86件中 41 - 50件表示
  • 2006年のトルコグランプリ (ロードレース)

    2006年のトルコグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝では、開幕から2連勝していたホルヘ・ロレンソはスタート直後にルーキーの青山周平と接触しリタイヤに終わる。その後は6台による激しいトップ争いが展開、最終的には青山博一が移籍後初優勝を遂げ、KTMに250ccクラス初勝利をもたらした。2位にはエクトル・バルベラ、3位にアンドレア・ドヴィツィオーゾと続いた。これでポイントランキングでは開幕から3連続表彰台のドヴィツィオーゾがトップに立ち、僅差でロレンソ、青山博一が追う形となった。2006年のトルコグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の中国グランプリ (ロードレース)

    2006年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス予選ではエクトル・バルベラが自身クラス初のポールポジションを獲得、決勝でもバルベラはアンドレア・ドヴィツィオーゾとのバトルに競り勝ってクラス初優勝を果たした。3位には前戦の勝者青山博一が入った。ポイントランキングではドヴィツィオーゾがトップを維持、バルベラが2位に浮上、3位ロレンソとなった。2006年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2006年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝は自身クラス初となるポールポジションを獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾと、チームメイトの高橋裕紀のマッチレースとなった。最後は高橋が0.098秒差でドヴィツィオーゾを抑えきり、フル参戦2シーズン目にしてグランプリ初優勝を遂げた。3位には兄の博一とのバトルを制したルーキーの青山周平が入って初表彰台を獲得、ホンダ勢が表彰台を独占した。2006年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本グランプリ (ロードレース)

    2006年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝ではKTMの青山博一が、アレックス・デ・アンジェリスとのバトルを制して2年連続地元GP優勝となるシーズン2勝目を遂げ、表彰台の頂点で大泣きした。。ポイントランキングトップのホルヘ・ロレンソは3位、同2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾは4位フィニッシュとなり、両者のポイント差は27に広がった。2006年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • グレシーニ・レーシング

    グレシーニ・レーシングから見た青山博一青山博一

    シーズン、MotoGPクラスではメランドリに代わり青山博一がシモンチェリのチームメイトを務める。Moto2クラスのライダーは一新され、高橋裕紀とミケーレ・ピロのペアとなる。しかしMotoGPクラス第17戦での事故によりシモンチェリを失い、チームは最終戦の欠場も検討していたが追悼のためとして参戦を決意し、Moto2クラスでピロが初優勝を果たした。グレシーニ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ポケットバイク

    ポケットバイクから見た青山博一青山博一

    小さな車体は子供でも容易に扱うことができ、日本でキッズモータースポーツの入門カテゴリーとしてブームとなった。全国で多くのポケットバイクレースが行われるようになり、その中からロードレースのワールドチャンピオンが多く誕生した。ポケットバイク出身のGPライダーとしては、青木宣篤、青木拓磨、青木治親の青木三兄弟や青山周平と青山博一の青山兄弟、宇川徹、加藤大治郎、小山知良、高橋裕紀、中野真矢、原田哲也、松戸直樹などが有名である。これにより近年はヨーロッパやアメリカなど世界にも広がった。ポケットバイク フレッシュアイペディアより)

  • 秋吉耕佑

    秋吉耕佑から見た青山博一青山博一

    またロードレース世界選手権第5戦イギリスGPでの転倒により椎骨骨折の重傷を負った青山博一の代役として、インターウェッテン・ホンダチームから第6戦ダッチTT、第7戦カタルーニャGPの2戦に出場。両レースともポイント圏内で完走を果たした。秋吉耕佑 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)

    2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではマルコ・シモンチェリがレースをリード中、19周目にロベルト・ロカテリの転倒により赤旗が提示され、18周終了時点をもってレース成立となった。シモンチェリはシーズン6勝目でシリーズランキング2位に浮上、ポイントリーダーの青山博一は7位に終わったことで両者のポイント差は12に縮まった。アルバロ・バウティスタは転倒で10位に終わり、ランキング3位に落ちた。2009年のオーストラリアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2010年のオランダグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    MotoGPクラスでは、前回胸椎骨折の重傷を負ったインターウェッテン・ホンダの青山博一の代役として、HRCの開発ライダーを務める秋吉耕佑が出場した。2010年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2011年のオランダグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    MotoGPでは今回、第4戦フランスGPでのクラッシュで右鎖骨を骨折し欠場が続くダニ・ペドロサの代役として、青山博一がレプソル・ホンダチームからエントリー。ワークス仕様のRC212Vを駆る機会を得た。またグレシーニチームではその青山の代役にHRCの開発ライダーである秋吉耕佑を起用した。2011年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「青山博一」のニューストピックワード