48件中 31 - 40件表示
  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た地方公共団体

    青少年保護育成条例(せいしょうねんほごいくせいじょうれい)は日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称である。青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともある。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た映画館

    理由のない青少年単独の外出禁止、映画館、ボウリング場、カラオケ、インターネットカフェ、まんが喫茶等に、青少年が深夜の出入りすることを禁止(条例によっては遊技場やコンサート会場も対象、多くの条例での「深夜」とは午後11時から翌朝午前4時もしくは5時までを指すが、福島県や大阪府などではもっと厳しい)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た加須市

    都道府県においては長野県を除く46の都道府県で制定されている。長野県では条例の規定がなく、長野市・佐久市・東御市・塩尻市などが市町村単位でわずかに条例を定めているのみである。長野県以外の市町村でも都道府県とは別に条例を定めている場合がある(例、羽生市・加須市・八潮市・高槻市・福山市など)。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た筑西市

    青少年保護育成条例は、1948年に茨城県下館町(現:筑西市)が条例で18歳未満の者が午後10時から午前4時までの間外出する場合は保護者が同伴しなければならないと定めたのが最初と言われている。都道府県では1950年に岡山県が図書による青少年の保護育成に関する条例を制定したのをきっかけに、緩やかに全国の都道府県や市町村で制定された。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見たゲームセンター

    理由のない青少年単独の外出禁止、映画館、ボウリング場、カラオケ、インターネットカフェ、まんが喫茶等に、青少年が深夜の出入りすることを禁止(条例によっては遊技場やコンサート会場も対象、多くの条例での「深夜」とは午後11時から翌朝午前4時もしくは5時までを指すが、福島県や大阪府などではもっと厳しい)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た淫行条例

    青少年に対する、淫行・わいせつ行為の禁止(淫行条例の項を参照)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た有害玩具

    有害玩具の指定(エアガンなどの殺傷能力の高い道具→有害玩具、大人のおもちゃ→性具参照)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た地方自治体

    青少年保護育成条例(せいしょうねんほごいくせいじょうれい)は日本の地方公共団体の条例の一つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称である。青少年保護条例や、青少年健全育成条例と言うこともある。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た朝日新聞

    上記記事を掲載した朝日新聞も国家総動員法との類似性を指摘。(1937年(昭和12年)に開戦した日中戦争が長期化の様相を見せ始めていた1938年(昭和13年)の5月、国家総動員法が施行されていた。その直前の2月、内務省は当時「赤本」と呼ばれていた安価な漫画本の編集者を集め、今後は漫画も検閲を受けるよう指示していたという。)青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

  • 青少年保護育成条例

    青少年保護育成条例から見た佐久市

    都道府県においては長野県を除く46の都道府県で制定されている。長野県では条例の規定がなく、長野市・佐久市・東御市・塩尻市などが市町村単位でわずかに条例を定めているのみである。長野県以外の市町村でも都道府県とは別に条例を定めている場合がある(例、羽生市・加須市・八潮市・高槻市・福山市など)。青少年保護育成条例 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「青少年に関する条例」のニューストピックワード