104件中 41 - 50件表示
  • 和田安生

    和田安生から見た青木功青木功

    おすぎやスポーツ選手、アーティストなどの多くの有名人との親交も深い。ジャンボ尾崎、青木功、パンチョ伊東、達川光男などのものまねや(駄)洒落を得意とする。和田安生 フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見た青木功青木功

    彼の訃報に接して、タイガー・ウッズは独創性を評価、ジャック・ニクラスは「情熱を持ち、偉大なエンターテイナーであった」、ニック・プライスは「ほとんどの選手は30から40種類の技術しか持っていないところ、1万通りの技術を持っていた」と語り、「欧州PGAツアーはバレステロスの存在なくしてなかった」と述べた。日本においても、中嶋常幸は1986年のマスターズでの思い出を語りながらライバルの死に涙を流し、青木功はフロリダ州の家に招待されたこと、尾崎将司はトラブルからの神懸り的な脱出ショットについての思い出を語った。石川遼も「隣のホールや林の中からのリカバリーショットなどの伝説に憧れていた」と語った。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見た青木功青木功

    1980年のバルタスロールゴルフクラブ・ローワーコースでの第80回全米オープンにはグラウトとスイングを改造して臨んで、ショートゲームの鬼と化していた青木功と4日間同組でプレーした。バルタスロールは、パー70だが距離が長く、フェアウェイは狭く、ラフは深く、かつグリーンは高速の難コースであった。ニクラスは初日63のスコアでトム・ワイスコフと並んで首位タイのスタート。この年のマスターズ勝者セベ・バレステロスが午前9時45分のラウンド開始時刻に遅刻して失格というハプニングがあった2日目も、ニクラスは単独首位をキープ。第3ラウンド終了時点で、3日連続68で廻った青木と首位に並んだ。最終日6月15日は午後2時35分(日本時間16日午前3時35分)スタートの最終組で死闘を繰り広げた。アウトで青木は2、4、7、9番ホールでボギー、8番ホールでバーディで3つ、ニクラスは1つ、それぞれスコアを落として、ニクラスが2打リードしての折り返しとなったが、インでは互いに譲らず、ともに10、17、18番ホールでバーディをとり、この日のスコアはニクラス68、青木70で、ニクラスが2打差で逃げ切りの勝利となった。青木は12、16番ホールのバーディチャンスを逃したのが響いた。青木の2位入賞は、今なお日本男子ゴルフ界におけるメジャー大会最高記録である。青木の4日間の総パット数は111であり、3パットは最終日の2番ホールの1回のみ。バンカーショットが得意な青木は、ボールをグリーン付近に止めるため、グリーン周りのバンカーを狙って打ったショットがあったという。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • 鷹巣南雄

    鷹巣南雄から見た青木功青木功

    青木功とは我孫子中学校にて同級生であり、金井清一 ・ 新井規矩雄らと共に親友の間柄である。互いに青木(あおき)・南(なみ)と呼び合う仲であり、金井清一 ・ 海老原清治らと共に青木ファミリーの一員である。鷹巣南雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小林富士夫

    小林富士夫から見た青木功青木功

    2001年の日本シニアオープンゴルフ選手権競技に当時57歳3ヶ月で優勝したことにより、最年長記録を更新する。最年長記録は翌2002年にキャッスルヒルオープンで鷹巣南雄に、2007年に日本シニアオープンゴルフ選手権競技で青木功によって更新されている。小林富士夫 フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン・オープン (ゴルフ)

    カナディアン・オープン (ゴルフ)から見た青木功青木功

    カナダPGA選手権(カナダの最強プロゴルファーを決める大会で、1978年には青木功が2位に入っている)カナディアン・オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロピアン・オープン

    ヨーロピアン・オープンから見た青木功青木功

    ヨーロピアン・オープンは1978年に第1回大会が行われ、アメリカのボビー・ワドキンスが優勝した。日本勢では1983年に同年のハワイアンオープンで優勝した青木功が優勝している。2009年まで毎年開催されていたが、2010年以降はヨーロッパ金融危機により開催が見送られていたが、2015年にドイツで開催されることが決定し、同時にタイトルスポンサーがポルシェに決定した。ヨーロピアン・オープン フレッシュアイペディアより)

  • 杉原輝雄

    杉原輝雄から見た青木功青木功

    優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司、青木功に次ぐ歴代3位だが、ツアー施行後はいわゆる「AON時代」(青木、尾崎、中嶋常幸の3人の頭文字を取った呼称)に突入していたため、レギュラーツアーにおいて賞金王(賞金ランキング1位)を獲得したことがない。杉原輝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た青木功青木功

    賞金王(男子):青木功1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 二木ゴルフ

    二木ゴルフから見た青木功青木功

    二木ゴルフがアメ横に1号店を創業した1973年(昭和48年)は、日本にゴルフブームが根づき始めた時期と重なっている。この年は尾崎将司がマスターズで自己最高の8位入賞を果たし、青木功が日本ゴルフツアーで6勝を挙げている。日本ゴルフツアーにおける賞金ランキング制度も、この年から始まった。マスターズの衛星放送中継が開始されたのも同じ時期にあたる。それらの影響で、アマチュアゴルファーも大幅に増え始めたが、現在に比べるとゴルフを始めるハードルはまだ高かった。そうした早い時期にアメ横で開店した二木ゴルフは、日本におけるゴルフ用品普及に大きく貢献したといえよう。二木ゴルフ フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「青木功」のニューストピックワード