92件中 61 - 70件表示
  • 八戸三社大祭

    八戸三社大祭から見た青森ねぶた青森ねぶた

    また三社大祭は祇園祭の流れを汲む初秋の昼の神社行列であり、あくまでも神事である。したがって同じ青森県の青森ねぶたなどのように、宵宮や燈籠流しの意味合いを持ち晩夏の夜の客参加型祭典であるねぶたとは、神事(セレモニー)であるか、神事ではなく宗教的民間風習の発展した祭事(フェスティバル)であるかの部分が大きく異なる。八戸三社大祭 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹ノ巣駅

    鷹ノ巣駅から見た青森ねぶた祭青森ねぶた

    JRと秋田内陸縦貫鉄道はレールがつながっており、当駅を経由する両線間の直通運転は2009年度には25本あり、青森ねぶた祭や桜の開花期に合わせて運行されており、2015年でも弘前 - 鷹巣 - 角館間で臨時快速列車(森吉山麓紅葉号など)が運行されている。ただし、手動で分岐器を動かしてレールの切り替え、列車の入換作業をする必要があり、その作業に30分ほどかかっている。信号機や連動装置などを整備して分岐を自動化するには1億6000万円の費用が必要と試算されており、導入の是非が議論されている。鷹ノ巣駅 フレッシュアイペディアより)

  • 柏まつり

    柏まつりから見た青森ねぶた青森ねぶた

    特徴としては、西口のペデストリアンデッキや、あさひ通り商店街等の狭い道路を通過するため、高さや幅を柏専用で製作している。本場青森ねぶたより小さい(W=6m、D=4m、H=3m)サイズのねぶたが3基運行するが、規制線がないため目の前を通過する迫力は本場に引けを取らない。製作者は本場青森ねぶた祭のねぶた師で存命するねぶた名人の1人、五代目ねぶた名人の千葉作龍氏である。2012年までは「平将門」、「妙見尊星王」、「不動明王」、「討入り」、「勧進帳」、「富士の誉」、「津軽為信」が製作された。2013年には5年ぶりに「勧進帳」に代わる新作「安倍晴明」が作られ、「富士の誉」「津軽為信」もリニューアルされた。それ以降は2年に1度新作が制作されている。現在運行されているのは、以下の3基である。柏まつり フレッシュアイペディアより)

  • 千葉作龍

    千葉作龍から見た青森ねぶた青森ねぶた

    千葉 作龍(ちば さくりゅう、1947年1月25日 - )は青森ねぶたのねぶた制作者(ねぶた師)。第5代ねぶた名人。本名は千葉 伸二(ちば しんじ)。現役ねぶた師の中では最高齢である。千葉作龍 フレッシュアイペディアより)

  • スカイ号

    スカイ号から見た青森ねぶた青森ねぶた

    超繁忙期(青森ねぶたの開催期間にあたる8月2日 - 7日):7,000円スカイ号 フレッシュアイペディアより)

  • 重要無形民俗文化財

    重要無形民俗文化財から見た青森ねぶた青森ねぶた

    青森のねぶた(1980年1月28日 青森市 青森ねぶた祭保存会)重要無形民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • つがる (列車)

    つがる (列車)から見た青森ねぶた青森ねぶた

    また、青森ねぶた・弘前ねぷた期間中には、「つがる」29号(2003年 - 2005年は25号)が観光客輸送のために弘前駅 → 秋田駅間を臨時列車として延長運転していた。なお、2011年からは、「つがる」ではなく、臨時特急「ねぶたまつり」として運転されている。つがる (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤真一

    斎藤真一から見た青森ねぶた青森ねぶた

    1961年(昭和36年) - 夏、津軽へ行き、ねぶた祭に感動する。津軽三味線の音色に驚き、宿の古老から瞽女のことを教えられる。斎藤真一 フレッシュアイペディアより)

  • YOSAKOI

    YOSAKOIから見た青森ねぶた青森ねぶた

    5月上旬:AOMORI春フェスティバル(青森市) - 青森ねぶた・YOSAKOI・サンバYOSAKOI フレッシュアイペディアより)

  • 青森市

    青森市から見た青森ねぶた青森ねぶた

    青森市(あおもりし)は、青森県の中央部に位置する市である。津軽地方・東青地域に属する。同県の県庁所在地であり、中核市に指定されている。青森湾に臨む交通の要地。中心市街は江戸初期に建設された港町に由来。三内丸山遺跡や青森ねぶた祭が知られる。青森市 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「青森ねぶた祭」のニューストピックワード