135件中 81 - 90件表示
  • 青木真也

    青木真也から見たONE FC 6

    2012年10月6日、ONE FC 6でアルナウド・ルポンと対戦し、1R三角絞めで一本勝ち。試合後には同大会で勝利しONE FCライト級王者となった朴光哲への挑戦をアピールした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たスピニングチョーク

    東海大第一中学、静岡学園高校、早稲田大学人間科学部のそれぞれで柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、ともすれば高専柔道や七帝柔道とも見なされかねない青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。サンボと柔術、コンバットレスリング、総合格闘技などでその実力を顕している。デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たDREAM.4

    2008年6月15日、DREAM\.4の2回戦で永田克彦と対戦し、マウントからのフットチョークで一本勝ち。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たテネシー州

    2010年4月17日、アメリカ合州国テネシー州にて開催されたStrikeforce: Nashvilleにてケージデビューし、Strikeforce世界ライト級王者ギルバート・メレンデスの王座に挑戦するも、終始圧倒され、18度のテイクダウンを試みるが1度も成功せず寝技でもパウンドを受け続けるなど全くいいところなくフルマークの0-3の判定負け。試合後は、メレンデスの所属チームであるグレイシー・ファイターに弟子入りを申し出、主席コーチであるシーザー・グレイシーより承諾を受けた。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た絞め技

    2007年2月17日、修斗・横浜大会で修斗世界ミドル級王座の初防衛戦で前王者・菊地昭と再戦し、三角絞めやオモプラッタを交えた絞め技(糸通し)、関節技でグラウンドを支配するも、菊池のパウンドで若干ポイントを取られ、2-1のスプリットデシジョンで王座防衛を果たした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たタップアウト

    2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC(戦極)対抗戦でSRCライト級王者・廣田瑞人との王者対決を戦い、アームロックを極めるが廣田がタップアウトしなかったため、技を極め続けて廣田の右上腕を骨折させ勝利。勝利後のリング上で横になったままの廣田に対し、舌を出しながら中指を立てるファックサインで侮辱し、さらに会場中に向かってファックサインをして観客を侮辱するなどなど物議を醸す結末となった(その時セコンド陣から「止めろ!」と即静止させられた)。試合後の記者会見や試合翌日の記者会見でフィニッシュした極め技のことを「笹原圭一プロデューサーから刺しにいけと言われたので刺したので『笹原圭一2010』です」と発言した。廣田を試合後に侮辱したことに関して笹原プロデューサーから厳重注意が与えられたことが発表された。試合翌日の会見で青木は廣田を侮辱したことについて謝罪した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たグラウンドパンチ

    2007年2月17日、修斗・横浜大会で修斗世界ミドル級王座の初防衛戦で前王者・菊地昭と再戦し、三角絞めやオモプラッタを交えた絞め技(糸通し)、関節技でグラウンドを支配するも、菊池のパウンドで若干ポイントを取られ、2-1のスプリットデシジョンで王座防衛を果たした。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た高専柔道

    東海大第一中学、静岡学園高校、早稲田大学人間科学部のそれぞれで柔道部に在籍。この当時から既にさまざまな格闘技に通じ、跳びつき腕ひしぎ十字固め・脇固め・スピニングチョーク・フットチョークなど、柔道においては特異な技の数々で勝利をものにしてきた。その結果全日本ジュニア強化選手となったが、競技柔道(講道館柔道)では投げ技による一本勝ちを重視する傾向があるため、ともすれば高専柔道や七帝柔道とも見なされかねない青木のスタイルは講道館柔道の世界からは異端扱いをされ、結果青木はその格闘技観の違いから、「極」を重視した格闘技へと活躍の場を移すことを決意。サンボと柔術、コンバットレスリング、総合格闘技などでその実力を顕している。デビュー当初は練習場所のRJJ(Real Japan Judo)やTeam ROKENを所属先としていたが、2004年10月のDEEP 16th IMPACTから中井祐樹のパラエストラ東京所属となった。なお、青木は中井からブラジリアン柔術黒帯を授けられている。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見たアームロック

    2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC(戦極)対抗戦でSRCライト級王者・廣田瑞人との王者対決を戦い、アームロックを極めるが廣田がタップアウトしなかったため、技を極め続けて廣田の右上腕を骨折させ勝利。勝利後のリング上で横になったままの廣田に対し、舌を出しながら中指を立てるファックサインで侮辱し、さらに会場中に向かってファックサインをして観客を侮辱するなどなど物議を醸す結末となった(その時セコンド陣から「止めろ!」と即静止させられた)。試合後の記者会見や試合翌日の記者会見でフィニッシュした極め技のことを「笹原圭一プロデューサーから刺しにいけと言われたので刺したので『笹原圭一2010』です」と発言した。廣田を試合後に侮辱したことに関して笹原プロデューサーから厳重注意が与えられたことが発表された。試合翌日の会見で青木は廣田を侮辱したことについて謝罪した。青木真也 フレッシュアイペディアより)

  • 青木真也

    青木真也から見た大韓民国

    2008年9月23日、DREAM.6ではトッド・ムーアに裸絞めで一本勝ちを収めた。試合後にマイクを持つと、「僕が大黒柱です」「僕の前に試合をした秋山“マイケル・ジャクソン”成勲先輩!青木真也と大晦日にネバーランドでワオワオしませんか?」と秋山成勲に対戦を要求した(秋山の「韓国での自分の人気の高さはマイケル・ジャクソンに匹敵する」という発言への皮肉を込めた挑発である)。青木真也 フレッシュアイペディアより)

135件中 81 - 90件表示

「青木真也」のニューストピックワード