77件中 31 - 40件表示
  • 秋吉耕佑

    秋吉耕佑から見た青山博一青山博一

    またロードレース世界選手権第5戦イギリスGPでの転倒により椎骨骨折の重傷を負った青山博一の代役として、インターウェッテン・ホンダチームから第6戦ダッチTT、第7戦カタルーニャGPの2戦に出場。両レースともポイント圏内で完走を果たした。秋吉耕佑 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・バウティスタ

    アルバロ・バウティスタから見た青山博一青山博一

    もアスパー・チームに残留。スコット・ホンダの青山博一とチャンピオン争いを演じ、シーズン中盤まではランキング2位に付けていたが、終盤戦で調子を落として最終的なランキングは4位に終わった。第11戦チェコGPではバウティスタは3位に入ったが、フィニッシュ後のウィリーのパフォーマンスに失敗して転倒、マシンを大破させてしまった。アルバロ・バウティスタ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ポジャーリ

    マヌエル・ポジャーリから見た青山博一青山博一

    は再び250ccクラスに戻り、レッドブルKTMチームで青山博一のチームメイトを務めたが、青山がシーズン2勝・シリーズ4位と活躍する一方、ポジャーリはシリーズ14位に沈み、KTMとの契約はこの年限りとなった。は125cc、250cc、スーパーバイクのチームからオファーがあったものの全てを断り、2008年により良いオファーが来ることを望んで1年間の休養を選択した。マヌエル・ポジャーリ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のカタールグランプリ

    2011年のカタールグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜日の決勝では、序盤はストーナーとペドロサによるトップ争いが展開された。中盤以降にはストーナーが引き離しを掛けて独走、開幕戦を制した。またロレンソが追い上げを見せ、ペドロサとの2位争いを制した。ロッシは7位でドゥカティでの初戦を終えた。このシーズングレシーニ・チームに移籍し、今回喪章を付けてレースに臨んだ青山博一は、前年と同じ10位で開幕戦を終えた。2011年のカタールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グレシーニ・レーシング

    グレシーニ・レーシングから見た青山博一青山博一

    シーズン、MotoGPクラスではメランドリに代わり青山博一がシモンチェリのチームメイトを務める。Moto2クラスのライダーは一新され、高橋裕紀とミケーレ・ピロのペアとなる。しかしMotoGPクラス第17戦での事故によりシモンチェリを失い、チームは最終戦の欠場も検討していたが追悼のためとして参戦を決意し、Moto2クラスでピロが初優勝を果たした。グレシーニ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・カリオ

    ミカ・カリオから見た青山博一青山博一

    125ccクラスで5シーズンを経験した後、にカリオは250ccクラスへステップアップし、レッドブル・KTMチームで日本の青山博一のチームメイトとなった。翌もチームに残留する。第8戦イギリスGPで14番グリッドから優勝を果たし、ポイントランキングのトップに躍り出たが、その後はライバルのピアジオ勢(アプリリア、ジレラ)のマシンの速さについて行けず、マルコ・シモンチェリ、アルバロ・バウティスタの2人に抜かれてランキング3位に終わった。ミカ・カリオ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、ポイントリーダーのマルコ・シモンチェリは表彰台に立てば無条件でチャンピオンを獲得できる状況だった。決勝はランキング2位のアルバロ・バウティスタがシーズン4勝目を挙げた。2位には青山博一、シモンチェリは3位表彰台で初のワールドチャンピオンに輝いた。なおシモンチェリはヘルメットをかぶらずにウィニングランをおこなったことにより、1000ドルの罰金支払いが命じられた。2008年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2011年のオランダグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    MotoGPでは今回、第4戦フランスGPでのクラッシュで右鎖骨を骨折し欠場が続くダニ・ペドロサの代役として、青山博一がレプソル・ホンダチームからエントリー。ワークス仕様のRC212Vを駆る機会を得た。またグレシーニチームではその青山の代役にHRCの開発ライダーである秋吉耕佑を起用した。2011年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2009年のオランダグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではシリーズランキングトップを争う青山博一とアルバロ・バウティスタの対決となった。レース残り2周の時、シケインでミスを犯して失速した青山のテールにバウティスタが追突。バウティスタは転倒リタイヤ、青山がシーズン2勝目を挙げる結末となった。2009年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • パドック・グランプリ・チーム・マネージメント

    パドック・グランプリ・チーム・マネージメントから見た青山博一青山博一

    シーズン、これまでサブスポンサーに就いていたオーストリアのインターネットブックメーカーであるインターウェッテン社がメインスポンサーに替わり、チームは新たに最高峰MotoGPクラスに参戦を開始した。ライダーは前年の250ccクラスチャンピオンの青山博一、マシンはホンダ・RC212Vという体制で、「インターウェッテン・ホンダ・MotoGP・チーム」の名前でエントリー。250ccクラス後継のMoto2クラスには、ルティがチームに残留し日本のモリワキのシャシーで「インターウェッテン・モリワキ・Moto2」として参戦した。さらに125ccクラスにはドイツのマルセル・シュロッターがエントリーし、チームはロードレース世界選手権の全クラスに同時参戦することとなった。MotoGPクラスの青山は第5戦イギリスGPで椎骨骨折の重傷を負ったため、第6 - 7戦は秋吉耕佑が、第8 - 10戦はアレックス・デ・アンジェリスが代役を務めた。第15戦マレーシアGPで最高位7位を記録した青山のシリーズ順位は15位となった。Moto2クラスのルティは5度表彰台を獲得しシリーズ4位を記録、125ccクラスのシュロッターは開発の止まっているホンダ・RS125Rで苦戦が続いてシリーズ18位に終わった。パドック・グランプリ・チーム・マネージメント フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示

「青山博一」のニューストピックワード