77件中 51 - 60件表示
  • 2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスは、ポールポジションからスタートしたポイントリーダーの青山博一がランキング2位のマルコ・シモンチェリとのバトルを制してシーズン4勝目を挙げ、21ポイント差を付けてチャンピオン獲得に王手をかけた。シモンチェリは終盤はエクトル・バルベラと2位を争った結果、第14戦ポルトガルGPと同様に同着判定となり、2分8秒087がレース中自己ベストタイムのバルベラが2位、2分8秒244がベストのシモンチェリが3位という結果になった。3戦連続の転倒に終わったアルバロ・バウティスタはランキング4位に落ち、タイトル獲得の可能性が消えた。2009年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のバレンシアグランプリ

    2009年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    唯一最終戦までタイトル争いがもつれ込んだ250cクラス決勝は、次年度からMoto2クラスに替わることから今回が最後のレースになった。ポイントリーダーの青山博一は、ランキング2位のマルコ・シモンチェリが優勝しても11位以内で完走すればタイトルを獲得できる有利な位置にいた。2009年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2007年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスではスタートからレースをリードしていたアレックス・デ・アンジェリスが27周のレースの26周目に転倒、2位に付けていたアンドレア・ドヴィツィオーゾがシーズン2勝目を挙げた。転倒後レースに復帰したデ・アンジェリスが2位、3位にはシーズン初の表彰台となるKTMの青山博一が入った。ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは転倒リタイヤに終わり、ランキング2位のドヴィツィオーゾが11ポイント差、3位のデ・アンジェリスが18ポイント差に迫ってきた。2007年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2007年のドイツグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、KTMの青山博一がアレックス・デ・アンジェリスとのバトルを制し、シーズン初の優勝を果たした。青山のチームメイトのミカ・カリオもファイナルラップにデ・アンジェリスをオーバーテイクし、KTMはグランプリ初の1-2フィニッシュを達成した。またカリオはこれが250ccクラス初の表彰台となった。2007年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本グランプリ (ロードレース)

    2007年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、KTMのミカ・カリオがアンドレア・ドヴィツィオーゾとのバトルを制し、クラス初優勝を遂げた。ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは11位に沈み、ランキング2位のドヴィツィオーゾとのポイント差は36に縮まった。地元勢では高橋裕紀が一時トップを走行していたが終盤にコースアウトを喫して4位、青山博一は2位を走行していたが終盤に転倒し8位、ポールポジションの青山周平は9位に終わった。2007年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスは今回ホルヘ・ロレンソのシリーズ2連覇が懸かっていた(11位以上でフィニッシュすれば無条件でチャンピオン確定)。決勝レースはポールポジションからスタートしたKTMの青山博一がシーズン2勝目を挙げた。続いてエクトル・バルベラが2位、ロレンソは3位表彰台に立ち2年連続の250ccクラス世界チャンピオンに輝いた。ランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾは終盤にミカ・カリオと接触・転倒し11位に終わった。2007年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2006年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、金曜日の予選セッションで転倒した関口太郎が右の大腿骨を骨折。この重傷により関口はこのレースを含め10戦もの長期欠場を強いられることとなった。決勝レースでは地元ホルヘ・ロレンソが独走し、自身クラス初優勝を果たした。2位にアレックス・デ・アンジェリス、3位にアンドレア・ドヴィツィオーゾと続いた。このシーズンからKTMに移籍した青山博一は6位で初戦を終えた。2006年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のトルコグランプリ (ロードレース)

    2006年のトルコグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝では、開幕から2連勝していたホルヘ・ロレンソはスタート直後にルーキーの青山周平と接触しリタイヤに終わる。その後は6台による激しいトップ争いが展開、最終的には青山博一が移籍後初優勝を遂げ、KTMに250ccクラス初勝利をもたらした。2位にはエクトル・バルベラ、3位にアンドレア・ドヴィツィオーゾと続いた。これでポイントランキングでは開幕から3連続表彰台のドヴィツィオーゾがトップに立ち、僅差でロレンソ、青山博一が追う形となった。2006年のトルコグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の中国グランプリ (ロードレース)

    2006年の中国グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス予選ではエクトル・バルベラが自身クラス初のポールポジションを獲得、決勝でもバルベラはアンドレア・ドヴィツィオーゾとのバトルに競り勝ってクラス初優勝を果たした。3位には前戦の勝者青山博一が入った。ポイントランキングではドヴィツィオーゾがトップを維持、バルベラが2位に浮上、3位ロレンソとなった。2006年の中国グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のフランスグランプリ (ロードレース)

    2006年のフランスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝は自身クラス初となるポールポジションを獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾと、チームメイトの高橋裕紀のマッチレースとなった。最後は高橋が0.098秒差でドヴィツィオーゾを抑えきり、フル参戦2シーズン目にしてグランプリ初優勝を遂げた。3位には兄の博一とのバトルを制したルーキーの青山周平が入って初表彰台を獲得、ホンダ勢が表彰台を独占した。2006年のフランスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示

「青山博一」のニューストピックワード