77件中 41 - 50件表示
  • 2008年の中国グランプリ (ロードレース)

    2008年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝は一部路面が濡れている状態から始まり、周回を重ねるごとに乾いていく状況の中、ポイントリーダーのミカ・カリオがシーズン2勝目を挙げた。2位にはチームメイトの青山博一が入り、KTMのファクトリーチームとして1-2フィニッシュを達成した。3番手を走行していた高橋裕紀はファイナルラップにコースアウトを喫して7位に終わり、代わってマティア・パシーニが3位表彰台に立った。2008年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国グランプリ (ロードレース)

    2005年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではアンドレア・ドヴィツィオーゾとのマッチレースを制したケーシー・ストーナーが2連勝を遂げた。3位にはシーズン初の表彰台となる青山博一が入った。ダニ・ペドロサは前戦ポルトガルGPに続いてまたもヘルメットのバイザーが曇るトラブルに遭い、6位に沈んだ。2005年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2004年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、自身クラス初のポールポジションからスタートしたダニ・ペドロサが独走し、シーズン2勝目を挙げた。7秒差の2番手にランディ・ド・プニエが続き、3番手にトニ・エリアス、4番手にはルーキーの青山博一が入った。2004年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2011年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    青山博一はオープニングラップの1コーナーでコース外へと弾き出されてしまったものの、そこから追い上げ4戦連続のトップ10入りとなる8位でフィニッシュした。2011年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ダニ・ペドロサ

    ダニ・ペドロサから見た青山博一青山博一

    ペドロサは以前スペインメーカーのヘルメットを使用していたが、2005年シーズン中に当時のチームメイト・青山博一が日本のアライを使用していた関係で同社のヘルメット「RX-7RR4」をテストした。特に雨の日のシールドの曇りに不満を持っていたペドロサだったが、アライ製ヘルメットのシールドが雨でも曇らないことに感激。その後、シーズン中にもかかわらず前メーカーとの契約を解除してアライと契約した。ちなみに青山とは同じプーチ門下生ということもあり親友とも呼べる存在であるという。ダニ・ペドロサ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ポケットバイク選手権

    全日本ポケットバイク選手権から見た青山博一青山博一

    1985年第1回全日本ポケットバイク選手権が日本ポケットバイク協会(JPA)と株式会社日本ライフ社の共催により、筑波サーキット本コースにおいて開催された。当時の出場者には後にGPライダーとして世界で活躍することとなった青木宣篤、青木拓磨、青木治親の青木三兄弟をはじめ、宇川徹、加藤大治郎、松戸直樹等の選手が参加していた。以来この大会がキッズモータースポーツの登竜門となり、現在GPライダーとして活躍する、青山周平、青山博一、小山知良、高橋裕紀、中野真矢をはじめ、スーパーバイクの中冨伸一や、注目を集めている中上貴晶、富沢祥也などと、毎年のように有望ライダーを輩出している。全日本ポケットバイク選手権 フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・プーチ

    アルベルト・プーチから見た青山博一青山博一

    同じくにはロードレース世界選手権125ccクラスのチーム「テレフォニカ・モビスター・ジュニア・ホンダ」のチーム監督としての活動を開始し、にはダニ・ペドロサが125ccクラスのチャンピオンを獲得した。また同年より250ccクラスにも参戦を開始し、翌からは250ccクラスのみに集中、・とペドロサが同クラス連覇を果たした。また2004年から始まったホンダの若手日本人ライダー育成制度「Honda Racingスカラーシップ」の受け皿となり、第1期ライダーの青山博一のデビューチームとなった。アルベルト・プーチ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本グランプリ (ロードレース)

    2009年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではポールポジションからスタートしたマルコ・シモンチェリがレースをリードしていたが、8周目に縁石にタイヤをヒットさせてしまいトラブルでピットイン。代わってホームグランプリの青山博一がトップに立ったが、レース残り5周となった時にアルバロ・バウティスタが博一をオーバーテイク、そのままトップでフィニッシュし、ライバルの地元での勝利を遂げた。博一は2位、また弟の青山周平がワイルドカード枠で出場し、6位に入賞した。2009年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)

    2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリが後続を引き離してシーズン5勝目を挙げた。続いてマイク・ディ・メッリオとエクトル・バルベラが同時にフィニッシュし、ビデオ判定でも優劣が付かなかったため、規定に基づいてレース中の自己ベストラップタイムが良い方が上位とされ、ディ・メッリオ(1分40秒961がベスト)が2位、バルベラ(同1分41秒169)が3位となった。ポイントリーダーの青山博一は4位に終わったが、アルバロ・バウティスタが転倒リタイヤとなり、両者のポイント差は26に広がった。一方今回勝利のシモンチェリは青山から28ポイント差に迫ってきた。2009年のポルトガルグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリがレースをリード中、19周目にロベルト・ロカテリの転倒により赤旗が提示され、18周終了時点をもってレース成立となった。シモンチェリはシーズン6勝目でシリーズランキング2位に浮上、ポイントリーダーの青山博一は7位に終わったことで両者のポイント差は12に縮まった。アルバロ・バウティスタは転倒で10位に終わり、ランキング3位に落ちた。2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示

「青山博一」のニューストピックワード