1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 青木功

    青木功から見たボディーランゲージ

    気さくで開けっ広げな性格で知られる。米国ツアー参戦後も英語が上手く話せないながら、笑顔やボディランゲージを含めて色々な選手らにどんどん話しかけ、多くの人々と友人になれたという。ゴルフ界以外の友人も多く、ビートたけしのことを「たけしさん」ではなく「ビートさん」と呼ぶ、数少ない人物でもある。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たチタン

    非常に自己流に徹しているゴルファーとも呼ばれ、パッティングスタイルと共に、通常のショットにおいても個性的である。外見的な特徴としては、深い前傾姿勢とベタ足の二点が挙げられる。実際に打球する際には腕に意識を多く置くリストターン打法であり、本人は「ボールを直接打つのはクラブで、それを握るのは手なんだよ。多くのプロは体を回す事に重きを置いているが、俺のやり方は違う。」と述べている。メタルドライバーは自身の打法に合わなかったため、ほとんど使用しなかったが、チタンドライバーが世に出ると、打法を変えることなく使えたため、すぐに実戦で使用するようになった。 (ただしパーシモンドライバー時代に比べると、フェースローテーションを抑えているとされる。)青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たリハビリ

    グレグ・ノーマンと親友である。グレグ・ノーマンはゴルフ界でもアスペルガーで知られ、奇行や人見知りが有名であまり交友関係を持たないのだが、二人は本当に仲が良く、青木が左肘を故障した際には主治医の紹介やリハビリについてのアドバイスを与え、青木が世界ゴルフ殿堂入りした際にはプレゼンターを務めた (ゴルフ解説者の戸張捷が実際に見たといって語っていたところによると、二人は会話の際、青木は日本語で、グレグは英語で普通に喋るのだが、問題なく意思の疎通が出来るのだという。戸張曰く「僕の理解の外です」とのこと) 。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たチャンピオンズ・ツアー

    1992年、米シニアツアー (現在の名称は「チャンピオンズ・ツアー」) に主戦場を移し、同年の「ネーションワイド選手権」にて初優勝。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た世界マッチプレー選手権

    1978年、「世界マッチプレー選手権」で海外ツアー初優勝。同年、宏子夫人 (チエ夫人) との再婚を発表。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見たあした天気になあれ (漫画)

    あした天気になあれ \(漫画\)青木功一のモデル青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た永久シード (プロゴルフ)

    青木 功 (あおき いさお、1942年8月31日 - ) は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。1980年に全米オープンで準優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共にAON (エーオーエヌ) と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位である。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た千葉県

    青木 功 (あおき いさお、1942年8月31日 - ) は、千葉県我孫子市出身のプロゴルファーである。日本プロゴルフツアー永久シード保持者。1980年に全米オープンで準優勝を果たすなど、尾崎将司、中嶋常幸と共にAON (エーオーエヌ) と呼ばれる日本を代表する名ゴルファーの一人である。日本ゴルフツアー通算51勝は歴代2位である。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た英語圏

    アメリカなどの英語圏では、「アイセイオー・エイオーキ」、「アイザオ・エオーキ」などと発音されていたが、'80年の全米オープンでの活躍以後は「イツァオ・ェイォーキィ」と、日本語読みに近い発音で呼ばれるようになる。青木功 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「青木功」のニューストピックワード