86件中 61 - 70件表示
  • 2011年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2011年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    3番手以降でも波乱が多発した。10周目には4番手を走行していたアンドレア・ドヴィツィオーゾがコースアウト、13周目には7番手を走行していたランディ・ド・プニエが、19周目には代わって7番手に立っていたカレル・アブラハムが、20周目には5番手のカル・クラッチロー、ファイナルラップの27周目には3番手のコーリン・エドワーズが転倒を喫し、それぞれ下位に沈むかリタイヤとなった。そんな中ニッキー・ヘイデンがノートラブルで走りきり3位表彰台を獲得、そしてヘイデンから0.4秒差の4位に青山博一が入り、自身クラス最高位を更新した。2011年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のカタルーニャグランプリ

    2011年のカタルーニャグランプリから見た青山博一青山博一

    日曜日の決勝では2周目にトップに立ったケーシー・ストーナーが後続との差を徐々に広げ、2連勝・シーズン3勝目を挙げた。2位にはホルヘ・ロレンソ、3位にはベン・スピーズとヤマハワークスの2人が続いた。シモンチェリはスタートに失敗し、その後もペースが上がらず6位に終わった。チームメイトの青山博一は4周目にランディ・ド・プニエと接触してシーズン初となる転倒リタイヤを喫した。2011年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスペイングランプリ (ロードレース)

    2009年のスペイングランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは地元のアルバロ・バウティスタを破って青山博一が2007年のマレーシアGP以来となる優勝を遂げた。青山は前戦の地元日本GPではバウティスタに勝ちをさらわれており、その借りを返した格好となった。2009年のスペイングランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカタルーニャグランプリ

    2009年のカタルーニャグランプリから見た青山博一青山博一

    250ccクラスではアルバロ・バウティスタが後続を離してレースをリードし、シーズン2勝目を挙げた。7秒差の2位にはファイナルラップにエクトル・バルベラとのバトルを制した青山博一が入った。2009年のカタルーニャグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のドイツグランプリ (ロードレース)

    2009年のドイツグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝は2周目に雨が降り始めて赤旗が提示。30分後にレースを始めからやり直すこととなり、29周の予定が19周に減らされた。再レースはマルコ・シモンチェリがシーズン2勝目、僅差でアレックス・デボンがシーズン初の表彰台となる2位に入った。3位にはファイナルラップに青山博一を逆転したアルバロ・バウティスタが入り、ランキングトップの青山との差を10ポイントにまで詰めた。2009年のドイツグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース)

    2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、エクトル・バルベラがマティア・パシーニを0.04秒差で下してシーズン2勝目を挙げた。ランキングトップを争う青山博一とアルバロ・バウティスタは、マイク・ディ・メッリオを加えて3位争いを展開した結果、0.006秒差でバウティスタが表彰台を勝ち取り、青山とのポイント差を13にまで詰めた。2009年のサンマリノグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のバレンシアグランプリ

    2009年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    唯一最終戦までタイトル争いがもつれ込んだ250cクラス決勝は、次年度からMoto2クラスに替わることから今回が最後のレースになった。ポイントリーダーの青山博一は、ランキング2位のマルコ・シモンチェリが優勝しても11位以内で完走すればタイトルを獲得できる有利な位置にいた。2009年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)

    2009年のイギリスグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスもウェットレースとなった。こちらもポイントリーダーの青山博一がレースをリードし、後続を大きく離してシーズン3勝目を挙げた。またこのレースには、負傷療養中のウラジミール・レオノフの代役として43歳のラルフ・ウォルドマンが2002年シーズン以来となるグランプリ復帰を遂げたが、結果は転倒リタイヤに終わった。2009年のイギリスグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ダニ・ペドロサ

    ダニ・ペドロサから見た青山博一青山博一

    も前年と同じ体制で臨む。開幕戦カタールGPは6位に終わる。その後慢性労作性コンパートメント症候群(chronic exertional compartment syndrome、通称「腕上がり」)の手術を受けるためテキサス、アルゼンチン、スペインの3戦を欠場した。ペドロサの代役として青山博一が参戦した。ペドロサは第5戦フランスGPで復帰したが、ダンロップ・シケインでクラッシュ、16位の完走扱いで終わった。続くイタリアGPでは4位に終わる。シーズン初の表彰台は第7戦カタルーニャGPで、3位となる。第8戦オランダGPでは8位となるが、第9戦ドイツGPでは2位となる。ダニ・ペドロサ フレッシュアイペディアより)

  • ミカ・カリオ

    ミカ・カリオから見た青山博一青山博一

    125ccクラスで5シーズンを経験した後、にカリオは250ccクラスにステップアップし、レッドブル・KTMチームで日本の青山博一のチームメイトとなった。翌もチームに残留する。第8戦イギリスGPで14番グリッドから優勝を果たし、ポイントランキングのトップに躍り出たが、その後はライバルのピアジオ勢(アプリリア、ジレラ)のマシンの速さについて行けず、マルコ・シモンチェリ、アルバロ・バウティスタの2人に抜かれてランキング3位に終わった。ミカ・カリオ フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示