82件中 71 - 80件表示
  • プロ野球ニュース

    プロ野球ニュースから見た青木功青木功

    ある年のシーズンオフ企画にて巨人(当時)の江川卓とプロゴルファーの青木功とのゴルフ対決(放送時期不明)が放送された後に、この企画のロケを行った小金井カントリークラブには「35歳以上の男性がプレーできる」という決まりがあった為、なぜ「江川をプレーさせたのか」と常連客からクレームが来たという。プロ野球ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 片山晋呉

    片山晋呉から見た青木功青木功

    2008年、昨年に引き続き背筋痛を理由として7月17日から開催の全英オープンを欠場。欠場表明後、国内ツアーで永久シード獲得となる通算25勝にあと1と迫っており、2連覇がかかる7月3日から開催の日本ゴルフツアー選手権に出場した。世界最古のメジャー大会を袖にした形となった片山の行動に対して、全英オープンを主催するR&Aは日本ゴルフツアー機構会長小泉直に対して、次年以降の日本ツアー出場枠の削減を示唆したという。小泉は8月25日の理事会の定例会見において「非常に恥ずかしい思いをした」と自身の心境を振り返った。小泉によれば特別顧問青木功も「われわれがつくった地盤を壊す選手がいて困る」と憤慨していたという。片山晋呉 フレッシュアイペディアより)

  • 全米オープン (ゴルフ)

    全米オープン (ゴルフ)から見た青木功青木功

    日本人選手の最高位:2位、青木功、1980年(2位フィニッシュの歴代最高スコア)全米オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • グレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンから見た青木功青木功

    日本のプロゴルファー青木功とは長年の親友であり、青木が左肘を故障した際には、主治医の紹介やその後のケアなどにも心配りがあったという。青木が世界ゴルフ殿堂入りした際には、そのプレゼンターを務めた。また元F1チャンピオンのナイジェル・マンセルとも親友で、マンセルは自分の次男に「グレグ」と名付けている。グレグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎将司

    尾崎将司から見た青木功青木功

    1971年の日本プロゴルフ選手権で初優勝を飾ると、1973年のマスターズ・トーナメントで東洋人初となる8位入賞を果たし、1974年の日本オープンゴルフ選手権も勝ち、破竹の勢いで日本プロゴルフ界の第一人者として名を高め、同世代のライバルの青木功、そして中嶋常幸と並び称されて「AON」時代を築いて来た。尾崎将司 フレッシュアイペディアより)

  • 中日クラウンズ

    中日クラウンズから見た青木功青木功

    第9回(1968年)には安田春雄と鈴村久による9ホールにわたるプレーオフ、第17回(1976年)にはデビッド・グラハムの大逆転優勝、青木功(1978?1980年)、尾崎将司(1995?1997年)の3連覇などが知られている。中日クラウンズ フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た青木功青木功

    プロゴルファーの鷹巣南雄とは40年以上にわたり親交があり旧知の仲。鷹巣の紹介で青木功とも親交を持つ様になる。プロゴルファーとして鳴かず飛ばずで何年かを過ごしていた青木は「王さんをスポーツ選手の鑑にする」と王貞治を手本として日々を過ごすと、1971年に関東プロで初勝利、その後は王さんと同じように、「“世界”の青木」というニックネームを頂くまでになったと青木は語る。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • ソニーオープン・イン・ハワイ

    ソニーオープン・イン・ハワイから見た青木功青木功

    この大会の母体は1928年に発足し、1966年からPGAツアーとなった「ハワイアン・オープン・ゴルフ・トーナメント」で、シーズン序盤の2月に開催されてきた。1929年には宮本留吉と安田幸吉が日本人初となる海外トーナメント出場をこの大会で果たす。1983年度の大会では青木功が、大会最終日の18番ホールでチップイン・イーグルを決めて、アメリカツアーにおける日本人選手初優勝を飾り、大きな話題になった。(その後コースのレイアウト変更が行われたため、青木がチップイン・イーグルを決めたホールは現在の18番ホールとは異なっている。)ソニーオープン・イン・ハワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見た青木功青木功

    1980年の全米オープンでは青木功と4日間ともにプレーし、死闘を繰り広げた (青木の2位入賞は、今なお日本男子ゴルフ界におけるメジャー大会最高記録である。) 。1986年のマスターズで「46歳2ヶ月」の最年長優勝記録を樹立した時は、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに"Jack is Back" (ジャック・イズ・バック=ジャックが戻ってきた) の声が響き渡った。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た青木功青木功

    特別賞 : 青木功(男子ゴルフ)、内藤大助(ボクシング)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「青木功」のニューストピックワード