135件中 51 - 60件表示
  • 青木真也

    青木真也から見たカリフォルニア州

    2005年10月19日、カリフォルニア州で行なわれたヒクソン・グレイシー主催のブドーチャレンジ77kg未満級トーナメントに参戦。決勝でキャメロン・アールに一本勝ちし優勝を果たした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た静岡市

    青木 真也(あおき しんや、男性、1983年5月9日 - )は、日本の総合格闘家、ブラジリアン柔術家。静岡県静岡市出身。パラエストラ東京 / Evolve MMA所属。リーチ72インチ(約183cm)。現WAMMA世界ライト級王者。元DREAMライト級王者。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た警察官

    2006年3月に大学卒業後、警察官(静岡県警)となり警察学校に入るが2か月で退職し、プロ格闘家一本へ。そして雑誌にてPRIDEへの参戦を仄めかし、後にPRIDE参戦が決定。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たブーイング

    2009年7月20日、DREAM.10でビトー・"シャオリン"・ヒベイロと対戦。シャオリンとの対戦が決定した際に「(柔術世界王者シャオリン相手に)思いっきり寝技で勝負します!」と宣言していたにもかかわらず、試合では寝技を避けて終始スタンドでのミドルキックや膝蹴りで攻勢となり、判定勝ち。試合後のリング上で「いやー、ムエタイって面白いでしょ?」(友人である藤原あらしの発言のオマージュ)と発言すると、会場からブーイングが起こった。また、試合後の会見では「最初から“判定上等!”でした」と発言した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た早稲田大学

    東海大第一中学、静岡学園高校、早稲田大学人間科学部のそれぞれで柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、ともすれば高専柔道や七帝柔道とも見なされかねない青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。サンボと柔術、コンバットレスリング、総合格闘技などでその実力を顕している。デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た静岡学園中学校・高等学校

    東海大第一中学、静岡学園高校、早稲田大学人間科学部のそれぞれで柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、ともすれば高専柔道や七帝柔道とも見なされかねない青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。サンボと柔術、コンバットレスリング、総合格闘技などでその実力を顕している。デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た東海大学付属翔洋高等学校・中等部

    東海大第一中学、静岡学園高校、早稲田大学人間科学部のそれぞれで柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、ともすれば高専柔道や七帝柔道とも見なされかねない青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。サンボと柔術、コンバットレスリング、総合格闘技などでその実力を顕している。デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たTwitter

    2010年7月10日のDREAM.15の川尻戦では、ロングスパッツをはかず普通のトランクスを着用し、一本勝ち。川尻戦後、自身のTwitter上で「スパッツにウダウダ言ってたやつ合掌!」と発言した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た2009年

    2009年3月8日、ウェルター級GPへの参戦を見据えてライト級の体重から増量し、74kg契約でDREAM.7でデイビッド・ガードナーと対戦。ガードナーが「ハロージャパン」と発声したスキを突きチョークスリーパーを極め一本勝ちを収めた。試合後のコメントでウェルター級GPへの参戦を表明した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た晋遊舎

    青木真也の柔道&柔術入門(晋遊舎 2013年2月23日)ISBN 978-4-86391-746-0青木真也 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「青木真也」のニューストピックワード