66件中 31 - 40件表示
  • YOSAKOI

    YOSAKOIから見た青森ねぶた青森ねぶた

    5月上旬:AOMORI春フェスティバル(青森市) - 青森ねぶた・YOSAKOI・サンバYOSAKOI フレッシュアイペディアより)

  • 仙台七夕

    仙台七夕から見た青森ねぶた青森ねぶた

    仙台七夕には秋田竿燈や青森ねぶたのような熱気はなく従来、飾り付けを見て商店街の七夕セールや露店をひやかすというものであったため、「期待外れでつまらない」という感想を持つ観光客が多いとされる。そのような観光客の不満を解消する目的もあり、以下のような附随イベントが開催されている。仙台七夕 フレッシュアイペディアより)

  • JAPANESE GIRL (矢野顕子のアルバム)

    JAPANESE GIRL (矢野顕子のアルバム)から見た青森ねぶた祭青森ねぶた

    矢野の故郷、青森の民謡(青森ねぶた祭)を元にしている。JAPANESE GIRL (矢野顕子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 青函連絡船

    青函連絡船から見た青森ねぶた青森ねぶた

    本州・北海道を結ぶ動脈の役割を担った青函連絡船は、貨物が1971年(昭和46年)に855万3033トン、旅客が1973年(昭和48年)に利用者498万5695人を数え、それぞれピークを迎えたが、航空機とフェリーの利用の増加、国鉄の鉄道利用客(旅客と荷主)の減少などの要因により、1974年(昭和49年)以後は利用が減少傾向に転じ、「国鉄離れ」の加速で歯止めが効かずに末期には閑散としていた。末期でも、青森ねぶた、函館港まつりの行われる旧盆、弘前・函館の観桜と時期が一致するゴールデンウィーク、年末年始などの最多客期には超満員となり、臨時便(臨時客扱)の運航や、乗船名簿に便名、または出航時刻をスタンプで押印した乗船名簿を配布する措置がとられることがあったが、通常期の利用状況は悪かった。青函連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り

    ダイドードリンコスペシャル 日本の祭りから見た青森ねぶた青森ねぶた

    ダイドードリンコは2002年(平成14年)より青森ねぶたに出陣する山車のひとつである市民ねぶたに協賛参加している。これがきっかけとなり2003年(平成15年)より、企業スローガンである "Dynamic Do" のもと、地域活性化などを目的として、日本各地に伝承されている祭を支援すべく「ダイドードリンコ日本の祭り」を開始、それと同時に公式サイト「ダイドー祭りドットコム」を開設。以降、日本全国の民放テレビ各局制作によるダイドー一社提供の放送番組や、各地で放映される祭りのテレビCM、公式サイト等を通じ、日本各地で行われる祭の魅力をドキュメンタリーとして紹介している。ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り フレッシュアイペディアより)

  • 青森県の観光地

    青森県の観光地から見た青森ねぶた青森ねぶた

    ファイル:Nebuta denryoku.jpg|青森ねぶた青森県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 三国志

    三国志から見た青森ねぶた青森ねぶた

    演劇においても、江戸前期より三国志が題材として取り上げられた。寛文・延宝年間(1670年 - 1681年)には浄瑠璃『通俗傾城三国志』が上演され、宝永6年(1709年)には歌舞伎『三国志』が上演されている。『通俗三国志』の刊行以後は一層普及し、文化8年(1811年)初演「助六由縁江戸桜」に「『通俗三国志』の利者関羽」という台詞が出る。また万延元年初演「三人吉三廓初買」では「桃園ならぬ塀越しの、梅の下にて」義兄弟の契りを結ぶ場面がある。また元文2年初演の作品に「関羽」というそのものずばりの題名もある。近年では市川猿之助のスーパー歌舞伎『新・三国志』がある。また、日本国内での祭りにも影響を与え、弘前ねぷた、青森ねぶたに代表される青森県内一円で行われるねぷた、ねぶた祭りでは、『水滸伝』や『漢楚軍談』と共に『三国志演義』の登場人物に題材を取った山車がに出されている。三国志 フレッシュアイペディアより)

  • 青森環状道路

    青森環状道路から見た青森ねぶた青森ねぶた

    津軽地方と南部地方を結ぶ要衝である青森市内の交通を円滑にするばかりでなく、青森ねぶた祭り開催時には、青森市街地の既存の国道4号と国道7号が通行止めとなる事から、迂回路としての役割を持っている。青森環状道路 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿内一生

    鹿内一生から見た青森ねぶた青森ねぶた

    鹿内 一生(しかない いっしょう、1925年1月30日-1991年3月16日)は青森ねぶたのねぶた師で4代名人。本名は鹿内 勝男(しかない かつお)。鹿内一生 フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎

    トラック野郎から見た青森ねぶた祭り青森ねぶた

    日本全国津々浦々を走る長距離トラック運転手(白ナンバー)の主人公、一番星・星桃次郎(菅原文太)と、子沢山の相棒、やもめのジョナサン・松下金造(愛川欽也)が、各地で起こす珍道中。シリーズ全10作に通ずる基本的なストーリーは、桃次郎が目の前に現われたマドンナに(たいてい便所や情けない姿をしている時に遭遇)一目惚れをし、相手の趣味や嗜好に合わせて(見当違いの)付け焼刃の知識で積極的にアタックしていく。また、個性の強いライバルトラッカーが現われ、ワッパ勝負(トラック運転での勝負)や一対一の殴り合いの大喧嘩を展開する。そして、「母ちゃん」こと松下君江(春川ますみ)を始めとするジョナサン一家、女トラッカー、ドライブインに集う多くのトラック野郎達等を絡ませ、人間味あふれるキャラクター・桃次郎を中心に、様々な人間模様が綴られてゆく。また、青森ねぶた祭りや唐津くんちなど、全国各地の有名な祭りの場面が登場するのも、このシリーズの特色である。結局、恋は成就せず物語はクライマックスへ。天下御免のトラック野郎に戻った桃次郎は、時間が足りない悪条件の仕事を引き受け、一番星に荷(人)を載せてアクセルを踏み込み大爆走させる。そのアクセルを踏み込んだ時の加速力(メーターの上がり方)は圧巻である。追っ手の警察を蹴散らし、強化された検問を突破し、トラック野郎達の応援・協力を得て、道なき道を走り一番星号をボロボロにしながらも(劇中に障害物で行灯が割れたり、泥水でトラックが汚れるなどの描写がある)時間内に無事送り届け、修理を終えた一番星号とジョナサン号が走り去る?というシーンで「完」を迎える。ただし、第1作のエンディングは一番星号がジョナサン号を牽引し、第3作ではジョナサン号が一番星号を牽引した(激走の代償として自走不能となってしまった)。トラック野郎 フレッシュアイペディアより)

66件中 31 - 40件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード