49件中 31 - 40件表示
  • 青木功

    青木功から見たインタビュー

    1980年全米オープンで「バルタスロールの死闘」を演じたジャック・ニクラスが、優勝インタビューの中で「アオキの (ホールカップから) 100Y以内は世界一だ」と語ったため、この距離内で少ない打数でホールアウトする事を競えば、青木の右に出るものはいないと言われた。これを裏付けるように USPGAのバンカーショット部門 (サンドセーブ率: バンカー内から2打以内でホールアウトした率) では、'80年、'81年と二年連続No,1の座に就いている。'80年代10年間の通算成績でも首位タイに輝いている。長打力に関しては、ニクラスから「You are so long」と言われた事がある。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たバンカー (ゴルフ)

    1980年全米オープンで「バルタスロールの死闘」を演じたジャック・ニクラスが、優勝インタビューの中で「アオキの (ホールカップから) 100Y以内は世界一だ」と語ったため、この距離内で少ない打数でホールアウトする事を競えば、青木の右に出るものはいないと言われた。これを裏付けるように USPGAのバンカーショット部門 (サンドセーブ率: バンカー内から2打以内でホールアウトした率) では、'80年、'81年と二年連続No,1の座に就いている。'80年代10年間の通算成績でも首位タイに輝いている。長打力に関しては、ニクラスから「You are so long」と言われた事がある。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た我孫子市

    青木 功 (あおき いさお、1942年8月31日 - ) は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。1980年に全米オープンで準優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共にAON (エーオーエヌ) と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位である。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たアルバイト

    1956年 14歳の頃、我孫子ゴルフ倶楽部にて鷹巣南雄プロ と共にキャディのアルバイトを介しゴルフと出会う。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たエージシュート

    2007年、最終日に65をマーク、エージシュートを達成し逆転で日本シニアオープンゴルフ競技を10年ぶりに優勝。2002年のキャッスルヒルシニアオープンで鷹巣南雄が樹立した「59歳4カ月」を6歳近くも塗り替え、「65歳2カ月」で大会を制した。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た日本

    青木 功 (あおき いさお、1942年8月31日 - ) は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。1980年に全米オープンで準優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共にAON (エーオーエヌ) と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位である。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た私の履歴書

    2010年、同年2月より1ヵ月間、日本経済新聞社朝刊にて「私の履歴書」を連載。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た英語

    気さくで開けっ広げな性格で知られる。米国ツアー参戦後も英語が上手く話せないながら、笑顔やボディランゲージを含めて色々な選手らにどんどん話しかけ、多くの人々と友人になれたという。ゴルフ界以外の友人も多く、ビートたけしのことを「たけしさん」ではなく「ビートさん」と呼ぶ、数少ない人物でもある。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た紫綬褒章

    2008年、秋 紫綬褒章受章。11月9日の鬼ノ城シニアオープン最終日、最終ラウンドを66で周り、2度目のエージシュートを達成した上、優勝を果たした (プレーオフ、4ホール目にて) 。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たパーシモン

    非常に自己流に徹しているゴルファーとも呼ばれ、パッティングスタイルと共に、通常のショットにおいても個性的である。外見的な特徴としては、深い前傾姿勢とベタ足の二点が挙げられる。実際に打球する際には腕に意識を多く置くリストターン打法であり、本人は「ボールを直接打つのはクラブで、それを握るのは手なんだよ。多くのプロは体を回す事に重きを置いているが、俺のやり方は違う。」と述べている。メタルドライバーは自身の打法に合わなかったため、ほとんど使用しなかったが、チタンドライバーが世に出ると、打法を変えることなく使えたため、すぐに実戦で使用するようになった。 (ただしパーシモンドライバー時代に比べると、フェースローテーションを抑えているとされる。)青木功 フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「青木功」のニューストピックワード