36件中 21 - 30件表示
  • 川岸強

    川岸強から見た青山浩二青山浩二

    は開幕を2軍で迎えた。しかし4月下旬に昇格すると、5月17日の西武戦(フルキャスト宮城)で登板すると打者7人を完璧に抑え、チームがサヨナラ勝ちしたため、プロ2勝目を挙げた。この年は66試合に登板した有銘兼久と共にセットアッパーとして活躍。監督の野村克也が川岸の根性に目をつけ、抑えに指名。7月6日の西武戦でプロ初セーブをマークした。その後はチーム事情から中継ぎと抑えを両方務めたが、結局この年は54試合で4勝3敗3セーブ、防御率1.94、17HPと安定した成績を残した。この年の楽天は抑えを全く固定できず、チーム最多が4セーブ(青山浩二・小山伸一郎)。チーム全体でも7投手で僅か18セーブに終わったが、川岸は最も安定したリリーフであった。川岸強 フレッシュアイペディアより)

  • 石川貢

    石川貢から見た青山浩二青山浩二

    初打席:同上、青山浩二から二塁ゴロ石川貢 フレッシュアイペディアより)

  • 松井裕樹

    松井裕樹から見た青山浩二青山浩二

    ''、大久保に代わって一軍監督へ就任した梨田昌孝の構想に沿って、ミコライオや青山浩二をセットアッパーへ据えることを前提に、2年連続でクローザーに起用。レギュラーシーズンの開幕前には、梨田から「40セーブ、救援失敗なし、防御率0.75以下」という目標を課せられた。レギュラーシーズンの前半戦では、1点リードの展開で登板した5月5日の対ロッテ戦(コボスタ宮城)9回表に中村奨吾に3点本塁打を浴びるなど6失点。逆転負けを喫するなど、救援の失敗が相次いだ。しかし、11試合に登板した8月には、9セーブ2ホールド、防御率0.69をマーク。その結果、パ・リーグ投手部門の月間MVPを初めて受賞した。なお、受賞時点の年齢は21歳で、パ・リーグの投手部門における左腕投手として史上最年少記録でもあった。シーズン全体では、前述の目標の到達に至らなかったものの、球団史上初の一軍公式戦2年連続30セーブを達成している。松井裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た青山浩二青山浩二

    に前年の成績低迷により、前監督の落合と二人三脚で改造したスクエアスタンスの打撃フォームをオープンスタンスぎみに修正した。同年6月8日の対楽天戦(ナゴヤドーム)で青山浩二から打った逆転サヨナラ2ラン本塁打を受けて「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」の年間大賞を獲得した。2年ぶりに全試合出場を果たしたものの、最終的に本塁打は9本に終わり、12年ぶりに二桁に届かなかった。は打率.275と前年を下回り、この年で2011年からの3年契約が満了し、11月6日の契約更改で8000万円減とプロ入り最大の減俸となった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市

    函館市から見た青山浩二青山浩二

    青山浩二(プロ野球選手)函館市 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸学院大学

    八戸学院大学から見た青山浩二青山浩二

    青山浩二(プロ野球選手)八戸学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た青山浩二青山浩二

    初打点:2007年4月29日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(フルキャストスタジアム宮城)、2回表に青山浩二から左前適時打陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た青山浩二青山浩二

    3月24日の開幕戦のグッドウィルドームの西武戦で岩隈が2年ぶりの開幕投手を務めたが敗戦。翌25日の第2戦は2年目の青山浩二で勝利するが、その後4連敗。4月1日のオリックス戦(フルスタ宮城)では3回裏にフェルナンデスと山?がそれぞれ満塁本塁打を記録(1イニング2本の満塁本塁打は日本タイ記録)。同17日から19日のソフトバンク3連戦では初のホーム3連勝している。5月には、山?が球団初となる月間MVPを受賞。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た青山浩二青山浩二

    は開幕前に「本塁打を捨てる」と宣言し、本塁打数よりも打率3割を目標に臨んだ。オープン戦では2年目の岡本和真との三塁手争いから始まり、岡本の積極的な起用もあり代打での出場も多かったが、岡本が結果を残せなかったことにより開幕戦に7番三塁手で出場した。その後もスタメンで出場を続け、6月15日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では9回に青山浩二からサヨナラ安打を放った。9月27日の対中日戦で10回に田島慎二から打った24号満塁本塁打は、3試合連続本塁打となり、2008年の横浜時代以来およそ8年ぶり、巨人移籍後初のサヨナラ本塁打となった。最終的に全試合出場に打率3割台(ともに3年ぶり)、25本塁打81打点はともにチームトップと打棒が復活したシーズンになった。また、2年ぶり3度目のゴールデングラブ賞を獲得、3年ぶり4度目のベストナインにも選出された。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た青山浩二青山浩二

    移籍初年度のは、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場。4月1日の対西武戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対楽天戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ラン、5月6日の対ロッテ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打をたびたび放った。しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。7月中旬に一旦2軍降格、8月初旬に1軍に復帰した。復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。最終的には85試合に出場して打率.253、9本塁打の成績に終わった。前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「青山浩二」のニューストピックワード