54件中 31 - 40件表示
  • 青山浩二

    青山浩二から見た大阪ドーム

    初完投勝利・初完封勝利:2007年5月13日、対オリックス・バファローズ8回戦(京セラドーム大阪)、4安打無四球青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た無四球試合

    ''、開幕ローテーション入りを果たし、開幕2戦目の西武ライオンズ戦に先発し、6回1失点に抑えて先発での初勝利を挙げ、当時の監督の野村克也からは「今年は青山がエース」と言われた。5月7日には、北京オリンピックアジア予選日本代表第一次候補に選出される(最終メンバーには入れず)と、5月13日のオリックス・バファローズ戦では、初完投、初完封、初無四球試合を記録。しかし、その後は9試合で1勝7敗と不調に陥り、中継ぎに降格。7月下旬には二軍に降格し、9月下旬に再び一軍に合流した。しかし4勝8敗と期待されたほどの成績は残せなかった。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た手術

    ''、ルーキーながら開幕一軍入りし、主に中継ぎとして活躍。特に先発が早く降板した試合ではロングリリーフも務めた。交流戦終了時にはチームトップの34試合に登板。5月31日の阪神タイガース戦でプロ初勝利を挙げた。阪神リードで8回裏2死から登板し、4球しか投げなかったが、9回に味方が逆転したため勝利投手となった。その後、不調となり8月上旬に二軍降格。9月下旬に再び一軍に合流し、最終戦に中継ぎで登板。11月1日、仙台市内の病院で秋季キャンプ練習中に傷めた右膝(半月板損傷)の手術を受けた。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た投手

    青山 浩二(あおやま こうじ、1983年8月12日 - )は、北海道函館市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た東北福祉大学硬式野球部

    八戸学院大学に進学し、大学通算20勝無敗の成績を挙げた。2005年の明治神宮野球大会代表決定戦では、エースとして同期入団の松崎伸吾(当時、東北福祉大のエース左腕)と投げ合い、延長10回の末、6-5で東北福祉大が勝利。2005年の大学生・社会人ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから3巡目指名を受け入団。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たプロ野球選手

    青山 浩二(あおやま こうじ、1983年8月12日 - )は、北海道函館市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:2回 (2012年、2013年)青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た福岡ドーム

    初ホールド:2006年4月27日、対福岡ソフトバンクホークス6回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、6回裏2死に2番手で救援登板、1/3回1失点青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た外野手

    小中学時代は主に外野手を務め、[1時代から本格的に投手に転向。高校3年春は全道大会準優勝。高校3年夏は南北海道大会ベスト4。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たWHIP

    ''、守護神奪回をテーマに掲げたが、首脳陣の意向により抑えは松井裕樹で固定されることとなった。セットアッパーとして開幕を迎えると、序盤こそ固め打ちを許したものの5月以降は安定。9月28日に降格するまで、ほぼシーズンを通してブルペンを支えた。自身最多タイとなる61試合に登板し、WHIPも初めて1を切るなどリーグ2位タイの35ホールドポイントをマーク。これは前年に福山博之が記録した27HPを上回り、球団新記録となった。また、6月28日には通算400試合登板、9月14日には通算100ホールドをそれぞれ記録し、海外FA権も取得。球団創設時のメンバーで、唯一投手の現役であった小山伸一郎がこのシーズン限りで引退となったことにより、生え抜き投手では最年長となった。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「青山浩二」のニューストピックワード