27件中 11 - 20件表示
  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た青山浩二青山浩二

    はこの年新たに加入したマイク・ヘスマンとの激しい三塁手争いが予想されたが、7番・三塁手で開幕スタメンを果たし、8回裏に和田毅から2011年チーム初本塁打・初打点となるソロ本塁打を放ち、5月4日の対日本ハム戦では武田勝から先制の決勝点を挙げるなど、シーズン序盤はチーム打率が2割を切る不振の中で、唯一打率3割台をキープしていた。しかし、交流戦直前に自身もまた打撃不振に陥り、5月22日に二軍落ちを命じられる。6月1日の対横浜ベイスターズ戦で再登録されると、その後は徐々に調子を取り戻す。さらに、北川博敏の戦線離脱により固定できずにいた5番打者に後半戦から定着、9月13日の対楽天戦では延長10回裏に青山浩二から、来日4年目で初のサヨナラ本塁打を放った。この日は祖国の祖母の訃報を知らされていたため、お立ち台では「今日のホームランは祖母に捧げたい」と涙をぬぐいながらコメントした。その後も主軸としてチームを引っ張り、シーズン最終戦の対ソフトバンク戦では、4回裏の2点ビハインドの場面でD.J.ホールトンからソロ本塁打を放つもこれがチーム最終打点となった。最終的には137試合に出場し、ロッテの岡田幸文と共に、育成枠出身の選手として初めて規定打席に到達。打率こそ.267と落としたものの、勝負強い打撃で得点圏打率.328を記録。本塁打と打点は昨年を上回る18本塁打(リーグ3位でチームトップ)、66打点(リーグ9位)を記録した。その一方で、守備面では三塁手として13失策を喫した。また、対ロッテ戦は打率.341、5本塁打13打点と活躍した一方で、対ソフトバンク戦は打率.190とやや苦闘した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 青野毅

    青野毅から見た青山浩二青山浩二

    初盗塁:2006年10月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス20回戦(フルキャストスタジアム宮城)、6回表に二盗(投手:青山浩二、捕手:カツノリ)青野毅 フレッシュアイペディアより)

  • 川岸強

    川岸強から見た青山浩二青山浩二

    は開幕を二軍で迎えた。しかし4月下旬に昇格すると、5月17日の西武戦(フルキャスト宮城)で登板すると打者7人を完璧に抑え、チームがサヨナラ勝ちしたため、プロ2勝目を挙げた。この年は66試合に登板した有銘兼久と共にセットアッパーとして活躍。監督の野村克也が川岸の根性に目をつけ、抑えに指名。7月6日の西武戦でプロ初セーブをマークした。その後はチーム事情から中継ぎと抑えを両方務めたが、結局この年は54試合で4勝3敗3セーブ、防御率1.94、17HPと安定した成績を残した。この年の楽天は抑えを全く固定できず、チーム最多が4セーブ(青山浩二・小山伸一郎)。チーム全体でも7投手で僅か18セーブに終わったが、川岸は最も安定したリリーフであった。川岸強 フレッシュアイペディアより)

  • 8月12日

    8月12日から見た青山浩二青山浩二

    1983年 - 青山浩二、プロ野球選手8月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た青山浩二青山浩二

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市

    函館市から見た青山浩二青山浩二

    青山浩二(プロ野球選手)函館市 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た青山浩二青山浩二

    、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た青山浩二青山浩二

    6月8日の対楽天戦(ナゴヤドーム)で9回裏1点ビハインドの場面で青山浩二から左中間への逆転サヨナラ2ラン本塁打を放った。このサヨナラ本塁打を受けて「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」の年間大賞を獲得した。今季は2年ぶりに全試合出場を果たした。しかし全試合に出場したにも関わらず最終的に本塁打は9本に終わり、12年ぶりに二桁に届かなかった。しかし打率と打点は前年を上回り、打率.285、63打点を記録。得点圏打率.305はチームの規定打席到達者ではトップであった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸大学

    八戸大学から見た青山浩二青山浩二

    青山浩二(プロ野球選手)八戸大学 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た青山浩二青山浩二

    8月12日 - 青山浩二、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「青山浩二」のニューストピックワード