86件中 11 - 20件表示
  • 2010年の日本グランプリ (ロードレース)

    2010年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    土曜日の予選ではそのペドロサのチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾが、自身クラス初となるポールポジションを獲得した。日曜の決勝レースでは前戦に引き続いてドゥカティ・マルボロのケーシー・ストーナーが速さを見せ、独走で2連勝・シーズン2勝目を遂げた。2位にはドヴィツィオーゾ、3位にはファイナルラップまで続いたチームメイトのホルヘ・ロレンソとの激しいバトルを制した、フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシが入った。初の地元MotoGPレースとなった青山博一は、ここまでの自己ベストタイとなる10位で完走を果たした。2010年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    インターウェッテン・ホンダの青山博一は予選14番手、スタートでの他車との接触で最後尾にまで落ちるが、好タイムを連発し4位争いの集団に追いつく。終盤はマルコ・シモンチェリと何度も接触する激しいバトルを制し、ここまでの自己ベストリザルトとなる7位でフィニッシュを果たした。2010年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のインディアナポリスグランプリ

    2009年のインディアナポリスグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリがライバルを寄せ付けず2連勝・シーズン4勝目を挙げた。2位青山博一、3位アルバロ・バウティスタとなり、ランキングトップの青山はバウティスタとのポイント差は16に広げたが、シモンチェリが27ポイント差にまで迫ることとなった。2009年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタールグランプリ

    2009年のカタールグランプリから見た青山博一青山博一

    この雨により、投光器に照らされてギラついた路面がライダーたちにとって危険になる恐れが出てきたため、残り2クラスのレースをおこなうかどうか話し合いがもたれた。レースのオーガナイザー、安全面担当の代表者であるフランコ・ウンチーニ、バレンティーノ・ロッシやロリス・カピロッシらライダーを乗せたセーフティーカーが、雨が止んで乾きつつある路面の調査のためコースに出た。結果、当初予定の40分遅れで250ccクラス決勝をスタート、ただしMotoGPクラス開始の遅れを防ぐため、周回数は20周から13周(フルポイントが与えられるギリギリの周回数)に減らされることになった。レースは問題なくおこなわれ、エクトル・バルベラが優勝、伏兵ジュール・クルーセルが2位に入った。ルーキーのマイク・ディ・メッリオはファイナルラップにチームメイトのアルバロ・バウティスタとホンダのラファエレ・デ・ロサをオーバーテイクして3位表彰台に立った。青山博一もその2台をかわして4位を確保した。2009年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本グランプリ (ロードレース)

    2009年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではポールポジションからスタートしたマルコ・シモンチェリがレースをリードしていたが、8周目に縁石にタイヤをヒットさせてしまいトラブルでピットイン。代わってホームグランプリの青山博一がトップに立ったが、レース残り5周となった時にアルバロ・バウティスタが博一をオーバーテイク、そのままトップでフィニッシュし、ライバルの地元での勝利を遂げた。博一は2位、また弟の青山周平がワイルドカード枠で出場し、6位に入賞した。2009年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のチェコグランプリ

    2009年のチェコグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、マルコ・シモンチェリがマティア・パシーニとのバトルを制し、シーズン3勝目を挙げた。ポイントリーダーの青山博一は4位、それを追うアルバロ・バウティスタは3位となり、両者のポイント差は12に詰まった。2009年のチェコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリが後続を引き離してシーズン5勝目を挙げた。続いてマイク・ディ・メッリオとエクトル・バルベラが同時にフィニッシュし、ビデオ判定でも優劣が付かなかったため、規定に基づいてレース中の自己ベストラップタイムが良い方が上位とされ、ディ・メッリオ(1分40秒961がベスト)が2位、バルベラ(同1分41秒169)が3位となった。ポイントリーダーの青山博一は4位に終わったが、アルバロ・バウティスタが転倒リタイヤとなり、両者のポイント差は26に広がった。一方今回勝利のシモンチェリは青山から28ポイント差に迫ってきた。2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスは、ポールポジションからスタートしたポイントリーダーの青山博一がランキング2位のマルコ・シモンチェリとのバトルを制してシーズン4勝目を挙げ、21ポイント差を付けてチャンピオン獲得に王手をかけた。シモンチェリは終盤はエクトル・バルベラと2位を争った結果、第14戦ポルトガルGPと同様に同着判定となり、2分8秒087がレース中自己ベストタイムのバルベラが2位、2分8秒244がベストのシモンチェリが3位という結果になった。3戦連続の転倒に終わったアルバロ・バウティスタはランキング4位に落ち、タイトル獲得の可能性が消えた。2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2008年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、アルバロ・バウティスタとマルコ・シモンチェリがトップ争いを展開していたものの、ファイナルラップに両者は接触してリタイア。3番手に付けていたミカ・カリオがクラス3勝目をさらっていった。前戦デビューウィンを飾ったマティア・パシーニは2位、3位に高橋裕紀、4位に青山博一と続いた。2008年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、ポイントリーダーのマルコ・シモンチェリは表彰台に立てば無条件でチャンピオンを獲得できる状況だった。決勝はランキング2位のアルバロ・バウティスタがシーズン4勝目を挙げた。2位には青山博一、シモンチェリは3位表彰台で初のワールドチャンピオンに輝いた。なおシモンチェリはヘルメットをかぶらずにウィニングランをおこなったことにより、1000ドルの罰金支払いが命じられた。2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示