164件中 51 - 60件表示
  • 青木真也

    青木真也から見たシーザー・グレイシー

    2010年4月17日、アメリカ合衆国で開催されたStrikeforce: Nashvilleにてケージデビューし、Strikeforce世界ライト級王者ギルバート・メレンデスの王座に挑戦するも、終始圧倒され、18度のテイクダウンを試みるが1度も成功せず寝技でもパウンドを受け続けるなどして0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。試合後は、メレンデスの所属チームであるシーザー・グレイシー柔術アカデミーに弟子入りを申し出、主席コーチであるシーザー・グレイシーより承諾を受けた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た今成正和

    練習を共にしている北岡悟や今成正和とは親交が深く、お互いにセコンドに付くこともある。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た鄭富競

    2009年4月5日、DREAM.8のウェルター級(-76kg)グランプリ1回戦で桜井"マッハ"速人と対戦し、開始直後にテイクダウンを奪ったもののバタフライ・スイープで体位の逆転を許し、開始27秒パウンドでKO負けを喫した。桜井からは「青木はチョン・ブギョンに2回も腕十字をとられかけている。寝技のレベルでいったらブギョンの方が上。俺はチョン・ブギョンと一緒に練習したが、全然寝技が強いとは思わなかった。青木程度の寝技は研究されると使えなくなる。結局技術が均衡したところで青木には無い体力がものをいう」と痛烈な批判を浴びた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た不動力也

    2016年5月29日、IGFのGENOME36で鈴川真一とタッグを組み、崔領二&不動力也組と対戦するが、鈴川が相手チームに攻撃されても救出する動きを見せず。また、自身は攻撃を受けず、コーナー最上段に腰掛けて場外乱闘を傍観するなど無気力ファイトを見せた。そして試合後には「お粗末。今まで生きてきた中で一番苦痛な時間だった。金がほしくて試合をしているわけじゃない。やりたいことをやっているわけだから」「今後はIGFに限らず、自分が情熱を燃やせる舞台に立ってみたい」とIGF離脱を示唆した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た笹原圭一

    2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC(戦極)対抗戦でSRCライト級王者・廣田瑞人との王者対決を戦い、ハンマーロックを極めるが廣田がタップアウトしなかったため、右上腕を骨折させ見込み一本勝ち。勝利後のリング上で横になったままの廣田に対し、舌を出しながら中指を立てるファックサインで侮辱し、さらに会場中に向かってファックサインをして観客を侮辱するなどなど物議を醸す結末となった(その時セコンド陣から「止めろ!」と即静止させられた)。試合後の記者会見や試合翌日の記者会見でフィニッシュした極め技のことを「笹原圭一プロデューサーから刺しにいけと言われたので刺したので『笹原圭一2010』です」と発言した。廣田を試合後に侮辱したことに関して笹原プロデューサーから厳重注意が与えられたことが発表された。試合翌日の会見で青木は廣田を侮辱したことについて謝罪した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た中井祐樹

    デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たジョルジュ・サンピエール

    UFC参戦について、2009年頃は「僕は彼らと勝負しても十分に勝てるレベルにいると思うし。正直、僕はあと2年あれば総合格闘家としてジョルジュ・サンピエールやBJ・ペンと同じ領域にいけると思っています。」と発言していたが、2016年には「UFC行ったら絶対負けるでしょ。だから行かないよ、絶対。」と発言している。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た菊野克紀

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で長島☆自演乙☆雄一郎と対戦。試合はミックスルール(1Rが3分の特別キックルール(フリーノックダウン制)、2Rが5分の総合格闘技ルール。2Rで決着がつかない場合は判定なし)で行なわれたが、2R開始直後に青木がタックルを仕掛けた瞬間、長嶋の右跳び膝蹴りが直撃し、倒れ込んだところを鉄槌で追撃され、2R4秒で失神KO負け。この試合では、1Rに明らかに時間稼ぎのクリンチやドロップキックなどで逃げ回り、反則であるロープに掴む行為も行ない、会場からはブーイングが浴びせられており、この試合の解説を行った須藤元気には「バチが当たった」、魔裟斗には「逃げてちゃ勝てないですよ」と酷評された。一方で、北岡悟や菊野克紀など、「(ああしたルールである以上)勝つための手段としてならば責められるものではない」といった旨の評価もあり、興行論や競技性などを問う議論ともなった。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たジョージ・ソテロポロス

    2006年10月14日、修斗でジョージ・ソテロポロスと対戦し、足関節技を狙い続けグラウンドを支配するも、2R開始直後に相手が放った金的攻撃による反則勝ちとなった。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たブライアン・ローアンユー

    2007年4月8日、PRIDE.34でブライアン・ローアンユーと対戦。ローアンユーのパウンドや膝蹴りでダメージを負うも、冷静に下から腕ひしぎ十字固めを極め一本勝ち。青木真也 フレッシュアイペディアより)

164件中 51 - 60件表示

「青木真也」のニューストピックワード