86件中 31 - 40件表示
  • アレックス・デ・アンジェリス

    アレックス・デ・アンジェリスから見た青山博一青山博一

    はMotoGPクラスのシートを見つけることができず、シーズン当初は250ccクラス後継のMoto2クラスにチーム・スコットから参戦した。シーズン中盤の第8戦ドイツGPから第10戦ドイツGPにかけてはMotoGPクラスに復帰し、インターウェッテン・ホンダチームで負傷欠場中の青山博一の代役を務めた。その後はスコットMoto2に戻るはずだったがチームは解散し、一時的にシートを失ってしまった。第12戦地元サンマリノGPからはJiRのシートを獲得し、残りシーズン7レースに参戦することになった。アレックス・デ・アンジェリス フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)

    2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、トニ・エリアスが独走でポール・トゥ・フィニッシュ、シーズン4勝目を挙げた。春の鈴鹿では揃って表彰台に立ったワイルドカード勢の高橋裕紀、青山博一は、今回はそれぞれ4位・5位に終わった。2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本グランプリ (ロードレース)

    2004年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでも、ポイントリーダーのダニ・ペドロサがトニ・エリアスとのバトルを制してシーズン5勝目を挙げた。3位にはフル参戦開始後初の表彰台となる地元青山博一が入った。ポイントランキングでは、ペドロサが2位ランディ・ド・プニエに対し47ポイント、3位セバスチャン・ポルトに対し48ポイントと差を広げた。2004年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・ロードレーサー

    ホンダ・ロードレーサーから見た青山博一青山博一

    にフレディ・スペンサーが駆り、250ccクラスの世界チャンピオン。同年に小林大が駆り、250ccクラスの全日本チャンピオンとなる。2009年に青山博一が250ccクラスの世界チャンピオンとなる。ホンダ・ロードレーサー フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・プーチ

    アルベルト・プーチから見た青山博一青山博一

    同じくにはロードレース世界選手権125ccクラスのチーム「テレフォニカ・モビスター・ジュニア・ホンダ」のチーム監督としての活動を開始し、にはダニ・ペドロサが125ccクラスのチャンピオンを獲得した。また同年より250ccクラスにも参戦を開始し、翌からは250ccクラスのみに集中、・とペドロサが同クラス連覇を果たした。また2004年から始まったホンダの若手日本人ライダー育成制度「Honda Racingスカラーシップ」の受け皿となり、第1期ライダーの青山博一のデビューチームとなった。アルベルト・プーチ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2007年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではスタートからレースをリードしていたアレックス・デ・アンジェリスが27周のレースの26周目に転倒、2位に付けていたアンドレア・ドヴィツィオーゾがシーズン2勝目を挙げた。転倒後レースに復帰したデ・アンジェリスが2位、3位にはシーズン初の表彰台となるKTMの青山博一が入った。ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは転倒リタイヤに終わり、ランキング2位のドヴィツィオーゾが11ポイント差、3位のデ・アンジェリスが18ポイント差に迫ってきた。2007年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2007年のドイツグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、KTMの青山博一がアレックス・デ・アンジェリスとのバトルを制し、シーズン初の優勝を果たした。青山のチームメイトのミカ・カリオもファイナルラップにデ・アンジェリスをオーバーテイクし、KTMはグランプリ初の1-2フィニッシュを達成した。またカリオはこれが250ccクラス初の表彰台となった。2007年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本グランプリ (ロードレース)

    2007年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、KTMのミカ・カリオがアンドレア・ドヴィツィオーゾとのバトルを制し、クラス初優勝を遂げた。ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは11位に沈み、ランキング2位のドヴィツィオーゾとのポイント差は36に縮まった。地元勢では高橋裕紀が一時トップを走行していたが終盤にコースアウトを喫して4位、青山博一は2位を走行していたが終盤に転倒し8位、ポールポジションの青山周平は9位に終わった。2007年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスは今回ホルヘ・ロレンソのシリーズ2連覇が懸かっていた(11位以上でフィニッシュすれば無条件でチャンピオン確定)。決勝レースはポールポジションからスタートしたKTMの青山博一がシーズン2勝目を挙げた。続いてエクトル・バルベラが2位、ロレンソは3位表彰台に立ち2年連続の250ccクラス世界チャンピオンに輝いた。ランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾは終盤にミカ・カリオと接触・転倒し11位に終わった。2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2006年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、金曜日の予選セッションで転倒した関口太郎が右の大腿骨を骨折。この重傷により関口はこのレースを含め10戦もの長期欠場を強いられることとなった。決勝レースでは地元ホルヘ・ロレンソが独走し、自身クラス初優勝を果たした。2位にアレックス・デ・アンジェリス、3位にアンドレア・ドヴィツィオーゾと続いた。このシーズンからKTMに移籍した青山博一は6位で初戦を終えた。2006年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

86件中 31 - 40件表示