54件中 41 - 50件表示
  • 青山浩二

    青山浩二から見た2013年の日本シリーズ

    ''、抑えとして起用されるが、5月中旬から不安定な投球が続き、5月の後半からはラズナーと役割が入れ替わり中継ぎとして起用されるようになる。その後は6月12日?8月3日まで16試合連続無失点を記録するなど、セットアッパーとして復調。この年も60試合に登板し、2年連続の60試合登板と監督推薦でのオールスター出場を果たした。しかしシーズン終盤は再び不調に陥り、日本シリーズでは怪我のためベンチ入り出来なかった。オフの契約更改では登板数を評価され、年俸は大台となる1億円となった。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た宮城球場

    初先発:2006年5月7日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦(フルキャストスタジアム宮城)、4回1/3を4失点で敗戦投手青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た西武ドーム

    初先発勝利:2007年3月25日、対西武ライオンズ2回戦(グッドウィルドーム)、6回1失点青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た完封

    ''、開幕ローテーション入りを果たし、開幕2戦目の西武ライオンズ戦に先発し、6回1失点に抑えて先発での初勝利を挙げ、当時の監督の野村克也からは「今年は青山がエース」と言われた。5月7日には、北京オリンピックアジア予選日本代表第一次候補に選出される(最終メンバーには入れず)と、5月13日のオリックス・バファローズ戦では、初完投、初完封、初無四球試合を記録。しかし、その後は9試合で1勝7敗と不調に陥り、中継ぎに降格。7月下旬には二軍に降格し、9月下旬に再び一軍に合流した。しかし4勝8敗と期待されたほどの成績は残せなかった。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た半月板損傷

    ''、ルーキーながら開幕一軍入りし、主に中継ぎとして活躍。特に先発が早く降板した試合ではロングリリーフも務めた。交流戦終了時にはチームトップの34試合に登板。5月31日の阪神タイガース戦でプロ初勝利を挙げた。阪神リードで8回裏2死から登板し、4球しか投げなかったが、9回に味方が逆転したため勝利投手となった。その後、不調となり8月上旬に二軍降格。9月下旬に再び一軍に合流し、最終戦に中継ぎで登板。11月1日、仙台市内の病院で秋季キャンプ練習中に傷めた右膝(半月板損傷)の手術を受けた。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    6戦連続セーブ:2012年5月9日、対埼玉西武ライオンズ6回戦(クリネックススタジアム宮城)?同年5月16日対広島東洋カープ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)にかけての6試合、※日本記録タイ ※史上4人目青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見たセットアッパー

    '、3月31日の千葉ロッテマリーンズ戦で先発するが、左脇腹痛を起こしわずか2球で降板した。先発投手が2球で降板は球団の最短記録である(先頭打者の西岡剛との対戦がカウント1ボール1ストライクで完了する前に降板したため、対戦打者数は0人)。復帰後は中継ぎで起用され、安定感のあるピッチングが続いたためセットアッパーに定着し、片山博視、小山伸一郎との勝利の方程式「スリーマウンテンズ'」の一角を担った。この年は41試合に登板し、自己最多の5勝、チーム最多タイの15ホールドポイント、防御率1.72と過去最高の成績を残した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た2012年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    ''、キャンプではダレル・ラズナーからの守護神の奪還を目標に掲げ、5月からはそのラズナーの故障により抑えのポジションに定着。同9日から15日にかけて6試合連続セーブの日本タイ記録を達成、初の月間MVPにも選ばれた。オールスターにも監督推薦で初出場した。そのままシーズンを通して抑えを務め、チーム最多の61試合に登板。2006年に福盛和男が挙げた21セーブを超える22セーブを挙げて球団記録を更新した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た八戸学院大学

    八戸学院大学に進学し、大学通算20勝無敗の成績を挙げた。2005年の明治神宮野球大会代表決定戦では、エースとして同期入団の松崎伸吾(当時、東北福祉大のエース左腕)と投げ合い、延長10回の末、6-5で東北福祉大が勝利。2005年の大学生・社会人ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから3巡目指名を受け入団。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た勝利の方程式

    '、3月31日の千葉ロッテマリーンズ戦で先発するが、左脇腹痛を起こしわずか2球で降板した。先発投手が2球で降板は球団の最短記録である(先頭打者の西岡剛との対戦がカウント1ボール1ストライクで完了する前に降板したため、対戦打者数は0人)。復帰後は中継ぎで起用され、安定感のあるピッチングが続いたためセットアッパーに定着し、片山博視、小山伸一郎との勝利の方程式「スリーマウンテンズ'」の一角を担った。この年は41試合に登板し、自己最多の5勝、チーム最多タイの15ホールドポイント、防御率1.72と過去最高の成績を残した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「青山浩二」のニューストピックワード