前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • ロードレース世界選手権

    ロードレース世界選手権から見た青山博一青山博一

    日本人では原田哲也()、加藤大治郎()、青山博一()の3人がタイトルを獲得している。1990年代前半は岡田忠之、原田哲也、青木宣篤ら日本人トリオが活躍した。ロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・シモンチェリ

    マルコ・シモンチェリから見た青山博一青山博一

    も250ccクラスに残留し、タイトル防衛を目指した。しかしシーズン開幕前のモトクロスによるトレーニング中に右手舟状骨を骨折してしまい開幕戦カタールGPを欠場する。続く第2戦日本GPも17位でノーポイントに終わる。そのためシーズン序盤は、青山博一、アルバロ・バウティスタらライバルたちにタイトル争いで後れを取る。しかしシーズン中盤以降は調子を取り戻して勝利を重ね、ランキングトップの青山に猛追していった。最終戦バレンシアGP、シモンチェリが逆転チャンピオンとなるには、自身が優勝し、青山が12位以下に終わるという条件だった。青山は途中コースアウトを喫し11位にまで沈むが、トップを走行していたシモンチェリはその直後に転倒、リタイヤとなってしまった。結局このレースに優勝したエクトル・バルベラに逆転され、シリーズランキングは3位に終わった。マルコ・シモンチェリ フレッシュアイペディアより)

  • 清成龍一

    清成龍一から見た青山博一青山博一

    7月には前年同様にHARC-PROから鈴鹿8時間耐久レースに参戦。最多優勝記録タイ(4勝)に高橋 巧、青山博一と臨んだが、デグナーコーナーで清成が転倒し、マシンから漏れたガソリンに引火しマシンが炎上。消火後マシンをピットまで戻し、スタッフの必死の修復作業で終了1時間前に修理が終わり、コース復帰したものの50周遅れの41位という結果となった。清成龍一 フレッシュアイペディアより)

  • ラファエレ・デ・ロサ

    ラファエレ・デ・ロサから見た青山博一青山博一

    、デ・ロサは250ccクラスにステップアップを果たし、チーム・スコットで青山博一のチームメイトとしてホンダ・RS250RWを駆ることになった。開幕から安定して上位でのフィニッシュを続け、第15戦オーストラリアGPではクラス初のポールポジションから初表彰台となる3位を獲得、最終戦バレンシアGPでも3位を獲得し、前年度125ccクラスチャンピオンのマイク・ディ・メッリオを上回るシリーズランキング6位を記録、見事ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。ラファエレ・デ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • チーム・スコット

    チーム・スコットから見た青山博一青山博一

    一方、この年が最後の開催となった250ccクラスではKTMから移籍してきた青山博一が見事チャンピオンを獲得、125ccクラスからステップアップしてきたラファエレ・デ・ロサがシリーズ6位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得するという大活躍を見せた。チーム・スコット フレッシュアイペディアより)

  • パドック・グランプリ・チーム・マネージメント

    パドック・グランプリ・チーム・マネージメントから見た青山博一青山博一

    シーズン、これまでサブスポンサーに就いていたオーストリアのインターネットブックメーカーであるインターウェッテン社がメインスポンサーに替わり、チームは新たに最高峰MotoGPクラスに参戦を開始した。ライダーは前年の250ccクラスチャンピオンの青山博一、マシンはホンダ・RC212Vという体制で、「インターウェッテン・ホンダ・MotoGP・チーム」の名前でエントリー。250ccクラス後継のMoto2クラスには、ルティがチームに残留し日本のモリワキのシャシーで「インターウェッテン・モリワキ・Moto2」として参戦した。さらに125ccクラスにはドイツのマルセル・シュロッターがエントリーし、チームはロードレース世界選手権の全クラスに同時参戦することとなった。MotoGPクラスの青山は第5戦イギリスGPで椎骨骨折の重傷を負ったため、第6 - 7戦は秋吉耕佑が、第8 - 10戦はアレックス・デ・アンジェリスが代役を務めた。第15戦マレーシアGPで最高位7位を記録した青山のシリーズ順位は15位となった。Moto2クラスのルティは5度表彰台を獲得しシリーズ4位を記録、125ccクラスのシュロッターは開発の止まっているホンダ・RS125Rで苦戦が続いてシリーズ18位に終わった。パドック・グランプリ・チーム・マネージメント フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のカタールグランプリ

    2011年のカタールグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜日の決勝では、序盤はストーナーとペドロサによるトップ争いが展開された。中盤以降にはストーナーが引き離しを掛けて独走、開幕戦を制した。またロレンソが追い上げを見せ、ペドロサとの2位争いを制した。ロッシは7位でドゥカティでの初戦を終えた。このシーズングレシーニ・チームに移籍し、今回喪章を付けてレースに臨んだ青山博一は、前年と同じ10位で開幕戦を終えた。2011年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    3番手には終始単独走行となったケーシー・ストーナー、4番手にはフィニッシュライン直前でバレンティーノ・ロッシを差したアンドレア・ドヴィツィオーゾが続いた。青山博一はカル・クラッチローとのバトルを制し、サテライト勢2番手となる7位でフィニッシュを果たした。2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のカタールグランプリ

    2010年のカタールグランプリから見た青山博一青山博一

    MotoGPクラスでは、今回ベテランのロリス・カピロッシがグランプリ参戦通算300戦目を迎えた。予選では開幕前テストでの好調を維持したドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーがポールポジションを獲得、続いてフィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソが2番手・3番手となった。4番手にはホンダ勢最上位となるLCRのランディ・ド・プニエが入った。このレースがMotoGPデビュー戦となるインターウェッテン・ホンダの青山博一は、ルーキーの中では最上位となる10番手からのスタートとなった。2010年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のインディアナポリスグランプリ

    2010年のインディアナポリスグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜の決勝レース、序盤はスピーズがトップを維持していたが、7周目にレプソル・ホンダのダニ・ペドロサがトップに立つとそのまま独走態勢を築くことに成功し、シーズン3勝目を遂げた。スピーズはこれまでで自己ベストリザルトとなる2位、3位にはホルヘ・ロレンソが続いた。第5戦イギリスGPでの転倒により椎骨を骨折し欠場を続けていたインターウェッテン・ホンダの青山博一は今回より実戦に復帰し、12位で完走を果たした。2010年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示