77件中 61 - 70件表示
  • 2006年の日本グランプリ (ロードレース)

    2006年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス決勝ではKTMの青山博一が、アレックス・デ・アンジェリスとのバトルを制して2年連続地元GP優勝となるシーズン2勝目を遂げ、表彰台の頂点で号泣した。ポイントランキングトップのホルヘ・ロレンソは3位、同2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾは4位フィニッシュとなり、両者のポイント差は27に広がった。2006年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本グランプリ (ロードレース)

    2005年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、自身初のポールポジションからスタートした青山博一がレースを支配し、地元でグランプリ初優勝を遂げた。ファイナルラップにはアレックス・デ・アンジェリス、ホルヘ・ロレンソ、ダニ・ペドロサが2位争いを展開していたが、ロレンソがデ・アンジェリスを巻き込んで転倒、これを回避したペドロサが2位表彰台に立つこととなった。ロレンソは危険行為と見なされ、次戦出場停止のペナルティが課された。ポイントランキングではペドロサが2番手のケーシー・ストーナーとの差を63ポイントに広げた。2005年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本グランプリ (ロードレース)

    2004年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでも、ポイントリーダーのダニ・ペドロサがトニ・エリアスとのバトルを制してシーズン5勝目を挙げた。3位にはフル参戦開始後初の表彰台となる地元青山博一が入った。ポイントランキングでは、ペドロサが2位ランディ・ド・プニエに対し47ポイント、3位セバスチャン・ポルトに対し48ポイントと差を広げた。2004年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本グランプリ (ロードレース)

    2003年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラス予選では、土曜日のセッションが雨でタイム更新が不可能だったこともあり、地元ワイルドカード勢が速さを見せることとなった。6度目のGP出場となったハルクプロの青山博一(ホンダ)がポールポジションを獲得、2番グリッドにはSP忠男レーシングの中須賀克行(ヤマハ)が続いた。グリッド2列目からは、クラス唯一のフル参戦日本人ライダーとなった松戸直樹(ヤマハ・クルツ)が5番手、ダイドーMiuレーシングの高橋裕紀(ホンダ)が7番手からのスタートとなった。2003年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)

    2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは、トニ・エリアスが独走でポール・トゥ・フィニッシュ、シーズン4勝目を挙げた。春の鈴鹿では揃って表彰台に立ったワイルドカード勢の高橋裕紀、青山博一は、今回はそれぞれ4位・5位に終わった。2003年のパシフィックグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本グランプリ (ロードレース)

    2002年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    250ccクラスでは例年どおり地元ワイルドカード勢が強さを見せ、35歳のベテラン宮崎敦(ヤマハ)が独走でグランプリ初優勝を遂げた。2位もワイルドカード出場の酒井大作(ホンダ)が続いた。激しいバトルが展開された3位争いには青山博一、青木治親の2人が加わっていたが、ファイナルラップに博一は体勢を崩して下位に沈み、治親は転倒を喫しリタイヤとなり、ランディ・ド・プニエが表彰台に立つこととなった。2002年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • ポケットバイク

    ポケットバイクから見た青山博一青山博一

    小さな車体は子どもでも容易に扱うことができ、日本でキッズモータースポーツの入門カテゴリーとしてブームとなった。全国で多くのポケットバイクレースが行われるようになり、その中からロードレースのワールドチャンピオンが多く誕生した。ポケットバイク出身のGPライダーとしては、青木宣篤、青木拓磨、青木治親の青木三兄弟や青山周平と青山博一の青山兄弟、宇川徹、加藤大治郎、小山知良、高橋裕紀、中野真矢、原田哲也、松戸直樹などが有名である。これにより近年はヨーロッパやアメリカなど世界にも広がった。ポケットバイク フレッシュアイペディアより)

  • 桶川スポーツランド

    桶川スポーツランドから見た青山博一青山博一

    ライセンスフリーで走行できる。ミニバイクレースやカートレース、4輪ジムカーナ、4輪走行会など桶川スポーツランド主催のイベントやレースが多数ある。WGP の青山博一、青山周平、高橋裕紀も桶川スポーツランドで育つ。桶川スポーツランド フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業のモータースポーツ

    本田技研工業のモータースポーツから見た青山博一青山博一

    MotoGP 250ccクラスで青山博一がシリーズチャンピオンを獲得した。本田技研工業のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 西村章

    西村章から見た青山博一青山博一

    2010年にMotoGPのGP250?最終年のクラス王座に輝いた日本人選手、青山博一の戦いを中心に、リーマンショックに端を発した世界同時不況に翻弄される日本人ライダー達を追った『最後の王者』が、第17回小学館ノンフィクション大賞優秀賞、第22回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。西村章 フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示

「青山博一」のニューストピックワード