62件中 11 - 20件表示
  • 青山博一

    青山博一から見たアルバロ・バウティスタ

    しかし開幕戦カタールGPの予選で、アルバロ・バウティスタと激しいポールポジション争いを繰り広げて予選2位、決勝でも激しい3位争いを繰り広げて4位。続く第2戦日本GPも予選2位、決勝もバウティスタと激しい争いを繰り広げて2位に入る。そして迎えた第3戦スペインGPでは、他メーカーのマシン開発が進むヨーロッパラウンドに突入したことから苦戦が予想され、予選では6位に終わったが、決勝前のサイティングラップでタイヤの異変に気付き、決勝直前にマシンを変える。決勝では4台による50回以上のトップ交代劇があったが、最後にはバウティスタとの一騎打ちとなり、最終ラップの最終コーナーでバウティスタを下して2年振りの優勝を飾るとともに、ポイントリーダーに躍り出た。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たアルベルト・プーチ

    、ホンダ・レーシングスカラシップ第1期生に選ばれた青山は、アルベルト・プーチが率いるテレフォニカ・モビスター・ホンダチームから、ダニ・ペドロサのチームメイトとしてロードレース世界選手権250ccクラスにフル参戦を開始。翌年も同体制で参戦し、ツインリンクもてぎで行われた日本グランプリで同選手権初優勝を遂げた。以降もプーチ宅にほど近いアパートメントを拠点に、プーチのトレーニング指導を受けながらレース活動を行っている。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たRCDエスパニョール

    2009年11月には、メインスポンサーが同じ「Interwetten」(スペイン語では「Interapuestas」)という縁から、リーガ・エスパニョーラのRCDエスパニョールの試合を表敬訪問し、当時同チーム所属だった中村俊輔と対面を果たした。青山は俊輔からユニフォームを受け取る代わりにヘルメットを贈ったが、エスパニョールの他の選手が俊輔に「青山のサインをもらってくれ」と頼むシーンもあり、俊輔もその人気に驚いていたという。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たホンダ・レーシング

    ホンダ・レーシングスカラシップ第1期生に選ばれた青山は、アルベルト・プーチが率いるテレフォニカ・モビスター・ホンダチームから、ダニ・ペドロサのチームメイトとしてロードレース世界選手権250ccクラスにフル参戦を開始。翌年も同体制で参戦し、ツインリンクもてぎで行われた日本グランプリで同選手権初優勝を遂げた。以降もプーチ宅にほど近いアパートメントを拠点に、プーチのトレーニング指導を受けながらレース活動を行っている。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見た鈴鹿サーキット

    2000年 - 全日本ロードレース選手権 GP250ランキング2位(3勝:もてぎ、鈴鹿、TI/チームハルクプロ/RS250R)青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見た岡山国際サーキット

    2000年 - 全日本ロードレース選手権 GP250ランキング2位(3勝:もてぎ、鈴鹿、TI/チームハルクプロ/RS250R)青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たKTM (オートバイ)

    スカラシップ期間の2年間を終えて、からはKTMワークス・チームに移籍。まで所属するが、KTMの250ccクラスからの撤退に伴い再び移籍を強いられることになり、は高橋裕紀の後継としてチーム・スコットに所属(マシンはホンダ・RS250RW)。前年の不振や、マシン開発が2007年を最後に終了しているということもあって、周囲も、そして青山自身も大きな期待はできない状況であった。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たポールポジション

    しかし開幕戦カタールGPの予選で、アルバロ・バウティスタと激しいポールポジション争いを繰り広げて予選2位、決勝でも激しい3位争いを繰り広げて4位。続く第2戦日本GPも予選2位、決勝もバウティスタと激しい争いを繰り広げて2位に入る。そして迎えた第3戦スペインGPでは、他メーカーのマシン開発が進むヨーロッパラウンドに突入したことから苦戦が予想され、予選では6位に終わったが、決勝前のサイティングラップでタイヤの異変に気付き、決勝直前にマシンを変える。決勝では4台による50回以上のトップ交代劇があったが、最後にはバウティスタとの一騎打ちとなり、最終ラップの最終コーナーでバウティスタを下して2年振りの優勝を飾るとともに、ポイントリーダーに躍り出た。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見たツインリンクもてぎ

    、ホンダ・レーシングスカラシップ第1期生に選ばれた青山は、アルベルト・プーチが率いるテレフォニカ・モビスター・ホンダチームから、ダニ・ペドロサのチームメイトとしてロードレース世界選手権250ccクラスにフル参戦を開始。翌年も同体制で参戦し、ツインリンクもてぎで行われた日本グランプリで同選手権初優勝を遂げた。以降もプーチ宅にほど近いアパートメントを拠点に、プーチのトレーニング指導を受けながらレース活動を行っている。青山博一 フレッシュアイペディアより)

  • 青山博一

    青山博一から見た全日本ロードレース選手権

    青山 博一(あおやま ひろし、1981年10月25日 - )は、千葉県市原市出身のオートバイレーサー。2003年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン、ロードレース世界選手権250ccクラスチャンピオン。弟は現オートレース選手の青山周平。青山博一 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「青山博一」のニューストピックワード