51件中 11 - 20件表示
  • 青山浩二

    青山浩二から見た阪神タイガース

    ルーキーながら開幕一軍入りし、主に中継ぎとして活躍。先発が早く降板した試合ではロングリリーフも務めた。交流戦終了時にはチームトップの34試合に登板。5月31日の阪神戦でプロ初勝利を挙げた。阪神リードで8回裏2死から登板し、4球しか投げなかったが、9回に味方が逆転したため勝利投手となった。その後、不調となり8月上旬に二軍降格。9月下旬に再び一軍に合流し、最終戦に中継ぎで登板。11月1日、仙台市内の病院で秋季キャンプ練習中に傷めた右膝(半月板損傷)の手術を受けた。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た北海道日本ハムファイターズ

    前年の抑え投手の小山伸一郎が出遅れ、開幕から抑えを任されたドミンゴが連続してリリーフに失敗したことから抑え投手に抜擢され、3月30日の日本ハム戦でプロ初セーブを挙げた。しかし、抑えとしては4セーブしか挙げられず、中継ぎに降格。シーズン終盤に先発に復帰した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たドミンゴ・グスマン

    前年の抑え投手の小山伸一郎が出遅れ、開幕から抑えを任されたドミンゴが連続してリリーフに失敗したことから抑え投手に抜擢され、3月30日の日本ハム戦でプロ初セーブを挙げた。しかし、抑えとしては4セーブしか挙げられず、中継ぎに降格。シーズン終盤に先発に復帰した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たホセ・マシーアス

    初奪三振:同上、7回裏にホセ・マシーアスから青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た西岡剛 (内野手)

    3月31日のロッテ戦で先発するが、左脇腹痛を起こしわずか2球で降板した。先発投手が2球で降板は球団の最短記録である(先頭打者の西岡剛との対戦がカウント1ボール1ストライクで完了する前に降板したため、対戦打者数は0人)。復帰後は中継ぎで起用され、安定感のあるピッチングが続いたためセットアッパーに定着し、片山博視、小山伸一郎との勝利の方程式「スリーマウンテンズ」の一角を担った。この年は41試合に登板し、自己最多の5勝、チーム最多タイの20ホールドポイント、防御率1.72と過去最高の成績を残した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た千葉ロッテマリーンズ

    3月31日のロッテ戦で先発するが、左脇腹痛を起こしわずか2球で降板した。先発投手が2球で降板は球団の最短記録である(先頭打者の西岡剛との対戦がカウント1ボール1ストライクで完了する前に降板したため、対戦打者数は0人)。復帰後は中継ぎで起用され、安定感のあるピッチングが続いたためセットアッパーに定着し、片山博視、小山伸一郎との勝利の方程式「スリーマウンテンズ」の一角を担った。この年は41試合に登板し、自己最多の5勝、チーム最多タイの20ホールドポイント、防御率1.72と過去最高の成績を残した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た函館市

    北海道函館市出身。小中学時代は主に外野手を務め、函館工業高校時代から本格的に投手に転向。高校3年春は全道大会準優勝。高校3年夏は南北海道大会ベスト4。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た広島東洋カープ

    6戦連続セーブ(日本記録タイ):2012年5月9日、対埼玉西武ライオンズ6回戦(クリネックススタジアム宮城)?同年5月16日対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)にかけての6試合、史上4人目青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た福岡ソフトバンクホークス

    初ホールド:2006年4月27日、対福岡ソフトバンクホークス6回戦(福岡Yahoo!Japanドーム)、6回裏2死に2番手として救援登板、1/3回1失点青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た阪神甲子園球場

    初勝利:2006年5月31日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、8回裏2死に4番手として救援登板、1/3回無失点青山浩二 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「青山浩二」のニューストピックワード