前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見た青木功青木功

    青木功が「理詰めでは対処しきれない、何が起こるかわからない競技」と評する全英オープン初挑戦は、ベン・ホーガンが「攻めれば地獄、守れば奈落」と評した英国の最難関リンクスコースのカーヌスティ(7065ヤード、パー72)で開催された1975年の第104回大会であり、エドワーズはパスポート不所持により渡航できなかったため、キャディには地元のアルフィー・ファイルズ(50歳)を従えて、初出場で初優勝の快挙を成し遂げた(PGAツアー3勝目)。ファイルズはゲーリー・プレーヤーが1968年にカーヌスティでの全英オープンで優勝したときのキャディだが、本大会でプレーヤーは南アフリカの人種差別問題により黒色人種でラビットという名のキャディを採用、また、ファイルズはキャディの仕事に理解が得られなかった妻と大会1ヶ月前に離婚したという事情も重なり、ファイルズは大会に勝てる選手を探し、攻撃的なプレイをするワトソンに白羽の矢を立て、ワトソンに「全英オープンで組もう」と手紙を書いて起用された。ワトソンは、大会4日目に72ホール目のパーセーブも困難な18番ホール(パー4)で15フィートのバーディパットを成功させて、ジャック・ニュートンと9アンダーで首位に並び、翌7月13日の18ホールのストロークプレイのプレイオフに持ち込んだ。ニュートンはワトソンと同い年の25歳のオーストラリア人選手であり、トム・ワイスコフ(1973年は豪打と驚異的バーディ奪取率で全英オープンを含む年間7勝を挙げて「恐怖のトム」と畏れられた。全英オープンはトゥルーン開催であり、アルバート・ファイルスをキャディに従え、キャリア唯一のメジャー勝利)にパッティングのグリップをコーチされて好調を維持して、3日目にはアウト33イン32の65でコースレコードを更新していた。プレイオフは5回スコアがイーブンになる接戦で、最終スコアは71対72の1打差であった。勝敗を分けたのは最終18番ホールで、ワトソンはピンから約12mに2オンして2パットのパー、ニュートンは第2打をバンカーに入れ、第3打のバンカーショットは約3mオーバー、第4打のパーパットは3cm外れてボギーでの決着。試合後、ワトソンは「今日のように風雨が強いスコットランド的条件では、ファイルズはとても頼りになった」とコメントした。1975年のワトソンはメジャー4大会すべてでトップ10入りした。翌1976年のロイヤルバークデールでの全英オープンでは、ブルース・エドワーズが初めて全英オープンのキャディを務めたが、54ホール終了時点に1打差で予選落ちしたため、全英オープンにはファイルズを起用するようになった。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た青木功青木功

    6月15日 - 第22回全米オープンゴルフで、青木功が日本人初の2位入賞1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た青木功青木功

    【ゴルフ】 プロゴルファーの青木功が、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の次期会長を要請されていることが明らかに。当初会長就任には慎重姿勢を見せていたが、その後就任する方向で調整が進められ、その結果3月4日に行われた社員総会及び理事会で正式に新会長に就任した。なおこれに際し、現会長の海老沢勝二が3月の任期満了をもって退任することを2月22日に東京都内で行われた理事会で表明した。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 林由郎

    林由郎から見た青木功青木功

    プロとして活躍する一方で後進の育成にも取り組み、その門下からは青木功やジャンボ尾崎、飯合肇、鷹巣南雄、海老原清治、福嶋晃子など一流のプロゴルファーを輩出し、『我孫子一門』と言われる。またゲーリー・プレーヤーがアプローチの教えを請うなど、外国人選手からも尊敬を受けた。林由郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見た青木功青木功

    中嶋 常幸(なかじま つねゆき、1954年10月20日 - )は、群馬県出身のプロゴルファー。バプテスト派のクリスチャン。ライバルの青木功、尾崎将司とともに日本男子プロゴルフ界を代表する名選手で、3人の姓を合わせて「AON時代」を築いた。日本ゴルフツアー通算48勝は歴代3位である。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た青木功青木功

    【ゴルフ】 男子プロゴルフ『第58回中日クラウンズ』初日で青木功が74歳239日で出場し、自ら持つ男子プロゴルフツアー史上最年長出場記録を更新した。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 丸山茂樹

    丸山茂樹から見た青木功青木功

    また、尾崎将司、青木功、TUBEの前田亘輝、田中邦衛などのモノマネを始め、テレビ的なギャグのセンスにも冴えているため、オフシーズンにはよくテレビ番組に出演する。喋り上手と芸達者さから、本業のテレビタレントを食ってしまうこともある。丸山茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た青木功青木功

    また、入団当時からチームも背番号も変わらずに30年以上現役を続け、さらに近年の衰えも他の選手に比べるとあまり著しくない様子から(球界の)「生きた化石」「シーラカンス」と呼ばれることもある。中日には和田一浩や岩瀬仁紀ら、40歳を超えながらも主力として活躍するベテランが目立っていた中、山本昌は中でも特に目立った存在と言える。長く現役として活躍し続けているために、スキージャンプの葛西紀明、ゴルフの青木功、大相撲の旭天鵬とともに「レジェンド」と呼ばれるようになる。2014年新語・流行語大賞で「レジェンド」がトップテン入りした。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た青木功青木功

    翌1981年、プロテストに合格。7月プロ転向デビュー戦、後援競技『和歌山オープン』でいきなり優勝すると、デビューから4戦で3勝 (2位1回) し、センセーションを巻き起こした。この年計6勝、新人としては史上最高の賞金ランク2位となった。こうした例は、日本のプロゴルフ五十年の歴史には勿論、世界のゴルフ史上にもないと当時いわれた。飛ばし屋として知られ「ポパイ」とあだ名を付けられた。青木功、尾崎将司、中島常幸の「AON」に若手の倉本が絡んだことでツアーは大いに盛り上がりゴルフブームを興した。また同じ学士プロの湯原信光、羽川豊とで、"若手三羽がらす"、"ニューウェーブ三羽烏"、"学士プロ三羽烏"などと注目を集めた。「キャディー上がりのプロが幅を利かせる時代は終わった!」「学士プロがゴルフの世界の勢力分布図を大きく変えた」などと、当時のマスメディアも倉本らの活躍を大きく取り上げた。青木功は著書『俺と闘った男たち』の中で「倉本は体が小さいのにボールはよく飛ぶ。ジュニアのころから体得しているショート・ゲームも非凡。パッティングもうまい。オールラウンド・プレイヤーで、何よりアマ時代に勝ち方を知悉してしまっているのが最大の強みだった。加えて性格が明るい。うじうじしない。だからプレーのテンポが速い。アッという間にファンの人気を集めてしまった。〜以来、「AON」に「k」が加わって日本のプロツアーは進んだ」などと述べている。倉本との記憶に蘇る戦いとして1985年のブリヂストンオープンを挙げ、最終日の大逆転で倉本が勝利したが、試合後のインタビューで「青木さんに勝ってほしかった」と言っていたのを伝え聞き、自分のことではなく、広く自分の生きる世界の現状・未来を考えている男、ゴルフしかできない昔のゴルファーではなく、これまでのプロゴルファーにいなかったタイプと感心したと述べている。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 松井功 (ゴルファー)

    松井功 (ゴルファー)から見た青木功青木功

    JPGA会長退任後は相談役を務める傍ら、2014年には日本プロゴルフ殿堂理事長に就任、2016年3月には青木功に請われて日本ゴルフツアー機構(JGTO)副会長に就任した。またスポーツ報知専属評論家でもある。松井功 (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「青木功」のニューストピックワード