164件中 101 - 110件表示
  • 青木真也

    青木真也から見た無差別級

    2005年5月28日、ADCC 2005では77kg未満級の2回戦でマルセロ・ガッシアと対戦、バックを許し、チョークスリーパーで一本負け。翌日5月29日には無差別級の1回戦でホジャー・グレイシーと対戦し、アキレス腱固めで一本負け。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たテイクダウン

    2009年4月5日、DREAM.8のウェルター級(-76kg)グランプリ1回戦で桜井"マッハ"速人と対戦し、開始直後にテイクダウンを奪ったもののバタフライ・スイープで体位の逆転を許し、開始27秒パウンドでKO負けを喫した。桜井からは「青木はチョン・ブギョンに2回も腕十字をとられかけている。寝技のレベルでいったらブギョンの方が上。俺はチョン・ブギョンと一緒に練習したが、全然寝技が強いとは思わなかった。青木程度の寝技は研究されると使えなくなる。結局技術が均衡したところで青木には無い体力がものをいう」と痛烈な批判を浴びた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たアメリカ合衆国

    2010年4月17日、アメリカ合衆国で開催されたStrikeforce: Nashvilleにてケージデビューし、Strikeforce世界ライト級王者ギルバート・メレンデスの王座に挑戦するも、終始圧倒され、18度のテイクダウンを試みるが1度も成功せず寝技でもパウンドを受け続けるなどして0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。試合後は、メレンデスの所属チームであるシーザー・グレイシー柔術アカデミーに弟子入りを申し出、主席コーチであるシーザー・グレイシーより承諾を受けた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たONE FC 6

    2012年10月6日、ONE FC 6でアルナウド・ルポンと対戦し、1R三角絞めで一本勝ち。試合後には同大会で勝利しONE FCライト級王者となった朴光哲への挑戦をアピールした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たスピニングチョーク

    早稲田大学人間科学部でも柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。総合格闘技にシフトするきっかけとなったのは中学・高校時代に桜庭和志が"グレイシーハンター"として強豪外国人選手を次々と破り、一気にブレイクした過程をリアルタイムで見ていたことである。大学の柔道部では反骨心を剥き出しにして、伝統を重視する指導者の意見にも耳を傾けず、上下関係を前提にして油断している先輩と組み合えばタップアウトしても緩めることなく技を極め続け、倒れ込んだ相手の手のひらを踏んづけることすらあった。柔道部で衝突を繰り返す青木をだれも制御できなくなり、監督から呼び出されてクビを宣告され、大学3年生の内に格闘家としてのプロデビューを果たした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たギロチンチョーク

    2013年6月9日、ロサンゼルスで開催された「Metamoris 2」でクロン・グレイシーと対戦し、ギロチンチョークで一本負け。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たDREAM.4

    2008年6月15日、DREAM\.4のライト級グランプリ2回戦で永田克彦と対戦し、マウントからのフットチョーク(アオキプラッタ)で一本勝ち。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たロサンゼルス

    2013年6月9日、ロサンゼルスで開催された「Metamoris 2」でクロン・グレイシーと対戦し、ギロチンチョークで一本負け。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たウェルター級

    青木 真也(あおき しんや、男性、1983年5月9日 - )は、日本の総合格闘家、プロレスラー、柔術家。静岡県静岡市出身。パラエストラ東京/Evolve MMA所属。柔道参段。ブラジリアン柔術黒帯。第8代修斗世界ウェルター級王者。第2代ONE世界ライト級王者。第2代DREAMライト級王者。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た絞め技

    2007年2月17日、修斗世界ミドル級王座防衛戦で菊地昭と再戦し、三角絞めやオモプラッタを交えた絞め技(糸通し)、関節技でグラウンドを支配するも、菊池のパウンドで若干ポイントを取られ、2-1の判定勝ちを収め初防衛に成功した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

164件中 101 - 110件表示

「青木真也」のニューストピックワード