86件中 71 - 80件表示
  • 本田技研工業のモータースポーツ

    本田技研工業のモータースポーツから見た青山博一青山博一

    MotoGP 250ccクラスで青山博一がシリーズチャンピオンを獲得した。本田技研工業のモータースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ポジャーリ

    マヌエル・ポジャーリから見た青山博一青山博一

    は再び250ccクラスに戻り、レッドブルKTMチームで青山博一のチームメイトを務めたが、青山がシーズン2勝・シリーズ4位と活躍する一方、ポジャーリはシリーズ14位に沈み、KTMとの契約はこの年限りとなった。は125cc、250cc、スーパーバイクのチームからオファーがあったものの全てを断り、2008年により良いオファーが来ることを望んで1年間の休養を選択した。マヌエル・ポジャーリ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋巧

    高橋巧から見た青山博一青山博一

    2008年から鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦、2010年には清成龍一、中上貴晶と組んで優勝を果たし、最年少優勝を記録した。また、2013年、2014年とレオン・ハスラム、マイケル・ファン・デル・マークと組んで連勝を果たした。彼はまた、青山博一、秋吉耕佑と共にHRCのMotoGPテストライダーの役割を担っている。高橋巧 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本グランプリ (ロードレース)

    2011年の日本グランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    バレンティーノ・ロッシは1周目にロレンソ、ベン・スピーズと接触してシーズン初のリタイヤとなった。他にアルバロ・バウティスタが4位走行中の14周目に単独転倒、エクトル・バルベラは2周目のクラッシュで右鎖骨骨折等の重傷を負い次戦欠場となるなど荒れたレースとなった。そんな中地元勢は全員が生き残り、青山博一が9位、秋吉が12位、伊藤が13位で完走を果たした。2011年の日本グランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース)

    2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース)から見た青山博一青山博一

    続いて2列目にはコーリン・エドワーズがヤマハ勢最上位の4番手に入る健闘を見せ、5番手にはマルコ・シモンチェリ、6番手にはニッキー・ヘイデンが続いた。7番手には250ccクラス時代からセパンを得意とする青山博一が入り、自身クラスベストグリッドを記録した。前戦の予選で頭部を強打したベン・スピーズはフリー走行・予選と転倒を繰り返し再び頭部にダメージを負ったため、決勝はまたも欠場となった2011年のマレーシアグランプリ (ロードレース) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のバレンシアグランプリ

    2011年のバレンシアグランプリから見た青山博一青山博一

    3位はドヴィツィオーゾ、続いてファイナルラップにペドロサ、カレル・アブラハムとのバトルを制したカル・クラッチローが4位フィニッシュ、自身ベストリザルトを更新すると同時に、アブラハムと争ったルーキー・オブ・ザ・イヤーの座を手中に収めた。ヤマハの代役ライダー2人、中須賀とヘイズはそれぞれ6位・7位に入る健闘を見せた。カピロッシは9位完走で最後のレースを終えた。翌シーズンからのスーパーバイク世界選手権転向が決まっており、今回がグランプリでの当面最後のレースとなった青山博一はマシンのセッティングに苦しみ、ペースが上がらず最下位12位に終わった。2011年のバレンシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のロードレース世界選手権

    2013年のロードレース世界選手権から見た青山博一青山博一

    青山博一は2012年シーズン1戦のみの参加であったが、今シーズンはフルタイム参戦となる。アヴィンティア・レーシングよりFTRモトで参戦する。2013年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のロードレース世界選手権

    2014年のロードレース世界選手権から見た青山博一青山博一

    青山博一はアヴィンティア・ブルセンスからアスパー・レーシングに移籍した。2014年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のロードレース世界選手権

    2015年のロードレース世界選手権から見た青山博一青山博一

    青山博一はアスパー・レーシングチームを離脱し、HRCのテストライダーとなった。しかしながら、ダニ・ペドロサが腕上がりの手術を受けるためグランプリ・オブ・ジ・アメリカズ、アルゼンチンGPを欠場し、その代役を務めた。ペドロサの復帰は予定よりも長引き、青山はスペインGPにも出場した。青山はまた、ザクセンリンクでもカレル・アブラハムの代役としてABモトレーシングから出場した。2015年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ニッキー・ヘイデン

    ニッキー・ヘイデンから見た青山博一青山博一

    2013年10月17日、ヘイデンは5年間在籍したドゥカティを離れ、シーズンはアスパー・レーシングチームと契約したことを発表した。チームメイトはアヴィンティア・ブルセンスから移籍した青山博一となった。両者は共にオープン仕様のホンダ・RCV1000Rをドライブする。第4戦ヘレスで手首を負傷し、第6戦のムジェロを欠場、その後も第10戦から13戦まで欠場し、最終的なランキングは16位でシーズンを終えた。ニッキー・ヘイデン フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「青山博一」のニューストピックワード