164件中 121 - 130件表示
  • 青木真也

    青木真也から見たDREAM JAPAN GP

    2011年5月29日、DREAM JAPAN GPでリッチ・クレメンティと対戦。終始グラウンドを支配し、2R2分14秒、フェイスロックで一本勝ち。当初はヴィラミー・シケリムと対戦する予定だったが、シケリムのパスポート切れで試合は消滅。その後、ジェイミー・ヴァーナーとの対戦見込みが立っていたが消滅。5月16日にアントニオ・マッキーとの対戦が決定したことが発表されるも、5月20日にマッキーの欠場が発表。最終的にクレメンティが選ばれた。非常に対戦相手選びが難航した試合だった。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たセコンド

    2005年6月11日、プロ柔術関西「大阪夏の陣」で渡辺直由へのリベンジに成功。試合後、セコンドについていた渡辺の師である早川光由に「次はお前だ!」と対戦要求した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たおたく

    自他共に認める格闘技おたくで、近代柔道やレスリング、サンボのテクニック解説本を小学校3年生の時から収集していた。また、ムエタイに関するマニアックな知識をインタビューなどで度々披露している。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たDREAM.11

    2009年10月6日、DREAM\.11のライト級タイトルマッチで3度目となったヨアキム・ハンセンと対戦し、試合終了残り4秒となったところで腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功し、DREAM初の日本人王者となった。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たSHERDOG

    SHERDOG サブミッション・オブ・ザ・イヤー(2006年)青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たマカオ

    2016年8月13日、マカオのザ・ベネチアン・マカオで開催された「ONE GRAPPLING HCALLENGE MACAO」に出場し、2回戦でブルーノ・バルボーサに反則負けで敗れた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たDREAM.6

    2008年9月23日、DREAM\.6ではトッド・ムーアと対戦し、裸絞めで一本勝ちを収めた。試合後にマイクを持つと、「僕が大黒柱です」「僕の前に試合をした秋山“マイケル・ジャクソン”成勲先輩!青木真也と大晦日にネバーランドでワオワオしませんか?」と秋山成勲に対戦を要求した(秋山の「韓国での自分の人気の高さはマイケル・ジャクソンに匹敵する」という発言への皮肉を込めた挑発である)。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た人間科学部

    早稲田大学人間科学部でも柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。総合格闘技にシフトするきっかけとなったのは中学・高校時代に桜庭和志が"グレイシーハンター"として強豪外国人選手を次々と破り、一気にブレイクした過程をリアルタイムで見ていたことである。大学の柔道部では反骨心を剥き出しにして、伝統を重視する指導者の意見にも耳を傾けず、上下関係を前提にして油断している先輩と組み合えばタップアウトしても緩めることなく技を極め続け、倒れ込んだ相手の手のひらを踏んづけることすらあった。柔道部で衝突を繰り返す青木をだれも制御できなくなり、監督から呼び出されてクビを宣告され、大学3年生の内に格闘家としてのプロデビューを果たした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たPRIDE.34

    2007年4月8日、PRIDE\.34でブライアン・ローアンユーと対戦。ローアンユーのパウンドや膝蹴りでダメージを負うも、冷静に下から腕ひしぎ十字固めを極め一本勝ち。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た無効試合

    2008年3月15日、DREAM.1のライト級グランプリ1回戦でJ.Z.カルバンと対戦。1R序盤、カルバンがガブッた体勢から振り下ろした肘が青木の首に当たってしまう。反則行為である延髄への打撃と見なされ、ダメージの残る青木に3分間のインターバルが与えられるも回復せず、偶発的なアクシデントによりノーコンテストとなった。トーナメントの勝ち上がりは主催者預かりとなったが、4月4日の記者会見で没収試合に裁定変更のうえDREAM.2で再戦することが発表された。青木真也 フレッシュアイペディアより)

164件中 121 - 130件表示

「青木真也」のニューストピックワード