77件中 21 - 30件表示
  • 2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    3番手には終始単独走行となったケーシー・ストーナー、4番手にはフィニッシュライン直前でバレンティーノ・ロッシを差したアンドレア・ドヴィツィオーゾが続いた。青山博一はカル・クラッチローとのバトルを制し、サテライト勢2番手となる7位でフィニッシュを果たした。2011年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のインディアナポリスグランプリ

    2009年のインディアナポリスグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリがライバルを寄せ付けず2連勝・シーズン4勝目を挙げた。2位青山博一、3位アルバロ・バウティスタとなり、ランキングトップの青山はバウティスタとのポイント差は16に広げたが、シモンチェリが27ポイント差にまで迫ることとなった。2009年のインディアナポリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本グランプリ (ロードレース)

    2011年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    バレンティーノ・ロッシは1周目にロレンソ、ベン・スピーズと接触してシーズン初のリタイヤとなった。他にアルバロ・バウティスタが4位走行中の14周目に単独転倒、エクトル・バルベラは2周目のクラッシュで右鎖骨骨折等の重傷を負い次戦欠場となるなど荒れたレースとなった。そんな中地元勢は全員が生き残り、青山博一が9位、秋吉が12位、伊藤が13位で完走を果たした。2011年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    続いて2列目にはコーリン・エドワーズがヤマハ勢最上位の4番手に入る健闘を見せ、5番手にはマルコ・シモンチェリ、6番手にはニッキー・ヘイデンが続いた。7番手には250ccクラス時代からセパンを得意とする青山博一が入り、自身クラスベストグリッドを記録した。前戦の予選で頭部を強打したベン・スピーズはフリー走行・予選と転倒を繰り返し再び頭部にダメージを負ったため、決勝はまたも欠場となった2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・バルベラ

    エクトル・バルベラから見た青山博一青山博一

    はシト・ポンス率いるぺぺ・ワールド・アプリリアチームに移籍。開幕戦カタールGPではクラス2勝目を挙げ、自らの復帰を勝利で飾った。その後シーズン中盤にかけては青山博一、アルバロ・バウティスタ、マルコ・シモンチェリによるチャンピオン争いには絡めずにランキング4位に甘んじていたが、終盤は2勝を含む5連続表彰台に立つ活躍を見せ、シリーズランキング2位を獲得した。エクトル・バルベラ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタールグランプリ

    2009年のカタールグランプリから見た青山博一青山博一

    この雨により、投光器に照らされてギラついた路面がライダーたちにとって危険になる恐れが出てきたため、残り2クラスのレースをおこなうかどうか話し合いがもたれた。レースのオーガナイザー、安全面担当の代表者であるフランコ・ウンチーニ、バレンティーノ・ロッシやロリス・カピロッシらライダーを乗せたセーフティーカーが、雨が止んで乾きつつある路面の調査のためコースに出た。結果、当初予定の40分遅れで250ccクラス決勝をスタート、ただしMotoGPクラス開始の遅れを防ぐため、周回数は20周から13周(フルポイントが与えられるギリギリの周回数)に減らされることになった。レースは問題なくおこなわれ、エクトル・バルベラが優勝、伏兵ジュール・クルーセルが2位に入った。ルーキーのマイク・ディ・メッリオはファイナルラップにチームメイトのアルバロ・バウティスタとホンダのラファエレ・デ・ロサをオーバーテイクして3位表彰台に立った。青山博一もその2台をかわして4位を確保した。2009年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のバレンシアグランプリ

    2004年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは新チャンピオンのダニ・ペドロサが独走し、シーズン7勝目を挙げた。2位はトニ・エリアス、続いて青山博一が3番手でフィニッシュしたが、レース後の車検で最低重量違反に問われ、失格となってしまった。2004年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のバレンシアグランプリ

    2011年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    3位はドヴィツィオーゾ、続いてファイナルラップにペドロサ、カレル・アブラハムとのバトルを制したカル・クラッチローが4位フィニッシュ、自身ベストリザルトを更新すると同時に、アブラハムと争ったルーキー・オブ・ザ・イヤーの座を手中に収めた。ヤマハの代役ライダー2人、中須賀とヘイズはそれぞれ6位・7位に入る健闘を見せた。カピロッシは9位完走で最後のレースを終えた。翌シーズンからのスーパーバイク世界選手権転向が決まっており、今回がグランプリでの当面最後のレースとなった青山博一はマシンのセッティングに苦しみ、ペースが上がらず最下位12位に終わった。2011年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • チーム・スコット

    チーム・スコットから見た青山博一青山博一

    一方、この年が最後の開催となった250ccクラスではKTMから移籍してきた青山博一が見事チャンピオンを獲得、125ccクラスからステップアップしてきたラファエレ・デ・ロサがシリーズ6位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得するという大活躍を見せた。チーム・スコット フレッシュアイペディアより)

  • ラファエレ・デ・ロサ

    ラファエレ・デ・ロサから見た青山博一青山博一

    、デ・ロサは250ccクラスにステップアップを果たし、チーム・スコットで青山博一のチームメイトとしてホンダ・RS250RWを駆ることになった。開幕から安定して上位でのフィニッシュを続け、第15戦オーストラリアGPではクラス初のポールポジションから初表彰台となる3位を獲得、最終戦バレンシアGPでも3位を獲得し、前年度125ccクラスチャンピオンのマイク・ディ・メッリオを上回るシリーズランキング6位を記録、見事ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。ラファエレ・デ・ロサ フレッシュアイペディアより)

77件中 21 - 30件表示

「青山博一」のニューストピックワード