67件中 51 - 60件表示
  • 探偵オペラ ミルキィホームズ (アニメ)

    探偵オペラ ミルキィホームズ (アニメ)から見た青木真也青木真也

    2010年12月31日に行われたDynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜にて長島☆自演乙☆雄一郎が青木真也戦において、「正解はひとつ!じゃない!!」を入場曲として、長島が本作の登場人物である明智小衣のコスプレをして入場パフォーマンスを行った。その際ミルキィホームズの4人がバックダンサーとして出演した。探偵オペラ ミルキィホームズ (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見た青木真也青木真也

    自身の総合格闘技ルール参戦については「一度だけ総合ルールの試合をしたことがあるが、あの時は元々メルヴィン・マヌーフが試合に出場する予定だったのに、直前に彼が怪我で欠場したから急遽代役で出場したんだ。当時の俺は総合の練習なんて一度もやったことが無かったから“ファイトマネーが貰えるなら出る。寝技になったらすぐにタップアウトしよう”という軽い気持ちで出て負けただけだ。今の俺はマイクスジムと交流のあるアメリカン・トップチームで総合の練習を積んでいる。総合での得意技は三角絞めだ。これでスパーリングではメルヴィンからタップも奪ったしな」と語り、青木真也やゲガール・ムサシがハリとの対戦を希望していることを聞くと、「奴らが総合ルールでの対戦を希望するなら望み通りMMAルールで戦っても構わない。ボコボコにしてやるよ!」と返答している。Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でアリスター・オーフレイムにK-1ルールで敗れた後、アリスターが「バダ・ハリとK-1ルールとMMAルールで1試合ずつ戦う契約を結んでるから次はMMAルールでバダを叩きのめしてやる」とコメントしたことについて、試合直後の会見では「俺は立ち技のファイターだし、それが一番得意だ。MMAの試合はない。スタンドでベストを尽くして戦う。もう一度言う、MMAでの試合はない」とMMAルールの試合出場を拒否する姿勢を一度は示していた。しかし、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAにてハリ自ら「アリスターとMMAルールで再戦させろ」と要求している。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • 魔裟斗

    魔裟斗から見た青木真也青木真也

    2010年12月31日のDynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜の長島☆自演乙☆雄一郎対青木真也にてテレビ放送の解説を務めていたが、2R(総合ルール)開始4秒にて長島のKO勝ちとなると、立ち上がって長島の勝利を祝福し、「K-1なめんなっつーの!」と発言した。魔裟斗 フレッシュアイペディアより)

  • フットチョーク

    フットチョークから見た青木真也青木真也

    総合格闘技においては2006年12月31日、PRIDE 男祭り 2006にて青木真也がヨアキム・ハンセンに総合格闘技史上初めてラバー・ガードからのフットチョークでのタップアウト勝ちを披露した。また、2007年2月24日のPRIDE.33においてはニック・ディアスが五味隆典に対しこの技でタップアウト勝ちを収めた。青木は2008年6月15日のDREAM.4においても永田克彦に対し今度はマウントポジションからこの技を仕掛け、タップアウト勝ちを収めた。このときのフットチョークは後にアメリカの格闘技サイトBloody Elbowで技名募集がなされ、「アオキプラッタ (Aokiplata)」と命名された。フットチョーク フレッシュアイペディアより)

  • 鄭富競

    鄭富競から見た青木真也青木真也

    2007年12月31日、やれんのか! 大晦日! 2007で負傷欠場したJ.Z.カルバンに代わって青木真也と対戦。腕ひしぎ十字固めを2度極めかける等したが、判定負け。鄭富競 フレッシュアイペディアより)

  • 長島☆自演乙☆雄一郎

    長島☆自演乙☆雄一郎から見た青木真也青木真也

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で青木真也と対戦。『探偵オペラ ミルキィホームズ』の主演声優陣(声優ユニット「ミルキィホームズ」)をバックダンサーに、明智小衣のコスプレで入場。試合は、オープンフィンガーグローブ着用し、K-1ルール(フリーノックダウン制)の1Rが3分、総合格闘技ルールの2Rが5分のDREAM特別ルールで行われ(2Rで決着がつかない場合はドロー)、1Rは青木がクリンチやドロップキック、胴回し回転蹴り、反則行為であるロープを掴んでのキックなどで終了。続けて2R開始4秒で、タックルに来た青木への右跳び膝蹴りでダウンを奪って失神させ、パウンドでの追撃でKO勝ちした。試合後は、座礼を行い頭を深々と下げた。試合後のインタビューで、「2Rのひざは狙っていましたか?」という質問に対し「狙っていました。作戦は特にないです。青木選手とやると決まって、総合ルールでは勝てるわけないだろと思ってました。青木真也ですからね。世界一のグラップラーですから。総合ルールになったら終わるなと思っていました。でも、僕も往生際は悪いので、どうせだったら一発、立ってる状態では白帯ではないので。本当に1ラウンドと2ラウンドのファーストコンタクトを練習、イメージしてきました。」と語った。長島☆自演乙☆雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 川尻達也

    川尻達也から見た青木真也青木真也

    2010年7月10日、DREAM.15のDREAMライト級タイトルマッチで青木真也と対戦し、アキレス腱固めで一本負けを喫し王座獲得ならず。青木の関節技によるダメージで自ら歩いて退場できないほどであった。川尻達也 フレッシュアイペディアより)

  • 大和哲也

    大和哲也から見た青木真也青木真也

    K-1軽量級が行われる以前より、キックボクサーとして高い評価を得ており、佐藤嘉洋や青木真也からも高評価を得ていた。大和哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川貞治

    谷川貞治から見た青木真也青木真也

    2009年3月5日、秋山がDREAMを離脱しUFCに移籍。韓国で行われた会見で「強い相手との対戦を望んだのに、マッチメイクを実現してくれなかった。弱い相手と対決することを望むならDREAMに残っただろう」と谷川を批判した。しかし、秋山は自伝にて「総合ルールでジェロム・レ・バンナとのリベンジ戦か、バダ・ハリとの対戦を希望した」と明かしており、K-1ファイターであるバンナとハリは秋山が主戦場とする総合格闘技ルールの経験は浅く、ハリに至っては総合ルールで勝ったことが一度も無いため、客観的に見て強豪とは言えない。また、谷川は格闘技専門誌等で「こちらはミルコ・クロコップや青木真也辺りと対戦してほしいとオファーしたが、秋山くんは自分よりも2階級も下で総合ルールの経験が一度も無い魔裟斗とK-1と総合のMIXルールで対戦したいと言ったり、高額なファイトマネーを要求したり、“強い相手と戦いたいからマッチメイク権を譲渡しろ”などと無理難題な要求をしてきた」と発言している。谷川貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 廣田瑞人

    廣田瑞人から見た青木真也青木真也

    2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で青木真也と対戦し、アームロックで右上腕を骨折し敗北した。廣田瑞人 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「青木真也」のニューストピックワード