1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 野村克也

    野村克也から見た青山浩二青山浩二

    2009年シーズンは開幕から投手陣を中心に怪我人が続出した。特にドラフトで獲得した新人投手全員がオープン戦前に故障してしまい、片山博視や青山浩二といった期待の若手もキャンプで出遅れた上、前年活躍した新守護神川岸強も開幕後すぐに体を傷めるなど、投手に関しては就任以来の災厄に見舞われた。さらに野手に関しても、高須洋介やリック・ショートなどが故障でシーズン中に長期間戦線離脱するなど怪我人の多い年となった。スポーツ紙での解説者の順位予想では楽天は軒並み下位予想され、野村はこれに対して「下馬評が低いからやりやすい」とコメント。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 小山伸一郎

    小山伸一郎から見た青山浩二青山浩二

    開幕2戦目で初登板をするものの、いきなりサヨナラ暴投という失態を犯す。当初は抑えは福盛、セットアッパーは川岸で小山はロングリリーフのような役割であったが、早々に福盛が不調で離脱したため抑えに川岸、セットアッパーに小山という形になった。初登板こそ最悪な形ではあったがその後は比較的安定した成績を残し、7月頃になると川岸が不調によって抑えを外された為、抑えを任されることになった。中盤以降は新たにセットアッパーに定着した青山浩二、片山博視と共に「スリーマウンテンズ」と呼ばれる強力なリリーフ陣を形成。シーズン序盤から大車輪の活躍をしたがシーズン閉幕直前の西武戦で登板中に右肘に違和感を訴え途中降板、右肘の炎症と診断され最後の最後でリタイアとなってしまった。しかしチーム最多の55試合に登板し、5勝4敗15ホールド11セーブ、防御率2.41と2007年に次ぐ好成績を残した。小山伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た青山浩二青山浩二

    初打点:2007年4月29日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(フルキャストスタジアム宮城)、2回表に青山浩二から陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部康平

    長谷部康平から見た青山浩二青山浩二

    春季キャンプは一軍スタートが決定していたが、キャンプ直前に左ひざを負傷し、二軍スタートとなった。開幕は一軍となり、初登板は先発の青山浩二がプレイボール直後の2球で負傷したことによる緊急登板だったが、打線の大量援護もありシーズン初勝利を挙げた。しかし不安定な内容は相変わらずで、結局3勝に終わった。長谷部康平 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た青山浩二青山浩二

    3月24日、開幕戦のグッドウィルドームの対西武戦で岩隈が2年ぶりの開幕投手を務めたが敗戦。翌25日の第2戦は2年目の青山浩二で勝利するが、その後4連敗。4月1日、対オリックス戦(フルスタ宮城)では3回裏にホセ・フェルナンデスと山?武司がそれぞれ満塁本塁打を記録(1イニング2本の満塁本塁打は日本タイ記録)。同17日〜19日の対ソフトバンク3連戦では初のホーム3連勝している。5月には、山?武司が球団初となる月間MVPを受賞。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 石川賢 (1981年生の投手)

    石川賢 (1981年生の投手)から見た青山浩二青山浩二

    その後12球団合同トライアウトを受け、東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得した。楽天でチームメイトとなった青山浩二は、同じ高校と大学の2年後輩である。石川賢 (1981年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た青山浩二青山浩二

    8月12日 - 青山浩二、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「青山浩二」のニューストピックワード