86件中 21 - 30件表示
  • 2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2005年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝も雨のレースとなった。スタートから青山博一がレースをリードしていたが13周目に転倒、その後ランディ・ド・プニエがアンソニー・ウエスト、ケーシー・ストーナーとのバトルを制してシーズン初優勝を遂げた。ウエストはKTMの250ccクラスデビューレースでいきなり2位表彰台獲得という快挙を遂げた。ポイントランキングでは今回4位でフィニッシュしたダニ・ペドロサがトップを維持、2番手のストーナーとの差は34ポイントとなった。2005年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本グランプリ (ロードレース)

    2005年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、自身初のポールポジションからスタートした青山博一がレースを支配し、地元でグランプリ初優勝を遂げた。ファイナルラップにはアレックス・デ・アンジェリス、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサが2位争いを展開していたが、ロレンソがデ・アンジェリスを巻き込んで転倒、これを回避したペドロサが2位表彰台に立つこととなった。ロレンソは危険行為と見なされ、次戦出場停止のペナルティが課された。ポイントランキングではペドロサが2番手のケーシー・ストーナーとの差を63ポイントに広げた。2005年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2004年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝でも、雨に足をすくわれてマヌエル・ポジャーリ、青山博一、ダニ・ペドロサら上位陣が次々と転倒を喫する中、ロベルト・ロルフォが独走で自身グランプリ3勝目を挙げた。2004年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2004年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、自身クラス初のポールポジションからスタートしたダニ・ペドロサが独走し、シーズン2勝目を挙げた。7秒差の2番手にランディ・ド・プニエが続き、3番手にトニ・エリアス、4番手にはルーキーの青山博一が入った。2004年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のバレンシアグランプリ

    2004年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは新チャンピオンのダニ・ペドロサが独走し、シーズン7勝目を挙げた。2位はトニ・エリアス、続いて青山博一が3番手でフィニッシュしたが、レース後の車検で最低重量違反に問われ、失格となってしまった。2004年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本グランプリ (ロードレース)

    2003年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス予選では、土曜日のセッションが雨でタイム更新が不可能だったこともあり、地元ワイルドカード勢が速さを見せることとなった。6度目のGP出場となったハルクプロの青山博一(ホンダ)がポールポジションを獲得、2番グリッドにはSP忠男レーシングの中須賀克行(ヤマハ)が続いた。グリッド2列目からは、クラス唯一のフル参戦日本人ライダーとなった松戸直樹(ヤマハ・クルツ)が5番手、ダイドーMiuレーシングの高橋裕紀(ホンダ)が7番手からのスタートとなった。2003年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本グランプリ (ロードレース)

    2002年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは例年どおり地元ワイルドカード勢が強さを見せ、35歳のベテラン宮崎敦(ヤマハ)が独走でグランプリ初優勝を遂げた。2位もワイルドカード出場の酒井大作(ホンダ)が続いた。激しいバトルが展開された3位争いには青山博一、青木治親の2人が加わっていたが、ファイナルラップに博一は体勢を崩して下位に沈み、治親は転倒を喫しリタイヤとなり、ランディ・ド・プニエが表彰台に立つこととなった。2002年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国グランプリ (ロードレース)

    2005年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではアンドレア・ドヴィツィオーゾとのマッチレースを制したケーシー・ストーナーが2連勝を遂げた。3位にはシーズン初の表彰台となる青山博一が入った。ダニ・ペドロサは前戦ポルトガルGPに続いてまたもヘルメットのバイザーが曇るトラブルに遭い、6位に沈んだ。2005年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • KTM (オートバイ)

    KTM (オートバイ)から見た青山博一青山博一

    2006年 - MotoGP・GP250クラスで青山博一が勝利をあげた。KTM (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2010年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    日曜の決勝前のウォームアップランでは、インターウェッテン・ホンダの青山博一がハイサイドから転倒し腰を強打、検査の結果第12胸椎の骨折と診断された。これにより青山は第10戦チェコGPまで欠場することとなった。2010年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「青山博一」のニューストピックワード