62件中 21 - 30件表示
  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た児童文学

    児童文学作家・山中恒が2010年(平成22年)における東京都青少年の健全な育成に関する条例改正の際、「赤本は夜店などで売られ俗悪な漫画が多かったから、日本の青少年を健全に育成するためだといってみな規制に賛成した。しかし本当の狙いは、当時最大の大衆出版社で、『少年倶楽部』などの版元でもあった講談社ではなかったか。」と指摘。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た地方公共団体

    青少年保護育成条例(せいしょうねんほごいくせいじょうれい)は、日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称である。青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともある。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た映画館

    理由のない青少年単独の外出禁止、映画館、ボウリング場、カラオケ、インターネットカフェ、まんが喫茶等に、青少年が深夜の出入りすることを禁止(門限の項を参照)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た加須市

    長野県以外の市町村でも都道府県とは別に条例を定めている場合がある(例、羽生市・加須市・八潮市・高槻市・福山市など)。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た古物営業法

    古物や古本を、青少年から古物商が買い取る場合には、保護者の同意が必要(ただし、成年の場合でも古物営業法に基づき最低限の本人確認を要する)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た古物商

    古物や古本を、青少年から古物商が買い取る場合には、保護者の同意が必要(ただし、成年の場合でも古物営業法に基づき最低限の本人確認を要する)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た本人確認

    古物や古本を、青少年から古物商が買い取る場合には、保護者の同意が必要(ただし、成年の場合でも古物営業法に基づき最低限の本人確認を要する)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た警察庁

    都道府県あるいは市町村によって、正式名称に多少の違いはあるが、殆どの都道府県で「青少年保護育成条例」と称している。かつては「青少年保護育成条例」が多数だったが、条例の目的が「保護」から「健全育成」に移ってきているので「青少年健全育成条例」などの名称に変更するところも増えている。ただし、警察庁が用いている統一名称は「青少年保護育成条例」である。また、石川県のように青少年の保護育成のみならず、育児支援などをも盛り込んだ条例も制定されはじめている。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た真壁郡

    青少年保護育成条例は、1948年(昭和23年)に茨城県真壁郡下館町(現:筑西市)が条例で「18歳未満の者が午後10時から午前4時までの間外出する場合は、保護者が同伴しなければならない」と定めたのが最初と言われている。都道府県レベルでは、1950年(昭和25年)に、岡山県が図書による青少年の保護育成に関する条例を制定したのをきっかけに、緩やかに全国の都道府県や市町村で制定された。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た筑西市

    青少年保護育成条例は、1948年(昭和23年)に茨城県真壁郡下館町(現:筑西市)が条例で「18歳未満の者が午後10時から午前4時までの間外出する場合は、保護者が同伴しなければならない」と定めたのが最初と言われている。都道府県レベルでは、1950年(昭和25年)に、岡山県が図書による青少年の保護育成に関する条例を制定したのをきっかけに、緩やかに全国の都道府県や市町村で制定された。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード