66件中 21 - 30件表示
  • 青森空港線 (ジェイアールバス東北)

    青森空港線 (ジェイアールバス東北)から見た青森ねぶた青森ねぶた

    2007年までは毎年8月1日から7日までの青森ねぶたまつり開催期間中及び9月第1日曜日の「青森県民駅伝」開催日の一部時間帯は、青森駅前発着となっていた。2008年以降も8月2日から7日までの青森ねぶたまつり開催時間中は迂回運行となり、ホテル青森経由を中止していた。青森空港線 (ジェイアールバス東北) フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤真一

    斎藤真一から見た青森ねぶた青森ねぶた

    1961年(昭和36年)- 夏、津軽へ行き、ねぶた祭に感動する。津軽三味線の音色に驚き、宿の古老から瞽女のことを教えられる。斎藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ青森支局

    フジテレビ青森支局から見た青森ねぶた青森ねぶた

    青森県内の季節の話題等は、マイナーであるものも含めてFNNニュースで比較的多く放送されている(BSフジの「BSフジNEWS」でもよく取り上げられている)。また、FNNニュースの関東地方ローカル枠においても、青森県内の火災や事件・事故等のニュースがよく取り上げられている。これに対して、青森県内に系列局のある民放ネットワーク(NNN・JNN・ANN)のニュースでは、青森ねぶた・弘前ねぷたまつりなどの話題以外は全国ニュースで放送されることは多くない(NNN・JNNではCS放送によるニュース専門チャンネルがあるため、県内の話題はそちらで放送されることが多い)。ニュース価値の判断の違いもあるので確証はないが、青森県がフジテレビの直轄地であることが影響している可能性はある。各地に同一組織の放送局を持つNHKに似た皮肉な現象である。フジテレビ青森支局 フレッシュアイペディアより)

  • 柏まつり

    柏まつりから見た青森ねぶた青森ねぶた

    西口のペデストリアンデッキや、あさひ通り商店街等の狭い道路を通る為、高さや幅に制限がある。そこで、柏ねぶた専用で、本場青森ねぶたよりやや小さめ(ペデストリアンデッキの高さぎりぎり)のサイズのねぶた3基が製作されている。2010年現在は「勧進帳」、「富士の誉」、2008年に登場した新作「津軽為信」である。製作者は青森ねぶた祭のねぶた師の1人で、5代目ねぶた名人でもある千葉作龍氏である。柏まつり フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭神楽

    三遊亭神楽から見た青森ねぶた青森ねぶた

    故郷青森をこよなく愛し、毎年開催される青森ねぶたと弘前ねぷたには必ず参加している。三遊亭神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉作龍

    千葉作龍から見た青森ねぶた青森ねぶた

    千葉 作龍(ちば さくりゅう、1947年1月25日-)は青森ねぶたのねぶた制作者(ねぶた師)。第5代ねぶた名人。本名は千葉 伸二(ちば しんじ)。現役ねぶた師の中では最高齢であり、40年以上のキャリアを誇る。千葉作龍 フレッシュアイペディアより)

  • まつりつくば

    まつりつくばから見た青森ねぶた青森ねぶた

    ねぶたは、土浦学園線が片側3車線と広いことを利用し、本場青森ねぶたとほぼ同じ大きさのねぶた(大ねぶた)が例年3基程度運行される。現在はまつりつくば向けに制作された新作、及び青森ねぶたで過去実際に運行されたものをいくつかのパーツに分割したものを、つくばカピオ前に設けられるねぶた小屋で組み立て直し、運行している。この他、筑波大学芸術専門学群学生が製作したオリジナルねぶた、2009年より運行を開始した「風船バルーンねぶた」、小ねぶた等、あわせて10基以上が運行されている。まつりつくば フレッシュアイペディアより)

  • 青森県観光物産館アスパム

    青森県観光物産館アスパムから見た青森ねぶた青森ねぶた

    毎年8月2日 - 7日の青森ねぶたや9月第1日曜日の青森県民駅伝開催日は発着場所が変更となる。青森県観光物産館アスパム フレッシュアイペディアより)

  • 松木屋

    松木屋から見た青森ねぶた青森ねぶた

    松木屋のロゴマークは、「松木」を図案化したもの(「松」の文字が円状になった「木」に囲まれているデザイン)で、昭和20年代頃に青森ねぶた制作者千葉作龍の父・千葉作太郎によって発案され、その後マイナーチェンジをしながらも、閉店時まで使用された。松木屋 フレッシュアイペディアより)

  • ローソクもらい

    ローソクもらいから見た青森ねぶた青森ねぶた

    ローソクもらいの習俗が北海道に根付いた説のひとつとして、青森県の青森ねぶた、弘前ねぷたとの関連があげられている。津軽地方では戦前までのねぶたの照明はローソクであったため、ローソクをもらって歩くことが習慣となっていた。深浦町の旧岩崎村地区ではねぶたは大正末期になくなってしまったが、「今年豊年 田の神祭り」などと唱え、家々を廻ってローソクをもらって歩き、旧小泊村(現中泊町)では戦前まで各集落でねぶたを出したが、ねぶたをリヤカーに乗せ「ローソク出さねばがっちゃくぞ」などと言いながら各家を廻り歩いていたなど、北海道で現在行われているローソクもらいの原形を見ることができる。また、「出せ」にはローソクだけではなく「寄付」を寄こせという意味も込められており、これによってねぶた行事の経費としていた。現在、各地のねぶたを運行する際に掛け声として聞かれる「ラッセラーラッセラー ラッセラッセラッセラー」は「ろうそく出せ 出せ 出せよー」が、「イッペーラーセー」は「いっぱい出ーせー」が、「ヤーヤドー」は「おー いやいやよー」が語源とされ、それが訛り省略されて現在の形になったといわれており、北海道各地で歌われている歌詞との共通性が見受けられる。なお、江戸時代の東北地方の紀行本に、ねぶたまつりの囃しとして「おー いやいやよ」が紹介されている。ローソクもらい フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード