86件中 51 - 60件表示
  • 2009年のオランダグランプリ (ロードレース)

    2009年のオランダグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではシリーズランキングトップを争う青山博一とアルバロ・バウティスタの対決となった。レース残り2周の時、シケインでミスを犯して失速した青山のテールにバウティスタが追突。バウティスタは転倒リタイヤ、青山がシーズン2勝目を挙げる結末となった。2009年のオランダグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・バルベラ

    エクトル・バルベラから見た青山博一青山博一

    はシト・ポンス率いるぺぺ・ワールド・アプリリアチームに移籍。開幕戦カタールGPではクラス2勝目を挙げ、自らの復帰を勝利で飾った。その後シーズン中盤にかけては青山博一、アルバロ・バウティスタ、マルコ・シモンチェリによるチャンピオン争いには絡めずにランキング4位に甘んじていたが、終盤は2勝を含む5連続表彰台に立つ活躍を見せ、シリーズランキング2位を獲得した。エクトル・バルベラ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本ポケットバイク選手権

    全日本ポケットバイク選手権から見た青山博一青山博一

    1985年第1回全日本ポケットバイク選手権が日本ポケットバイク協会(JPA)と株式会社日本ライフ社の共催により、筑波サーキット本コースにおいて開催された。当時の出場者には後にGPライダーとして世界で活躍することとなった青木宣篤、青木拓磨、青木治親の青木三兄弟をはじめ、宇川徹、加藤大治郎、松戸直樹等の選手が参加していた。以来この大会がキッズモータースポーツの登竜門となり、現在GPライダーとして活躍する、青山周平、青山博一、小山知良、高橋裕紀、中野真矢をはじめ、スーパーバイクの中冨伸一や、注目を集めている中上貴晶、富沢祥也などと、毎年のように有望ライダーを輩出している。全日本ポケットバイク選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RS

    ホンダ・RSから見た青山博一青山博一

    2002年以降はNSR250の投入を終了したこの車両にRS250Rにワークスキット(キットとはいうもの、実際はエンジンのクランクケースなどの一部パーツ以外は別物の為、ほぼワークス用のワンオフに近い)を組み込んだRS250RWが投入されたが2007年を以て開発終了した。GP250クラス最後のとなった2009年に青山博一が2年落ちとなるRS250RWでGP250クラス最後のチャンピオンを獲得している。ホンダ・RS フレッシュアイペディアより)

  • ハセガワ

    ハセガワから見た青山博一青山博一

    2010年より新たに展開を開始したシリーズ。レーサーモデルを中心に展開するということで、第1弾として2009年ロードレース世界選手権GP250ccクラスで青山博一選手が搭乗し、2ストローク250ccでの最後のチャンピオンを獲得したチーム・スコットRS250RWを発売した。オートバイモデルとしては後発になる為か、タミヤ等のキットをかなり研究した上で発売されているようである。ハセガワ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2011年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    青山博一はオープニングラップの1コーナーでコース外へと弾き出されてしまったものの、そこから追い上げ4戦連続のトップ10入りとなる8位でフィニッシュした。2011年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 桶川スポーツランド

    桶川スポーツランドから見た青山博一青山博一

    ライセンスフリーで走行できる。ミニバイクレースやカートレース、4輪ジムカーナ、4輪走行会など桶川スポーツランド主催のイベントやレースが多数ある。WGP の青山博一、青山周平、高橋裕紀も桶川スポーツランドで育つ。桶川スポーツランド フレッシュアイペディアより)

  • 西村章

    西村章から見た青山博一青山博一

    2010年にMotoGPのGP250?最終年のクラス王座に輝いた日本人選手、青山博一の戦いを中心に、リーマン・ショックに端を発した世界同時不況に翻弄される日本人ライダー達を追った『最後の王者』が、第17回小学館ノンフィクション大賞優秀賞、第22回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。西村章 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た青山博一青山博一

    MotoGPクラスでは玉田誠(ホンダ)が3位に入り、今季初の表彰台に。またGP250クラスでは青山博一が優勝、クラス初勝利に輝いた。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の中国グランプリ (ロードレース)

    2008年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝は一部路面が濡れている状態から始まり、周回を重ねるごとに乾いていく状況の中、ポイントリーダーのミカ・カリオがシーズン2勝目を挙げた。2位にはチームメイトの青山博一が入り、KTMのファクトリーチームとして1-2フィニッシュを達成した。3番手を走行していた高橋裕紀はファイナルラップにコースアウトを喫して7位に終わり、代わってマティア・パシーニが3位表彰台に立った。2008年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「青山博一」のニューストピックワード