前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • ロードレース世界選手権

    ロードレース世界選手権から見た青山博一青山博一

    日本人では原田哲也()、加藤大治郎()、青山博一()の3人がタイトルを獲得している。1990年代前半は岡田忠之、原田哲也、青木宣篤ら日本人トリオが活躍した。ロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・シモンチェリ

    マルコ・シモンチェリから見た青山博一青山博一

    も250ccクラスに残留し、タイトル防衛を目指した。しかしシーズン開幕前のモトクロスによるトレーニング中に右手舟状骨を骨折してしまい開幕戦カタールGPを欠場する。続く第2戦日本GPも17位でノーポイントに終わる。そのためシーズン序盤は、青山博一、アルバロ・バウティスタらライバルたちにタイトル争いで後れを取る。しかしシーズン中盤以降は調子を取り戻して勝利を重ね、ランキングトップの青山に猛追していった。最終戦バレンシアGP、シモンチェリが逆転チャンピオンとなるには、自身が優勝し、青山が12位以下に終わるという条件だった。青山は途中コースアウトを喫し11位にまで沈むが、トップを走行していたシモンチェリはその直後に転倒、リタイヤとなってしまった。結局このレースに優勝したエクトル・バルベラに逆転され、シリーズランキングは3位に終わった。マルコ・シモンチェリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝も雨のレースとなった。スタートから青山博一がレースをリードしていたが13周目に転倒、その後ランディ・ド・プニエがアンソニー・ウエスト、ケーシー・ストーナーとのバトルを制してシーズン初優勝を遂げた。ウエストはKTMの250ccクラスデビューレースでいきなり2位表彰台獲得という快挙を遂げた。ポイントランキングでは今回4位でフィニッシュしたダニ・ペドロサがトップを維持、2番手のストーナーとの差は34ポイントとなった。2005年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2004年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝でも、雨に足をすくわれてマヌエル・ポジャーリ、青山博一、ダニ・ペドロサら上位陣が次々と転倒を喫する中、ロベルト・ロルフォが独走で自身グランプリ3勝目を挙げた。2004年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・デ・アンジェリス

    アレックス・デ・アンジェリスから見た青山博一青山博一

    。シーズン中盤の第8戦ドイツGPから第10戦ドイツGPにかけてはMotoGPクラスに復帰し、インターウェッテン・ホンダチームで負傷欠場中の青山博一の代役を務めた。その後はスコットMoto2に戻るはずだったがチームは解散し、一時的にシートを失ってしまった。第12戦地元サンマリノGPからはJiRのシートを獲得し、残りシーズン7レースに参戦することになった。アレックス・デ・アンジェリス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2009年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは地元のアルバロ・バウティスタを破って青山博一が2007年のマレーシアGP以来となる優勝を遂げた。青山は前戦の地元日本GPではバウティスタに勝ちをさらわれており、その借りを返した格好となった。2009年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のカタルーニャグランプリ

    2011年のカタルーニャグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜日の決勝では2周目にトップに立ったケーシー・ストーナーが後続との差を徐々に広げ、2連勝・シーズン3勝目を挙げた。2位にはホルヘ・ロレンソ、3位にはベン・スピーズとヤマハワークスの2人が続いた。シモンチェリはスタートに失敗し、その後もペースが上がらず6位に終わった。チームメイトの青山博一は4周目にランディ・ド・プニエと接触してシーズン初となる転倒リタイヤを喫した。2011年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のインディアナポリスグランプリ

    2010年のインディアナポリスグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜の決勝レース、序盤はスピーズがトップを維持していたが、7周目にレプソル・ホンダのダニ・ペドロサがトップに立つとそのまま独走態勢を築くことに成功し、シーズン3勝目を遂げた。スピーズはこれまでで自己ベストリザルトとなる2位、3位にはホルヘ・ロレンソが続いた。第5戦イギリスGPでの転倒により椎骨を骨折し欠場を続けていたインターウェッテン・ホンダの青山博一は今回より実戦に復帰し、12位で完走を果たした。2010年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のチェコグランプリ

    2009年のチェコグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、マルコ・シモンチェリがマティア・パシーニとのバトルを制し、シーズン3勝目を挙げた。ポイントリーダーの青山博一は4位、それを追うアルバロ・バウティスタは3位となり、両者のポイント差は12に詰まった。2009年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスもウェットレースとなった。こちらもポイントリーダーの青山博一がレースをリードし、後続を大きく離してシーズン3勝目を挙げた。またこのレースには、負傷療養中のウラジミール・レオノフの代役として43歳のラルフ・ウォルドマンが2002年シーズン以来となるグランプリ復帰を遂げたが、結果は転倒リタイヤに終わった。2009年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「青山博一」のニューストピックワード