議する諮問会議を政府内に設置する考えを表明し、記者会見で青少年保護育成条例を47都道府県中唯一制定していない長野県の対応を批判した。8月15日の終戦記念日に、第1次安倍内閣の閣僚で唯一靖国神社に参拝した。高市も当初、公務を優先し参拝しない意向だったが、全閣僚の終戦記念日の靖国神社参拝見送りを避けるため、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会会長・島村宜伸から要請を受け、当日の夕方に急遽参拝を行った。高市早苗 フレッシュアイペディアより)

  • スタンガン

    スタンガンから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    護身用として販売されている為に、日本国内では通常型のスタンガンの購入・所持・携帯及び実際の使用についての特別な許可や届け出等は一切必要ない。このため一般の商店や通信販売などによっても購入可能となっている。しかし、国外・国内問わず航空機などへの持込などは禁止されている場合があり、その他公共交通機関によりそれぞれ違うため注意が必要である。また、迷惑防止条例で公共の場所で公衆に不安を覚えさせるような方法でスタンガンを携帯する行為に刑事罰を規定していたり、青少年保護育成条例で18歳未満へのスタンガン販売を規制している例が一部の自治体である。スタンガン フレッシュアイペディアより)

  • 1+2=パラダイス

    1+2=パラダイスから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    連載後期に勃発した有害コミック騒動の煽りを受けて一部の県で青少年保護育成条例に基づく有害図書指定を受け、連載末期は性的な描写が控えめになりひっそりと終了した。1+2=パラダイス フレッシュアイペディアより)

  • 黒鷺死体宅配便

    黒鷺死体宅配便から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    2007年に秋田県及び福島県で、2009年には長崎県で青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定されている。黒鷺死体宅配便 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    しかし、17歳までを含む被害児童(援助交際などの当事者もこれに含まれる)の定義年齢が多少高すぎるという議論がなされていることも事実である。日本ペンクラブは、「対象年齢を「十八歳未満」とするのは「児童」の概念から甚だしく逸脱しており、せめて義務教育年齢以下とすべき」と提言している。なお、青少年保護育成条例(青少年健全育成条例)では、未婚の18歳未満の青少年との性欲を満たす目的のみでの性交又は性交類似行為は、これを罰則をもって禁止しているが(いわゆる淫行条例)、婚姻年齢に達している16歳以上の「年長青少年」については、公権力をもってその性的自由に不当な干渉を加えるものであるとした谷口正孝裁判官の意見も存在している。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • ギャル

    ギャルから見た青少年保護条例青少年保護育成条例

    1990年代末期には、既に高校を卒業した身分でありながらも、当時のコギャルとなんら変わりないメッシュを入れた髪で制服に身を包み、ルーズソックスにローファーを履いて街にくりだすという「なんちゃってコギャル」という女性も存在した。当時はコギャルブームと言って良いほどの流行ぶりで、ワイドショーや週刊誌を初めとして、メディアでは女子中高生やコギャルの特集が連日連夜と書き立て報道された。ただし、その影には若者の貞操概念や道徳観の欠落など様々な問題も同時に取り上げられ、特に「援助交際」に関しては児童買春・児童ポルノ禁止法が整備されていなかったり、あるいは青少年保護条例が現代ほど機能していない時代でもあって強く問題視された。その反面に先述のような黒い資金源があってこそ高校生や中学生の身分で非常に高価なファッションを装うことが出来る、あるいは目まぐるしく変化していく流行に順応してゆく彼女らを絡めて、多様なコギャル像が構築されていた(俗流若者論 も参照)。ギャル フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た青少年保護育成条例青少年保護育成条例

    1946年(昭和21年)の設立以降現在まで、協会が在学中の部員(選手)個人に対して除名処分を行った例はない。監督・責任教師など指導者に対しては複数の実例があり、最近では1997年(平成9年)に東洋大姫路の監督が常習賭博罪で逮捕された例、2002年(平成14年)に愛媛県立吉田高等学校の部長が児童ポルノ禁止法違反罪で逮捕された例などがある。2011年(平成23年)12月には神奈川県立弥栄高等学校の野球部長を務めていた元教師が覚せい剤取締法違反で逮捕された後に除名処分を受け、また2015年(平成27年)には学校名非公表となりながらも責任教師が青少年保護育成条例違反(淫行)で逮捕され、除名となった例がある。除名 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード