前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 青木功

    青木功から見たジャック・ニクラス

    1980年、全米オープン2位。4日間「帝王」ジャック・ニクラスとラウンドし、死闘を繰り広げた。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た尾崎将司

    青木 功(あおき いさお、1942年8月31日 - )は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。2016年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長。1980年に全米オープンで準優勝、1983年には日本人で初めてPGAツアーで優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共に「AON (エーオーエヌ)」と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たビートたけし

    気さくで開けっ広げな性格で知られる。米国ツアー参戦後も英語が上手く話せないながら、笑顔やボディランゲージを含めて色々な選手らにどんどん話しかけ、多くの人々と友人になれたという。ゴルフ界以外の友人も多く、ビートたけしのことを「たけしさん」ではなく「ビートさん」と呼ぶ、数少ない人物でもある。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た松山英樹

    米ツアーで日本男子としてはじめて勝利を挙げている。丸山茂樹や今田竜二、松山英樹等も後に勝利しているが、彼等がシーズン通しての参戦であったのに対し青木は冬と夏のみをアメリカで過ごすという所謂スポット参戦という時差やグリーンの速さの違い等というハンデがつく厳しい条件の下で達成している。自身も著書の中で「行ったり来たりの生活を継続していると時差やグリーン速さの差やフォームのずれ等を調整するのが大変だった。中にはアメリカに行かなければこんな苦労をせずに済んだという人もいた。」と記している。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た石橋貴明

    石橋貴明(とんねるず) - 「とんねるずのみなさんのおかげでした」のコーナー「全落・水落シリーズ」にて、青木をモデルとした「世界のAO木さん」というキャラに扮して進行を行っている。また、水落プロでは、たまたまロケ地のゴルフ場でレッスン中だった青木本人が急遽解説に加わり「青木とAO木のダブル解説」が実現している。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た中嶋常幸

    青木 功(あおき いさお、1942年8月31日 - )は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。2016年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長。1980年に全米オープンで準優勝、1983年には日本人で初めてPGAツアーで優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共に「AON (エーオーエヌ)」と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た王貞治

    鷹巣南雄の紹介で王貞治と親交を持つ様になる。青木は「王さんをスポーツ選手の鑑にする」と王貞治を手本として日々を過ごすと、1971年に関東プロで初勝利、その後は王さんと同じように、「“世界”の青木」というニックネームを頂くまでになったと青木は語る。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たグレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンと親友である。グレグ・ノーマンはゴルフ界でもアスペルガー的な性格で知られ、奇行や人見知りが有名であまり交友関係を持たないのだが、二人は本当に仲が良く、青木が左肘を故障した際には主治医の紹介やリハビリについてのアドバイスを与え、青木が世界ゴルフ殿堂入りした際にはプレゼンターを務めた (ゴルフ解説者の戸張捷が実際に見たといって語っていたところによると、二人は会話の際、青木は日本語で、グレグは英語で普通に喋るのだが、問題なく意思の疎通が出来るのだという。戸張曰く「僕の理解の外です」とのこと) 。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た横尾要

    横尾要は青木の「ハワイアン・オープン」で奇蹟のチップインイーグルによる逆転優勝を見たのを機にプロゴルファーになる決心をした。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た今田竜二

    米ツアーで日本男子としてはじめて勝利を挙げている。丸山茂樹や今田竜二、松山英樹等も後に勝利しているが、彼等がシーズン通しての参戦であったのに対し青木は冬と夏のみをアメリカで過ごすという所謂スポット参戦という時差やグリーンの速さの違い等というハンデがつく厳しい条件の下で達成している。自身も著書の中で「行ったり来たりの生活を継続していると時差やグリーン速さの差やフォームのずれ等を調整するのが大変だった。中にはアメリカに行かなければこんな苦労をせずに済んだという人もいた。」と記している。青木功 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「青木功」のニューストピックワード